BeautyBeauty

赤ちゃんには虫歯がない!?大きくなってから虫歯になってしまう原因とは

赤ちゃんは生まれたての状態のままであれば、甘いものを食べても一生虫歯になることはありません。

しかし、現実には虫歯になっている子どもや大人はたくさんいます。

なぜでしょうか。

それは、虫歯が「感染」するものだからです。

本来なら虫歯とは無縁でいられるはずなのに、どうして虫歯に感染してしまうのでしょうか。

我が子には虫歯になってほしくないですよね。

虫歯になってしまう原因と、虫歯にならないためにはどうしたらよいのかをご紹介します。

 

虫歯は「菌」が原因

私たちの口の中には数百種類もの細菌が存在しています。

そのなかで虫歯の原因になるのが、ミュータンス菌やラクトバチルス菌です。

ミュータンス菌の感染経路は主に唾液です。

知識が乏しかった時代では、親が噛み砕いたものを子どもに食べさせたり、スプーンや箸を共同で使ったりということが当たり前でした。

このような行為は、養育者が子どもにミュータンス菌を感染させているのにほかなりません。

ミュータンス菌に一旦感染してしまうと、取り除くことは不可能です。

食べ物の糖分をエサにして酸を作り出し、歯を溶かしていきます。

もうひとつ、ラクトバチルス菌は食品に含まれていますのでミュータンス菌とちがって避けることができません。

ラクトバチルス菌は、ミュータンス菌が作り出した酸で溶けた歯を虫歯へと進行させる菌です。

もともと、生まれたての赤ちゃんの口の中には虫歯の原因になる菌がいません。

しかし、唾液や食べ物を介して口の中に菌が入り込んでしまいます。

虫歯の原因になる菌が口の中に入ること、これが虫歯への第一歩なのです。

食器を共用しない、口移しでごはんをあげない、など養育者の口の中のミュータンス菌が赤ちゃんにうつらないように気をつけるのもいいですが、それだけでは防げないことがあります。

虫歯菌が口の中に入ったからといってすぐに虫歯になるわけではありません。

虫歯菌に感染してしまっても、お口の中のコントロールを上手にしてあげることで虫歯によって痛い思いをさせずに済みます。

赤ちゃんの歯磨きはいつから?どうやってやる?

