BeautyBeauty

改善出来る虫歯と出来ない虫歯について

虫歯になったら、絶対歯科医院で治療しなくてはいけないのでしょうか。

虫歯をつくってしまった自分が悪いけれど、できれば歯医者さんへ行きたくない・・・そう思う方は多いでしょう。

実は虫歯には、歯科医院で治療しなくても改善できるタイプと、歯科医院で治療が必要なタイプがあります。

この2つの違いや改善法についてご説明します。

 

虫歯ができる仕組みとは

「チョコレートや飴など、甘いものを食べると虫歯になる」。

これはあながち間違いではありません。

甘いものは、虫歯を作るきっかけになります。

しかし虫歯になる直接の原因は「細菌」です。

わたしたちの口の中にはたくさんの菌が常駐していますが、その細菌のひとつである虫歯菌(ミュータンス菌)が食べかすに付着し、糖分などを摂取して「歯垢(プラーク)」を作り出し、そこから「酸」を出して歯を溶かし始めます。

口の中はもともと中性ですが、食後の口の中は酸性に傾いており、この酸性の状態が続くことで歯が溶かされやがて虫歯になるのです。

 

改善できる虫歯

歯の表面が溶け始めているごく初期の虫歯なら、歯科医院へ行かなくても改善することが可能です。

 

歯の再石灰化を促す

虫歯菌が出す酸により歯の表面が溶けることを「脱灰」と呼び、レベルとしては、ごく初期の段階です。

脱灰とは、歯の表面からミネラル(カルシウム、リンなど)が溶け出した状態です。

このまま脱灰が続くとやがて虫歯になってしまいますが、脱灰の状態を修復することで、歯の状態を改善することができます。

わたしたちの唾液の中には歯の再石灰化を促すミネラルが豊富に含まれています。

この唾液には脱灰した歯に再度ミネラルを与え、歯のエナメル質を修復する働きがあります。

この状態を再石灰化と言います。

わたしたちの口の中では脱灰と再石灰化が繰り返されており、再石灰化を促すことで、ごく初期段階の虫歯を改善することができるのです。

そのためには唾液分泌を活発にさせることと、間食を含めた食事の摂り方がポイントになります。

唾液をしっかり分泌させるためには、よく噛むことです。

よく噛まないで食べると、唾液があまり分泌されません。よく噛んで唾液を分泌させましょう。

また唾液には、虫歯菌や歯周病菌を洗い流してくれる効果もあります。

 

 

フロスなどを用いたセルフケア

虫歯菌は、食べかすに好んで付着します。

虫歯菌を寄せ付けないためには、この食べかすを取り除かなければなりません。

食べかすは、主に歯と歯の間に残ります。

しっかりとしたブラッシングがいちばん大切ですが、歯ブラシの毛先は歯と歯の間に届きにくく、細い隙間に残る汚れを綺麗に取り除くことはなかなか困難です。

そこで是非使っていただきたいのがフロスです。

フロスは狭い歯のすき間にも入るため、小さな食べかすも綺麗に掻きだすことができます。

できれば毎食後に使いたいですが、難しいときは寝る前の歯みがきのときだけでもしっかり使ってください。

歯間ブラシもおすすめです。

サイズが色々あるので、自分の歯のすき間に合ったサイズを選ぶようにしましょう。

もしサイズがわからない場合は、歯科医院で歯科衛生士に尋ねると、ご自身にあったものを選んでくれます。

また特殊な形状のワンタフトブラシも、歯を一本ずつ丁寧に磨くことができます。

正しいブラッシングと、フロスなどのケアグッズを併せて使うことが大切です。

 

 

フッ素ジェル、MIペーストなどを使う

セルフケアにフッ素ジェルやミネラルを含んだペーストなどを使うことで、初期虫歯の改善や歯質の強化が期待できます。

フッ素は初期虫歯に大きな効果があります。

毎回の歯みがきにはもちろん、寝る前にフッ素を塗ることで酸の生産を抑制し、また再石灰化を促すため初期虫歯を改善します。

歯科医院でも、脱灰状態の歯であれば削らずに、フッ素塗布を行って様子をみます。

MIペーストという歯みがきペーストは、カルシウムやリンといったミネラル類を含んでおり、歯の再石灰化を促し、歯の質を強くします。

 

