BeautyBeauty

無痛治療ってしってる?これを読めば歯医者のイメージがガラッと変わります

はじめに

みなさんは無痛治療という言葉をご存じでしょうか?
歯医者さんって麻酔をする時痛い・・というイメージを持っている方は多いはず。
歯茎に注射針を刺した時の痛みや、麻酔液を注入する時の痛みを覚えているため、歯医者さんに対して恐怖心を抱く方がほとんどでしょう。
ですが、現代の歯科治療は進歩していて、麻酔についても患者さんの負担にならない方法を取り入れているところが増えています。
それが無痛治療というものです。
ここでは、そんな麻酔の方法を含め無痛治療とはいった何かということをご紹介してみましょう。
歯医者さんの治療が怖いという方や、治療する必要があっても歯医者さんに行くのを躊躇している方にぜひ知ってもらいたいです。

無痛治療とはいったい?

そもそも、歯を削る際に痛みを感じるのは体が侵襲に対して警告を発しているからです。
無痛治療という言葉は最近使われ出したものですが、一般的に歯医者さんで行われているものは麻酔を行って痛みを感じさせなくするものがほとんどです。
麻酔を行って痛みを感じさせなくして治療を行えば、患者さんも治療する側も楽に違いありませんよね。
でも、本当にそれでいいのか疑問があります。
痛くないため必要以上に歯を削ってしまったり、本来なら痛みを感じやすい歯なのにいつも通りの削り方をして治療後冷たいものがしみてしまったり、痛みを感じるようになるなどのトラブルになることも多いようです。
これを本当に無痛と呼べるのでしょうか?
本当の意味での無痛治療とは麻酔で痛みをごまかし治療中の痛みを感じさせないのではなく、鎮静処置などを同時に行い体の警告を聞きつつ極力痛みを感じないようにすることでしょう。
では、無痛治療のための麻酔にはどんなものがあるのか以下でご説明したいと思います。

 bt-beauty.com 
もっと早く治療すればよかった。痛みのない虫歯治療方法
https://bt-beauty.com/172

無痛治療のための麻酔とは

浸潤麻酔

歯医者さんで行われている麻酔の一般的な方法がこの浸潤麻酔というものです。
痛みを抑えたいところの歯茎に麻酔液を注射します。

伝達麻酔

浸潤麻酔だと効果が少ない下あごや奥歯の麻酔に使うのがこの麻酔です。
親知らずを抜歯する際にも使われています。
この麻酔は効果が持続し、治療後の痛みにも最適だと言われています。

痛みを抑えるためのポイントとは

では、痛みを抑えるためのポイントにはどういったものがあるのでしょうか?

表面麻酔を歯茎に塗布する

表面麻酔とは麻酔のための麻酔とも言えるもので、歯茎にゼリーのような麻酔を塗り、感覚をマヒさせることによって麻酔針を刺す時の痛みを軽くするものです。
この表面麻酔を行う際には、口の中に麻酔液が流れないように唾液を遮るためのコットンやガーゼを入れます。
なお、表面麻酔の種類はシールを貼りつけるものやスプレータイプのものもあります。
表面麻酔は浸潤麻酔ほどの痛みを感じない歯のクリーニングや歯石取りなどにも使われています。

0.2ミリの針を使う

歯茎に注射をされることが怖い方にとって、針の太さもまた気になるものでしょう。
通常クリニックで使われている麻酔針は0.4ミリや0.3ミリのものが多いようです。
その理由は、注射器を手で動かす際にこれより細いものだと麻酔液を注入する際にかなりの力が必要になるためです。
ですが、手動ではなく電動注射器なら0.2ミリの針を使えるので、
針を刺す時の痛みを考えた無痛治療が行えるというわけですね。

電動注射器を使う

電動注射器を使用すれば0.2ミリの針で麻酔液が注射できると言われています。
その理由はコンピューター制御によって余計な力が加わらないため、一定の速さで麻酔液が注入できるからです。
つまり、手動の注射器より痛みを抑えることが可能なのです。

麻酔液を温める

麻酔液が人間の体の温度より低いと注射した時に痛みを感じるようです。
それを防ぐためには機械を使って麻酔液を人肌程度に温めて使うとあまり痛みを感じないと言われています。

無痛治療は保険が効くの?

