BeautyBeauty

歯磨きだけじゃない!虫歯にならないために自宅でできること

現在、日本国内の歯科では虫歯にならないように未然に虫歯を防ぐ「予防歯科」の考えがようやく浸透し始めています。

「ようやく」と書いたのは、欧米諸国などの先進国では虫歯を防ぐ予防歯科は通常の虫歯治療などの歯科治療よりも重要な最優先項目として人々の意識に根付いているからです。

人の歯は一度虫歯になると、ごく初期の段階をのぞいては歯科医院で虫歯の治療をしなければ虫歯を治す事は出来ません。

せっかくその人自身は魅力的な人なのに虫歯で歯が汚く見えてしまったり、虫歯を治療した銀歯の歯がかっこ悪く見えてしまう事で相手から悪い印象を持たれてしまうのは、もったいないですよね。

そこで今回は、自宅で毎日行える簡単な「虫歯予防の方法」についてご紹介します。

虫歯予防の為に自宅で出来る歯磨き以外の情報も満載ですので、歯の汚さや虫歯で悩んでいる方はぜひご参考になさってくださいね。

デンタルフロスや歯間ブラシを使って歯と歯の隙間を掃除する

「毎日歯磨きしているのになぜか虫歯になってしまう」という人の多くが、歯と歯の隙間を綺麗に掃除しておらず、歯の隙間にミュータンス菌が付着してしまい虫歯になっています。

歯の隙間は通常の歯ブラシでは磨く事は難しい為、デンタルフロス歯間ブラシを使って歯と歯の隙間に溜まった食べカスやプラークを掃除する事をおすすめします。

歯と歯の隙間を掃除する時にはデンタルフロスを使って清掃を行うほか、歯の根元部分を両側から一度に清掃する事が出来る歯間ブラシを併用して使う事で効率的に歯と歯の隙間を掃除出来る為、虫歯になるリスクを下げる事が出来ます。

ジュースを飲む時にはストローを使うようにする

糖分が含まれているジュースや炭酸飲料などの清涼飲料水を飲む事は、糖質をえさとしている虫歯菌であるミュータンス菌やラクトバチルス菌の活動を活発化させてしまいます。

この為、砂糖や果糖、ぶどう糖などをたっぷり含んでいるジュースを飲む場合にはストローを使う事で糖分が歯に付着しにくくなり、虫歯予防に役立ちます。

もちろん、これらの糖分が含まれたジュースや清涼飲料水を飲むのを控える事がより虫歯予防に効果的なのは言うまでもありません。

食事の時にはしっかりと噛んで食べる

人の歯は食べ物や虫歯菌から出された酸にさらされている状態が長く続くと歯が溶けてしまい、虫歯になってしまいます。

特に、食事をする際にあまり噛まずに食べ物を飲み込む癖があると、虫歯を防ぐ作用のある唾液が十分に分泌されず、虫歯になる確率が上がってしまうのです。

唾液には、酸で溶かされた歯を修復してくれるリン酸とカルシウムが含まれている為、食べ物をしっかりと噛んで食べる事で唾液の分泌がうながされ虫歯予防につながります。

寝る前に糖分を含んだ食事を摂らないようにする

虫歯菌であるミュータンス菌やラクトバチルス菌は、「就寝中に繁殖しやすい」という特徴があります。

これは、虫歯で溶かされた歯を修復してくれる役割を持つ唾液の分泌量が寝ている時には少なくなる為であり、就寝中は「もっとも虫歯になりやすい時間帯」とも言えます。

また、唾液には細菌類を退治してくれるリゾチームや免疫グロブリン、ラクトフェリンなどの殺菌作用がある為、唾液の分泌量が減ってしまう就寝中は特に細菌が繁殖しやすくなります。

この、「虫歯になりやすい就寝中の時間帯」の直前である就寝前の時間にご飯や麺類、パンなどの炭水化物や果糖が含まれている果物、そして砂糖が含まれた甘いお菓子やジュースなどの清涼飲料水を摂取してしまうと、摂取した糖質がどうしても残りやすく、虫歯になるリスクが高くなります。

寝る前に糖分を含んだ食べ物を食べたりジュースを飲む事は控えましょう。

でもやっぱり基本は毎日の歯磨きをしっかりと行う事

でもやっぱり、虫歯にならない為には「毎日の歯磨き」が欠かせません。

歯ブラシを使って歯の表面をブラッシングする事は予防歯科の基本であり、歯に付着している食べ物のカスや歯垢であるプラークを落とす事が出来、虫歯予防につながります。

人のお口の中には毎日歯をしっかりと磨く人でもおよそ1千億個、あまり歯を磨かない人にいたってはおよそ1兆個もの細菌が棲みついています。

そして、お口の中の細菌には歯を覆っている表面物質を酸で溶かしてしまうミュータンス菌や、ミュータンス菌が作った虫歯の穴をどんどん深く大きくしてしまうラクトバチルス菌などの乳酸菌もひそんでいます。

このように、細菌がいっぱい棲みついているお口の中ですが、毎日の歯磨きをしっかりと行う事でこれらのミュータンス菌やラクトバチルス菌といった虫歯の原因菌を掃除する事が出来ます。

毎日の心がけが虫歯予防につながります

「虫歯にならない為に自宅で出来る事」についてご紹介しました。

今回ご紹介した虫歯予防の方法はどれも基本的な事ばかりですが、虫歯にならない為に必要不可欠なホームケアの方法でもあります。

毎日きちんと歯磨きをする、甘い物や清涼飲料水の摂取の仕方を考える、などの意識を持つ事で自然と虫歯予防の習慣が身につき、虫歯になるリスクを下げる事が出来ます。

笑った時に「歯が汚い」と思われない為にも、虫歯を予防する毎日のホームケアをしっかりと心がけるようにしましょう。

関連記事

妊娠中のトラブルに注意!知っておきたい妊娠中の口の中の変化とは?

女性は、妊娠すると色々な変化が起こります。 お腹が大きくなることはもちろんですが、体に様々な変化が起こるのです。口の中も同じで、妊娠中は口内

口の中だけじゃない!虫歯を放置するとどんな危険がある?

「虫歯が気になるけれど時間がないから歯医者に行くのはまだいいや…」こんな理由で歯科医院に行くことをためらっているという方も少なくないでしょう

虫歯になりやすい子供の特徴と気を付けること

虫歯ができやすい、できやすくないに個人差があるのは子供も大人も同じです。 何故個人差が生まれるのでしょうか?それには、ほんの少しの環境の違い

知っておきたい虫歯の基礎知識!歯の痛みのレベルと治療法とは?

歯の痛みは自分ではどうすることもできないのでとても厄介ですよね。 そんな歯の痛みにはいくつかの種類があります。痛みのレベルによって歯科医院で

歯が痛いときはどうすれば良い?自分で出来る応急処置

歯の痛みが強すぎて、眠れないような経験はありませんか? 夜に虫歯が痛み出しても、歯科医院にすぐに行けないので厄介ですよね。そんなときは、自分