キシリトールガムを噛む

キシリトールに含まれる糖は、虫歯の原因となる酸を作り出しません。

つまり虫歯菌が着かない糖のため、虫歯になることがありません。

またキシリトールはミュータンス菌の活動を抑制し、再石灰化を促す働きがあります。

このためキシリトールガムを食後に噛むことで唾液の分泌を活発にさせ、初期虫歯を改善することができます。

なお、キシリトールガムはできればキシリトール含有率100%のものを選ぶようにして下さい。

 

 

食生活の見直し

食生活は、口腔内に大きな影響を与えます。

食後から脱灰が始まり、再石灰化まで要する時間は約30分と言われています。

しかし食事にだらだらと時間を取り過ぎることや、間食の回数が多いことは、口の中が酸性の状態のままということになり、なかなか再石灰化することができません。

また虫歯菌は糖分を好むため、当然甘いものの摂り過ぎも、虫歯の大きな原因になります。

虫歯にならない環境を作り出すことが大切です。

 

改善できない虫歯は歯科医院での治療が必要

歯の脱灰が進み、エナメル質が溶けだすと、自分では改善できずに歯科医院での治療が必要になります。

虫歯の段階はC0→C1→C2→C3→C4と進んでいきます。

C0は脱灰の状態で、見た目が白く濁っていますが、まだ穴も開いておらず、上記の方法で改善できる段階です。

C1はエナメル質まで溶けていますが痛みはありません。

しかしC1になると、歯科医院での治療が必要です。虫歯部分を削り、レジンやインレーなどを詰めます。

C2はエナメル質の下にある象牙質まで虫歯が広がっており、冷たいものがしみるなどの自覚症状が出てきます。

C1と同じく虫歯部分を取り除いて詰め物を詰めますが、削るときに痛みを感じることがあります。

C3は象牙質の中にある歯髄(歯の神経)にまで虫歯が達しており、何もしなくてもズキズキ痛む、激しく痛むなどの症状が出ます。

C3になると、神経を取り根の治療を行って、銀歯やセラミックなどの被せ物を装着します。

C4は、歯のほとんどが虫歯菌によって溶かされており、根だけになっています。残念ながらC4の歯は保存不可能のため、抜歯となります。

 

虫歯をつくらない環境をつくりだす

虫歯には、改善できるものとできないものがあることをおわかりいただけたでしょうか。

虫歯をつくらない口腔内環境を作り、健康な歯を維持するように予防意識をしっかりと持つことが必要です。

 

関連記事

妊娠中のトラブルに注意!知っておきたい妊娠中の口の中の変化とは?

女性は、妊娠すると色々な変化が起こります。 お腹が大きくなることはもちろんですが、体に様々な変化が起こるのです。口の中も同じで、妊娠中は口内

口の中だけじゃない!虫歯を放置するとどんな危険がある?

「虫歯が気になるけれど時間がないから歯医者に行くのはまだいいや…」こんな理由で歯科医院に行くことをためらっているという方も少なくないでしょう

虫歯になりやすい子供の特徴と気を付けること

虫歯ができやすい、できやすくないに個人差があるのは子供も大人も同じです。 何故個人差が生まれるのでしょうか?それには、ほんの少しの環境の違い

知っておきたい虫歯の基礎知識!歯の痛みのレベルと治療法とは?

歯の痛みは自分ではどうすることもできないのでとても厄介ですよね。 そんな歯の痛みにはいくつかの種類があります。痛みのレベルによって歯科医院で

歯が痛いときはどうすれば良い?自分で出来る応急処置

歯の痛みが強すぎて、眠れないような経験はありませんか? 夜に虫歯が痛み出しても、歯科医院にすぐに行けないので厄介ですよね。そんなときは、自分