ここでご紹介した痛みを最小限に抑えた治療のことを無痛治療と言いますが、最近クリニックでは患者さんの負担を軽減するためこのような治療法を取り入れているところが多いです。
しかも、この無痛治療は保険が適用されるというのですから驚きですよね?
なお、表面麻酔は保険の点数として厚生労働省が認めていないので、クリニックがサービスとして行ってくれるようですよ。

無痛治療のポイントとは?

信頼関係を築く

どんなに治療法を工夫しても麻酔をしても痛がる人は痛がります。
痛くされるのでは?という恐怖心から痛みに対して敏感になっていることもあるようです。

治療内容をしっかりと理解する

これからどういった治療を行うのかなどが分かれば安心できますよね。
治療前にはしっかりとこれから受ける治療についての説明をしてもらうと少しは痛みが和らぐでしょう。
もし、治療で不安なことがあったらスタッフに聞いてみるといいでしょう。

痛む前に治療を

これが最も重要だと言ってもいいでしょう。
炎症がないときは全く痛みがない治療であっても、痛みが出てから行うと同じ治療であっても痛いもの。
つまり、早めに治療してもらうようにすればさほど痛みを感じずに治療を受けられるということですね。

 bt-beauty.com 
赤ちゃんには虫歯がない!?大きくなってから虫歯になってしまう原因とは
https://bt-beauty.com/147

まとめ

痛い時には痛いことをする必要がある・・と言われています。
なので、歯医者さんが嫌いな人が行くのをためらっているうちにだんだんと痛みが出てしまい、結局歯医者さんに行くと痛い治療をされてさらに歯医者さんが嫌いになる・・ということになりがちです。
また、痛くなった大きな深い虫歯には麻酔をしますが麻酔が効きにくい方もいます。
小さいものだとさまざまな無痛治療によって、麻酔注射なしでも完治することができます。
特にお子さんの場合には小さいものでもすぐに深くなるため、早めに見つけて治療してあげることで後でいやな思いをして治療しなくても済みます。
そのためには、日ごろから丁寧な歯磨きや定期的な検診によって予防したり、早期発見できるようにしたいものです。
一般的に言うと定期検診は3か月に1回程度がいいと言われています。
痛い思いをして治療しなくていいよう、日ごろからのケアが大切ですね。

関連記事

妊娠中のトラブルに注意!知っておきたい妊娠中の口の中の変化とは?

女性は、妊娠すると色々な変化が起こります。 お腹が大きくなることはもちろんですが、体に様々な変化が起こるのです。口の中も同じで、妊娠中は口内

口の中だけじゃない!虫歯を放置するとどんな危険がある?

「虫歯が気になるけれど時間がないから歯医者に行くのはまだいいや…」こんな理由で歯科医院に行くことをためらっているという方も少なくないでしょう

虫歯になりやすい子供の特徴と気を付けること

虫歯ができやすい、できやすくないに個人差があるのは子供も大人も同じです。 何故個人差が生まれるのでしょうか?それには、ほんの少しの環境の違い

知っておきたい虫歯の基礎知識!歯の痛みのレベルと治療法とは?

歯の痛みは自分ではどうすることもできないのでとても厄介ですよね。 そんな歯の痛みにはいくつかの種類があります。痛みのレベルによって歯科医院で

歯が痛いときはどうすれば良い?自分で出来る応急処置

歯の痛みが強すぎて、眠れないような経験はありませんか? 夜に虫歯が痛み出しても、歯科医院にすぐに行けないので厄介ですよね。そんなときは、自分