BeautyBeauty

歯医者さんも怖くない!?気になる無痛治療とは

 

歯が痛いけど歯科医院に行きたくない理由として、「怖いから」「麻酔の注射が痛いから」などがよく聞かれます。
f痛みをほとんど感じない「無痛治療」
でもそのままにしておくと、悪化する一方です。

そこで最近では、痛みをほとんど感じない「無痛治療」という治療法があります。

名前のとおり、痛みをほとんど感じない治療法ですが、この無痛治療とはいったいどういったものなのでしょうか。

 

無痛治療のスタートは、信頼関係から

「歯医者へ行くと、歯を削る音が頭に響いて余計に怖くなってしまう」「昔、歯医者で痛くて怖い思いをしたから、歯医者に対してトラウマを感じてしまう」「パニック障害だから、歯科治療を受けると考えると、怖くてドキドキする」「先生が一方的で説明がなく簡単に麻酔を打たれてイヤ」・・・。

このような患者様に対して、ただ痛みだけを抑えるために麻酔を打つことが、歯科医院に対する恐怖心をなくすことができるのでしょうか。

まずは、患者様がリラックスして治療を受けていただけるよう、歯科医師と患者様の信頼関係を築くことが何よりも大切です。

人は、過度の緊張や恐怖心を抱くことで、余計に痛みを増してしまいます。

患者様のお話をしっかり聞き、治療方針や内容などしっかりとカウンセリングを行い、「この先生なら大丈夫」「この歯科医院で治療を受けたい」と思っていただけるように信頼関係をしっかりと築くことから無痛治療が始まるといえるでしょう。

 

 bt-beauty.com 
無痛治療ってしってる?これを読めば歯医者のイメージがガラッと変わります
https://bt-beauty.com/213

様々な無痛治療

 

静脈内鎮静法

点滴を用いて痛みを緩和する方法です。

静脈から鎮静剤を体内に入れ、意識をぼんやりさせ、眠っているような状態の中で治療を行なうため、痛みや音を感じることはほとんどありません。

必要に応じて麻酔を使用しますが、このときも痛みはまったくと言っていいほど感じません。

気がついたら終わっていた、という感覚で治療を受けていただけるため、痛みに対して恐怖心が強い患者様にとって最適な治療法です。

この静脈内鎮静法は麻酔医が行い、血圧や心拍数、呼吸数など全身状態を管理し、万全の体制を整えているため、万が一何か起きたときでも適切に対処できます。

また高血圧の患者様にも、リラックスすることで血圧が安定することからお勧めの治療法です。

なお、この静脈内鎮静法は保険が適用されないため自費治療となります。

 

針のない注射器

通常の麻酔は、注射器で歯ぐきの表面に細い針を刺し、麻酔液を浸透させます。

この麻酔の注射が痛くて苦手という方に、針のない注射器による麻酔があります。

麻酔薬に圧力をかけて噴射し、麻酔液を歯ぐきに注入する方法です。

一瞬で麻酔をすることができるため、痛みをほとんど感じないことから、麻酔の針が怖い患者様に適しています。

 

笑気麻酔

「亜酸化窒素」というガス麻酔を鼻から吸入することで意識をぼんやりさせ、痛みや恐怖を感じにくくします。

状況により麻酔を併用することがありますが、静脈内鎮静法と同じく痛みを感じることはほとんどありません。

この笑気麻酔は保険適用となります。

 

レーザー治療

レーザーを用いた治療法は、光を当てて治療するため痛みをさほど感じません。

少しピリピリする感覚はありますが、直接的な痛みほど強いわけではないため、歯周病治療における歯ぐきの炎症を抑えることや、口内炎の治療など主に口腔内粘膜の治療に用いられます。

さらにこのレーザー治療の中で「Er:YAGレーザー」という種類のレーザーは、虫歯の治療にも用いられます。

このレーザー治療の特徴は、虫歯の部分のみ除去することが出来るため、健全な部分を残すことができる事です。

Er:YAGレーザーを照射し水分を飛ばすことで、虫歯の部分のみ分解することができます。

このように、痛みを伴わない虫歯治療としてレーザー治療を取り入れる方法があります。

 

 bt-beauty.com 
虫歯治療にぴったりの歯科医院を賢く選ぶポイント
https://bt-beauty.com/260

できる限り削らない治療

なるべく痛みを感じない治療や無痛治療を行うこととは、患者様の精神的負担を取り除き、治療を受けていただきやすい環境を整えることです。

しかし本当の意味での「痛みを感じない治療」とは、健康な部位を削らないことなのです。

虫歯菌に感染した部分は、実は麻酔を行なわないで感染部分を除去しても痛みを感じません。

ではなぜ、虫歯の治療を行なったときに痛みを感じるのでしょうか。

虫歯が歯髄(歯の神経)にまで達している場合は神経を直接刺激するため激しい痛みを伴います。

しかし神経にまで達していない虫歯治療の際に削る痛みは、生体からの「警告」を意味しているのです。

感染部分を除去する際に、出来る限り健全な部分を削らないことで痛みを最小限に抑える治療を行うことが、患者様の「痛みに対する恐怖」を取り除くことだと考えられます。

 

歯を守る環境を整える

患者様に「虫歯や歯周病から歯を守る」という予防意識を持っていただくことも大切です。

これまでの「歯が痛くなってから歯医者に行く」から「歯を守るために歯医者に通う」という意識改革です。

日常のセルフケアに加え、歯科医院での定期検診やメンテナンスを行うことで、虫歯や歯周病を予防することが大切です。

万が一、虫歯や歯周病になったとしても、定期検診を行なうことで早期発見、早期治療が可能であり、程度が軽いほど治療にも負担がかかりません。

何より、歯科医院との信頼関係が築け、安心して通うことができることで自分自身の歯を守ることができるのです。

そのための手段としての無痛治療だと考えていただければ幸いです。

関連記事

妊娠中のトラブルに注意!知っておきたい妊娠中の口の中の変化とは?

女性は、妊娠すると色々な変化が起こります。 お腹が大きくなることはもちろんですが、体に様々な変化が起こるのです。口の中も同じで、妊娠中は口内

口の中だけじゃない!虫歯を放置するとどんな危険がある?

「虫歯が気になるけれど時間がないから歯医者に行くのはまだいいや…」こんな理由で歯科医院に行くことをためらっているという方も少なくないでしょう

虫歯になりやすい子供の特徴と気を付けること

虫歯ができやすい、できやすくないに個人差があるのは子供も大人も同じです。 何故個人差が生まれるのでしょうか?それには、ほんの少しの環境の違い

知っておきたい虫歯の基礎知識!歯の痛みのレベルと治療法とは?

歯の痛みは自分ではどうすることもできないのでとても厄介ですよね。 そんな歯の痛みにはいくつかの種類があります。痛みのレベルによって歯科医院で

歯が痛いときはどうすれば良い?自分で出来る応急処置

歯の痛みが強すぎて、眠れないような経験はありませんか? 夜に虫歯が痛み出しても、歯科医院にすぐに行けないので厄介ですよね。そんなときは、自分