歯が生え始めたからといって急に歯磨きをしようとしても嫌がってさせてくれないことが多いです。

歯の生える前から母乳やミルクを飲んだ後に、清潔なガーゼで歯茎を軽くなでてあげましょう。

飲食をしたあとはお父さんやお母さんが口の中をきれいにするという習慣をこの頃からつけておくと、スムーズに歯磨きをさせてくれやすくなります。

歯の生え始める箇所は前歯です。

前歯が生え始めたら、赤ちゃん用の歯ブラシを使ってみがいてあげましょう。

赤ちゃん用の歯ブラシにもいろいろな種類がありますが、おもちゃのようなものよりナイロンの毛のオーソドックスな歯ブラシを使うことがおすすめです。

これは、最終的に使うようになるのがナイロンの毛の歯ブラシだからです。

小さなうちから慣らしておきましょう。

歯磨き粉はつけなくてもOKです。

歯磨き粉をつける場合はうがいの必要のない赤ちゃん用のものを少量だけつけます。

大人用のものは研磨剤などが入っていて、赤ちゃんのデリケートな歯を傷つけるリスクがあります。

歯を磨くときは、保護者の膝の上に寝かせお顔やお口の周りなどを触ってスキンシップ遊びから始めましょう。

赤ちゃんが慣れてきたところで歯ブラシを使って磨きますが、力をいれて磨く必要はありません。力が入りすぎて歯茎などにあたると痛がって歯磨きが嫌いになってしまいます。

弱すぎるかもと思うくらいの力でも汚れは十分に落ちます。

歯磨きが終わったら赤ちゃんをたくさん褒めてあげることも大切です。

甘いおやつは避ける

虫歯菌のエサとなる糖類の中でも、ショ糖は最も虫歯になりやすいといわれています。

ショ糖は砂糖の主成分ですので、砂糖を使ったアメ、クッキーなどは虫歯の大敵です。

また、粘度が高かったり歯にくっつきやすかったりと口の中に長くとどめることになるものも虫歯になりやすくなります。

お菓子の表示に「砂糖不使用」と書いてあったとしても安心してはいけません。

砂糖の代わりの甘みとして「果糖ブドウ糖(異性化)液糖」というものが使われていることがあります。

これも砂糖と同様に虫歯の原因となる糖類です。

赤ちゃんのおやつは極力甘いものを避けるようにするのが虫歯予防のポイントです。

ミルクや母乳は虫歯の原因になる

ミルクや母乳も虫歯の原因になります。

とくに、歯の本数が増えてくる1歳半~2歳の子どもで寝かしつけにミルクや母乳を飲む子は注意が必要です。

睡眠中は唾液の分泌が減るため口の中が不衛生になりがちです。

寝る前にミルクや母乳を飲むと虫歯になりやすくなるのです。

また、日中でも水分補給にミルクや母乳を与えていると虫歯ができやすくなります。

ミルクや母乳以外ではスポーツドリンクやジュースも虫歯になりやすくなります。

1歳を過ぎた頃をめどに、不規則なミルクや母乳の授乳は避けてお茶や水で水分を摂れるようにできるといいですね。

赤ちゃんもかかりつけの歯医者さんをつくりましょう

赤ちゃんの虫歯予防には、日頃の歯磨きに加えて歯科医院でのフッ素塗布も効果的です。

フッ素は3~6ヶ月に1度塗布するのが一般的です。

飲食をすると歯からカルシウムやリンが溶け出し虫歯のもとになりますが、唾液が溶け出た成分を元に戻してくれることで虫歯にならずに済んでいます。

再石灰化といわれる現象で、フッ素を塗ると再石灰化が促進されて虫歯になりにくくなります。

歯が生え始めたら歯医者さんに行って塗ってもらうようにしましょう。

自宅でもフッ素を塗ることはできますが、フッ素を塗ってもらいながら虫歯がないか、歯磨きで歯の汚れがきちんと落ちているかをチェックしてもらうことができるので歯科医院でフッ素を塗ってもらうことをおすすめします。

赤ちゃんのうちから歯医者さんに慣れさせておけば、健診や大きくなってから歯医者さんに行くときにも怖がらずに済むというメリットもあります。

かかりつけの歯医者さんをつくっておくと、歯並びなど虫歯以外の相談もしやすいです。

まとめ

虫歯の原因となる菌は、赤ちゃんがもともともっているわけではなく大人や食べ物から感染します。

なるべく感染させないように気をつけることも大事ですが、絶対に感染させないようにするのは難しく、感染しているかどうか何回も確かめるのも現実的ではありません。

正しく歯磨きをする、歯医者さんでフッ素を塗ってもらったりチェックを受けたりする、甘いおやつや飲みものに注意するといった努力で虫歯菌が虫歯を作らせないようコントロールしていきたいですね。

関連記事

妊娠中のトラブルに注意!知っておきたい妊娠中の口の中の変化とは?

女性は、妊娠すると色々な変化が起こります。 お腹が大きくなることはもちろんですが、体に様々な変化が起こるのです。口の中も同じで、妊娠中は口内

口の中だけじゃない!虫歯を放置するとどんな危険がある?

「虫歯が気になるけれど時間がないから歯医者に行くのはまだいいや…」こんな理由で歯科医院に行くことをためらっているという方も少なくないでしょう

虫歯になりやすい子供の特徴と気を付けること

虫歯ができやすい、できやすくないに個人差があるのは子供も大人も同じです。 何故個人差が生まれるのでしょうか?それには、ほんの少しの環境の違い

知っておきたい虫歯の基礎知識!歯の痛みのレベルと治療法とは?

歯の痛みは自分ではどうすることもできないのでとても厄介ですよね。 そんな歯の痛みにはいくつかの種類があります。痛みのレベルによって歯科医院で

歯が痛いときはどうすれば良い?自分で出来る応急処置

歯の痛みが強すぎて、眠れないような経験はありませんか? 夜に虫歯が痛み出しても、歯科医院にすぐに行けないので厄介ですよね。そんなときは、自分