BeautyBeauty

虫歯を治療しても油断禁物!治療後に気を付けるべきこととは

はじめに

みなさんは虫歯治療後どんなことに気を付けていますか?
虫歯の治療を一度行うとその後何度もクリニックへ通院する必要があるため、虫歯治療が苦手な方は多いでしょう。
また、虫歯治療を行った後の食事についてもどの程度時間が経ったら行っていいのか、どのようなものを食べたらいいのか分からない方も多いでしょう。
二度と虫歯にならないようにするには虫歯治療後適切な歯磨きを行うことが重要です。
ここでは虫歯治療後に注意するべきことについてまとめてみますので、ぜひご参考になさってみてください。

虫歯治療後に気を付けるべきこととは

・食事

虫歯を治療した後、食事についてどうすればいいのか知っておいておくべきことが多いです。
虫歯治療は麻酔をして行うことが多いですが、麻酔が切れるまでの時間は治療の内容によって変わります。
まず、麻酔を使った場合は麻酔が切れるまでは食事はやめておきましょう
虫歯治療なら2~3時間を目安にしましょう。
親知らずを抜歯した時は虫歯治療より麻酔が強いため、麻酔が切れるのに3~6時間程度はかかるでしょう。
麻酔は少しずつ効果が薄くなるため、食事する際はしびれがなくなってしっかりと感覚が戻ってきてからにしましょう。
なお、治療後におすすめの料理としてはうどんやスープ、ヨーグルトやゼリー、おかゆ、雑炊・・などがあります。
歯につきやすいものや硬いもの以外なら通常通りの食事で全く問題ないですが、治療した歯に負担のかからないものを選ぶようにしましょう。
もし、どうしてもお腹がすいてしまい食べたい時は治療をしていない反対側の歯を使って食べるといいでしょう
その際も刺激の少ないあまり噛まなくてもいいような柔らかいもので消化のいいものを選びましょう。
食べる時は腫れが完全に引いていない場合は少しずつゆっくりと食べることが大切です。
また、口の周りを思うように動かすことができないので、唇を噛んでしまうことがあります。
噛んでしまった場合は腫れてしまうこともあります。
さらに、唇以外にもほおの内側を噛んでしまうこともあり、傷口から出血してしまったり、思いもよらぬけがになることがあります。
また、やけどをすることもあるので注意しましょう。
冷たさや熱さが分からないので、麻酔が切れていないうちは水分などを摂る時に熱くないものを選びましょう。
何か食べ物を口の中に入れた時に麻酔が効いていると口が思うように動かせないため、口の端から食べ物がこぼれてしまうこともあるので注意しましょう。

・被せものをした時

虫歯治療で被せものをした後に最も大切なのは噛み合わせがきちんとできるかどうかでしょう。
噛んだ時にはぴったりしているように思っても、歯ぎしりなどを行うと歯同士がぶつかるのが強い・・と感じることもあるようです。
なので、歯ぎしりなどをする方はそれに合わせて再度調整が必要なこともあります。
治療したその日にいい噛み合わせになっていても、以前の噛み合わせのダメージが残っていると歯同士が以前と少し変わっただけでも高い、強い・・などと感じることがあるそうです。
この噛み合わせについては数日程度様子を見た後、それでも気になるようなら再度調整してもらうようにしましょう。
クリニックで調整した時と、実際に食事をした時の噛み合わせが変わってしまっている場合もあるからです。
また、歯ぐきに違和感がないかどうかも確認しましょう
歯に被せものをしたときに使ったセメントなどが歯と歯の間に残ったままのことあり、これが原因となって歯の周りを歯磨きしてもすっきりときれいにならないことがあります。
もし、被せものをした後に歯ぐきがおかしいな・・と思ったら、歯と歯の間にセメントが残っていないかをチェックしてもらいましょう。

・歯磨き方法

虫歯治療後は再度虫歯にならないよう歯磨きに注意することも必要です。
まずは虫歯はどういった条件で起こるのかを知っておくことが大切です。
虫歯はミュータンス菌と言われる細菌が糖分をえさにして酸を作り、歯を溶かすことで起きます。
このミュータンス菌はプラークの塊の中に多く存在します。
虫歯を予防するにはこのプラークを取り除くことに加えて、バイオフィルムを作らないことが最も重要だと言われています。
それはいったんバイオフィルムが作られるとご自分でのケアだけでは取り除くのが難しくなるからですね。
また、虫歯にならないためには緩衝作用ある歯磨き粉を使うこともおススメです
この緩衝作用とは酸性になってしまったお口の中を中性に戻す作用のことで、唾液には備わっている作用です。
酸っぱいものを食べた時に唾液がたくさん出ますよね?
これはお口の中を中和させようとすることからで、お口の中が酸性になりすぎると歯が溶け出し虫歯になってしまいます。
なお、歯磨き粉によってはこの緩衝作用の高いものも売られているため、こういったものを使って虫歯を予防しましょう。
さて、歯磨きは食べもののかすを取り除くほかミュータンス菌が作るプラークを除去するためのものでもあります。
プラークはきれいに取り除かないと、歯石になってどんどん溜まっていきます。
歯石にまでなってしまうと、ご自分では取ることができないと言われています。
歯ブラシを使ってブラッシングすることは虫歯予防に最も大切なことでで、磨き方には横磨き、たて磨き、水平磨き・・などさまざまなものがありますが、どれも歯1つ1つにブラシを当ててていねいに磨くことが大切です。
縦磨きを行う際には歯ブラシの毛のかかとのところを歯に縦に当てるようにしましょう。
他にも、デンタルフロスや歯間ブラシなど補助的なアイテムを併用することで、歯と歯の間や歯と歯ぐきのすき間からプラークを取り除きましょう。

まとめ

虫歯治療を行った後に気を付けるべき点についてまとめてみました。
虫歯治療を行ったからと言って油断するのではなく、日ごろのセルフケアをきちんと行っていただき、再度虫歯にならないように十分注意してくださいね!
また、定期的なクリニックでの検診も歯の寿命を延ばすために大切なので受けるようにしましょう。
いつまでもご自分の歯で食事や会話が行って質の高い生活を送りたいものですね!

関連記事

妊娠中のトラブルに注意!知っておきたい妊娠中の口の中の変化とは?

女性は、妊娠すると色々な変化が起こります。 お腹が大きくなることはもちろんですが、体に様々な変化が起こるのです。口の中も同じで、妊娠中は口内

口の中だけじゃない!虫歯を放置するとどんな危険がある?

「虫歯が気になるけれど時間がないから歯医者に行くのはまだいいや…」こんな理由で歯科医院に行くことをためらっているという方も少なくないでしょう

虫歯になりやすい子供の特徴と気を付けること

虫歯ができやすい、できやすくないに個人差があるのは子供も大人も同じです。 何故個人差が生まれるのでしょうか?それには、ほんの少しの環境の違い

知っておきたい虫歯の基礎知識!歯の痛みのレベルと治療法とは?

歯の痛みは自分ではどうすることもできないのでとても厄介ですよね。 そんな歯の痛みにはいくつかの種類があります。痛みのレベルによって歯科医院で

歯が痛いときはどうすれば良い?自分で出来る応急処置

歯の痛みが強すぎて、眠れないような経験はありませんか? 夜に虫歯が痛み出しても、歯科医院にすぐに行けないので厄介ですよね。そんなときは、自分