BeautyBeauty

ご存知ですか?虫歯の原因と虫歯のメカニズム

 

「ズキッ!」「キーン!」

 

痛い痛い虫歯、嫌ですよね。

「食べ物を噛んだ時や冷たい飲み物を飲んだ時に感じるあの頭のてっぺんまで響くような虫歯の痛みには本当に悩まされた」、という人も多いのではないでしょうか。

でも、虫歯は何が原因で発生するかについては、意外と知らない方が多いですよね。

「虫歯って言うくらいだから、歯の中に虫が棲みついているのかも?」

こんな考え方を持っている人もいますが、もちろん違います。

そこで今回は、人の歯になぜ虫歯が出来るのか、「虫歯の原因と虫歯が出来るメカニズム」について詳しくお話をさせていただきます。

 

虫歯はどうして出来てしまうの?

人のお口の中には歯磨きをよくする人で約1千億個、あまり歯磨きをしない人ではおよそ1兆個もの細菌が常に棲みついています。

人のお口の中に棲みついているそれらの細菌の中でも特に人の歯に虫歯を起こす原因菌が「ミュータンス菌」です。

ミュータンス菌は人のお口の中で普段は人が食べるご飯や麺類、パンなどの炭水化物や砂糖を使った甘い菓子類、清涼飲料水などに含まれている糖質をえさにして活動しています。

このミュータンス菌が歯についた食べカスやプラークと呼ばれる歯垢に含まれている糖質をエネルギー源として活動し、歯の表面に張り付いてミュータンス菌の身体から酸を出します。

そして、ミュータンス菌が出した酸は歯の表面に穴を開けてしまいます。

これが虫歯が出来る原因です。

 

毎日の歯磨きをしていれば虫歯のリスクを下げる事が出来ます

この「ミュータンス菌が出した酸により歯の表面が溶けてしまう現象」は、「脱灰(だっかい)」と呼ばれます。

脱灰は歯のエナメル質に含まれているカルシウムとリン酸を溶かして流出させてしまう特徴があり、歯に含まれているミネラル分も一緒に溶け出す現象です。

脱灰は歯のエナメル質を溶かしてしまいますが、軽度の初期の段階であれば人の唾液にはリン酸やカルシウムが含まれているので、一度脱灰して溶けた歯でも軽度であれば唾液によって失われた歯のエナメル質を自動的に修復してくれます。

これを「再石灰化」と呼びます。

脱灰は放置しておけばその後エナメル質の下にある象牙質にまで達してしまい、治療が必要な虫歯になってしまいますが、軽度の脱灰であれば毎日きちんと食後に歯磨きをして歯にプラークを付着させない事でミュータンス菌の活動を抑える事が出来、ミュータンス菌が出す酸によって溶かされてしまった歯でも再石灰化が促進される為、治療をせずに歯を修復する事が出来ます。

 

乳酸菌であるラクトバチルス菌が虫歯の穴を深く大きくしてしまいます

唾液が持つ再石灰化の機能によって軽度の虫歯であれば自然治癒する事が出来ますが、歯磨きをせずに軽度の虫歯を放置していると、今度は人のお口にひそんでいる「ラクトバチルス菌」という細菌が歯に開けられた虫歯の穴をどんどん深く大きくしてしまいます。

ラクトバチルス菌は乳酸菌として知られる細菌であり、人の腸内に住み着いてさまざまな良い効果をもたらしてくれますが、歯にとってはミュータンス菌と同様に悪影響を及ぼす種類の細菌でもあります。

ミュータンス菌が出す酸によって歯の表面物質であるエナメル質が溶かされた後、その虫歯の穴を乳酸菌のラクトバチルス菌が深く大きくしてしまう、これが虫歯のメカニズムです。

 

虫歯は「感染症」の一種です

では、虫歯の元となるミュータンス菌はどのようにして人のお口の中に棲みついてしまうのでしょうか?

それは、自分以外のほかの人からミュータンス菌がうつされてしまう「感染」によってです。

元々、人は生まれたばかりの赤ちゃんの時にはお口の中にミュータンス菌は存在していません。

しかし、お母さんやお父さん、ほかの人達が赤ちゃんにキスをしたり食べ物を口移しで食べさせてしまう事で、その人が持っているミュータンス菌が赤ちゃんに感染してしまうのです。

この事から、虫歯は一種の「感染症」であると表現出来ます。

この為、現在は「生後36ヶ月までは赤ちゃんにキスをしたり食べ物を口移しで食べさせない」という方法で出来るだけミュータンス菌を小さい赤ちゃんに感染させないようにするご両親も増えてきていますが、確かに3歳までの子どもにミュータンス菌を感染させないようにしておけばその後大人になった時にお口の中にミュータンス菌が定着するリスクを下げる事は可能です。

しかし、3歳まで子どもにミュータンス菌を感染させなかったとしても、人が生きていく上ではいずれにしろ虫歯菌であるミュータンス菌は何らかの形でお口の中に感染する事となりますので、「3歳までは絶対にキスもしないし、周りにもさせないようにする」などして、あまり神経質になってしまうのも考えものです。

 

虫歯のメカニズムを知り、正しいケアで虫歯予防を心がけましょう

「虫歯になる原因と虫歯のメカニズム」についてお話をさせていただきました。

普段は歯の事をそれほど気に留めない人でも、今回お話した「何で虫歯になるのか」「虫歯にならない為にはどうすれば良いのか」といった知識を頭の片隅に入れておくだけでも、虫歯予防につながります。

虫歯にならない為には「虫歯が出来るメカニズムを知り」、「毎日の歯磨きを中心とした正しいケアを実践する事」、この2点を忘れずにしっかりとホームケアを行って虫歯予防を心がけてくださいね。

関連記事

妊娠中のトラブルに注意!知っておきたい妊娠中の口の中の変化とは?

女性は、妊娠すると色々な変化が起こります。 お腹が大きくなることはもちろんですが、体に様々な変化が起こるのです。口の中も同じで、妊娠中は口内

口の中だけじゃない!虫歯を放置するとどんな危険がある?

「虫歯が気になるけれど時間がないから歯医者に行くのはまだいいや…」こんな理由で歯科医院に行くことをためらっているという方も少なくないでしょう

虫歯になりやすい子供の特徴と気を付けること

虫歯ができやすい、できやすくないに個人差があるのは子供も大人も同じです。 何故個人差が生まれるのでしょうか?それには、ほんの少しの環境の違い

知っておきたい虫歯の基礎知識!歯の痛みのレベルと治療法とは?

歯の痛みは自分ではどうすることもできないのでとても厄介ですよね。 そんな歯の痛みにはいくつかの種類があります。痛みのレベルによって歯科医院で

歯が痛いときはどうすれば良い?自分で出来る応急処置

歯の痛みが強すぎて、眠れないような経験はありませんか? 夜に虫歯が痛み出しても、歯科医院にすぐに行けないので厄介ですよね。そんなときは、自分