BeautyBeauty

食生活によって虫歯を招く。虫歯を防ぐために気を付けたい食べ物とは

 

 

歯みがきを頑張っているのに、虫歯ができてしまうことはありませんか?

また、もう虫歯にはなりたくないけど、どうしたら虫歯予防ができるの?と考えてしまうこともありませんか?

きちんと歯みがきをしているのに虫歯ができてしまう人は、食生活に問題があるかもしれません。

また虫歯を予防するためには、歯みがきはもちろん、食生活にも気をつける必要があります。

 

虫歯の原因は「虫歯菌」と「糖」

虫歯はなぜ作られるのでしょうか。

虫歯ができる原因は2つあり、ひとつは「虫歯菌」、もうひとつは「糖」です。

この2つが結びつくことで歯が溶けていくことが原因です。

わたしたちの口の中にはたくさんの細菌が潜んでいます。

その中のひとつである虫歯菌が、歯に残っている食べかすに付着し、細菌の塊であるプラークを作ります。

このプラークから酸が出されることで歯が溶け、やがて虫歯となってしまいます。

 

食生活を見直すこと

虫歯予防のポイントは、まず正しいブラッシングです。

しかしどんなに歯みがきを頑張っても、食生活や食べ物によっては虫歯ができやすい口腔内環境が作られてしまいます。

食後の口の中は酸性に傾いており、歯の表面が溶かされる脱灰状態になっています。

これを30分ほどかけて中性に戻し、歯を再石灰化させます。

しかし間食の回数が多いと、すぐに酸性の状態に戻るため、なかなか歯が再石灰化されません。

酸性の状態が続くことで、虫歯になるリスクが高くなるのです。

三度の食事の他に間食の回数が多かったり、だらだらといつまでも食べていませんか?

歯みがきをしてもすぐに虫歯になってしまう方は、いちど食生活の見直しをしてみて下さい。

 

また、ストレスや眠気覚ましなどのために、仕事中に飴やタブレットなど食べ続けることは良くありません。

飴などのお菓子は糖分がたくさん含まれており、ずっと口の中に入れていると、口の中が酸性の状態が続きます。

これは虫歯を作るのにはとても好都合な環境なのです。

 

虫歯になりやすい食べ物

虫歯になりやすい食べ物は、やはりケーキやチョコレート、飴などといった糖分がたくさん含まれているものです。

特に飴やチューイングキャンディなどは、口の中に入っている時間が長いため、虫歯になりやすい食べ物です。

またスポーツドリンクや炭酸飲料にも糖分が多量に含まれています。

スポーツをする方や夏場など汗をたくさんかく季節に多量摂取することで、虫歯リスクが高まります。

虫歯リスクを防ぐためには、お茶や水と併用しながら多量摂取しないように気をつける必要があります。

特に炭酸飲料には、多量の砂糖が含まれます。

メーカーや種類により相違がありますが、500mlのペットボトルのコーラは角砂糖9個分の砂糖が含まれており、飲んだ後のPh値は2.2という数値というデータがあります。

この数値は虫歯になるリスクが非常に高いため、くれぐれも飲みすぎには注意して下さい。

果物による糖分も、過剰摂取により影響が出てしまうことがあります。

果物の中でもミカンなどは、食べ過ぎると虫歯のように歯が溶けてしまう酸蝕症という症状になる可能性があります。

ごはんやパン、パスタなどの炭水化物にも糖分が含まれています。

 

甘いものを食べたくなったら

虫歯になりやすい食べ物をお話しましたが、やはり甘いものは食べたくなりますよね。

虫歯菌は糖をとても好みますが、糖の中でも、キシリトールは虫歯菌が着かない糖です。

このためキシリトールを摂取しても酸を作り出さず、歯が溶けません。

それだけでなくキシリトールは歯の再石灰化を促す成分も含んでいるため、食後の歯みがきのあとにキシリトールガムやタブレットを口にすることで、溶けかかった歯の修復を行ってくれます。

また歯科専売のキシリトール入りチョコレートも販売されています。味も市販のチョコレートとほとんど変わりません。

このように、キシリトールはある程度甘味があるため、甘いものを欲しくなった場合はキシリトールガムやチョコなどを食べると満足感が得られます。

キシリトールを摂取することで虫歯予防を兼ねるため、一石二鳥ですね。

ただしキシリトールを大量に摂取するとお腹が緩くなってしまうことがあります。

 

食後の口腔内ケアと、食べ方や回数に注意すること

甘いものを食べるから絶対に虫歯になるわけではありません。

食べたあとの口の中の状態と、食べ方により、虫歯になるかどうか決まります。

虫歯を予防するためには、口の中のケアと食生活という、両面からアプローチすることが大切です。

まず食後は、虫歯菌が好む糖を含んだ食べかすをきちんと取り除かなければいけません。

毎食後、ブラッシングを行い、歯に付いた汚れなどを取り除きます。

このとき、歯と歯の間に残った食べかすは、フロスや歯間ブラシを使って綺麗に取り除きましょう。

この食べかすがプラークとなり、酸を放出する原因になります。

そして食べ方も大切です。

食生活によって虫歯が作られることがおわかりいただけたと思います。

特に間食の回数が多くなると、いつまでも口の中が酸性から中性に戻らず、歯が再石灰化できません。

三度の食事の他に、つい何度もお菓子をつまんでしまう方は、間食の回数をきちんと決めることで虫歯リスクを抑えましょう。

関連記事

妊娠中のトラブルに注意!知っておきたい妊娠中の口の中の変化とは?

女性は、妊娠すると色々な変化が起こります。 お腹が大きくなることはもちろんですが、体に様々な変化が起こるのです。口の中も同じで、妊娠中は口内

口の中だけじゃない!虫歯を放置するとどんな危険がある?

「虫歯が気になるけれど時間がないから歯医者に行くのはまだいいや…」こんな理由で歯科医院に行くことをためらっているという方も少なくないでしょう

虫歯になりやすい子供の特徴と気を付けること

虫歯ができやすい、できやすくないに個人差があるのは子供も大人も同じです。 何故個人差が生まれるのでしょうか?それには、ほんの少しの環境の違い

知っておきたい虫歯の基礎知識!歯の痛みのレベルと治療法とは?

歯の痛みは自分ではどうすることもできないのでとても厄介ですよね。 そんな歯の痛みにはいくつかの種類があります。痛みのレベルによって歯科医院で

歯が痛いときはどうすれば良い?自分で出来る応急処置

歯の痛みが強すぎて、眠れないような経験はありませんか? 夜に虫歯が痛み出しても、歯科医院にすぐに行けないので厄介ですよね。そんなときは、自分