BeautyBeauty

虫歯になりやすい子供の特徴と気を付けること

虫歯ができやすい、できやすくないに個人差があるのは子供も大人も同じです。

何故個人差が生まれるのでしょうか?それには、ほんの少しの環境の違いが関わってきます。この記事を読んでいる方の中にも妊娠している、又は小さなお子さんがいるという方がいらっしゃるのではないでしょうか。

ぜひこれからご紹介する虫歯になりやすい子供の特徴をご参考にしてください。

虫歯とは?

そもそも虫歯とは一体どのようなものを言うのでしょうか。

まずは虫歯について詳しくご説明します。

口内には良い菌や悪い菌を含むたくさんの細菌が住みついています。 たくさんいる菌の中でも、虫歯の一番の原因菌といわれているのがミュータンス菌です。 ミュータンス菌という細菌が作り出す酸によって歯が溶かされていく病気が虫歯です。歯が溶かされ穴が開いている状態を齲蝕(うしょく)とも呼びます。

チョコレートやキャンディなどのお菓子、炭酸飲料などにはたくさんの砂糖が使われていますね。ミュータンス菌は口内に砂糖が入ると活発的になり、歯垢を作りさらにその中で酸を作ります。

「お菓子ばかり食べていると虫歯になる」と聞いたことがありませんか?これは、お菓子の中に大量に含まれている砂糖が原因なのです。

子供の虫歯は進行すると神経に到達してしまうことがあるので、大人が注意して見ていることが大切です。また、6歳前後の子供は臼歯が不完全なため柔らかく、虫歯になりやすいので気を付けましょう。

子供は歯科医院に行くのが怖くて歯の痛みを隠してしまうこともあります。しかし、大人よりも脆く進行が早く、他の健康な歯まで虫歯になってしまうかもしれません。早期発見と適切な治療を受けさせてください。

虫歯になりやすい子供の特徴と気を付けること

それでは、虫歯になりやすい子供の特徴とは一体なんでしょうか?また、改善方法も一緒に知りましょう。

大人から感染しやすい環境

赤ちゃんの頃だと、虫歯菌は大人から感染することがあります。

食器の共有や大人が噛んだものを与えたり、愛情表現のキスが当てはまります。母子感染と呼ばれていますが、もちろん父親や周囲の大人からも感染します。

赤ちゃんが可愛いあまりにキスしてしまいたくなる気持ちは分かりますが、赤ちゃんの健康のためにも抑えましょう。その代わり、頭を撫でたり優しく抱っこしたりとそれ以外のスキンシップをとってあげましょう。もし、ご自身に虫歯がある場合は早い段階で虫歯治療をしてください。

赤ちゃんは自分で虫歯があると訴えることができないので、周囲の大人のケアが必要です。

家族に喫煙者がいる

家族に喫煙者がいる場合、子供が虫歯などの口内トラブルを抱える確率が約2倍にもなるという報告があります。

小さなお子さんが家にいる場合、必ず家の中ではタバコを吸わないように心掛けてください。受動喫煙は虫歯だけではなく呼吸器症状や中耳炎など、全身に被害が及びます。

特に女性喫煙者の場合は妊娠が発覚してから禁煙をするというパターンが多いですが、それでは妊娠初期の赤ちゃんに悪影響があります。子供が欲しいと思った時から禁煙することが大切です。もちろん周囲の方も妊娠中の女性が近くにいる時はタバコを吸わないように心掛けてください。

ダラダラ食べの習慣

口内では、歯からカルシウムが溶け出す脱灰(だっかい)と、カルシウムが再び歯に戻る再石灰化(さいせっかいか)が繰り返されています。ダラダラとお菓子や飲み物を口に入れている子供が多くいますが、ダラダラ食べをしていると再石灰化が追い付かなくなり虫歯になってしまうのです。

このダラダラ食べをやめさせるためには、食事の時間を決めることが大切です。糖分が少ない虫歯になりにくいお菓子などもあるので、外出先などでお菓子を与えなければいけない場面があったらそちらを与えることをおすすめします。キャラメルやチューイングガムなど、砂糖がたくさん使用されており長時間口の中に残るようなものはなるべく控えましょう。

正しい歯みがきのやり方を知らない

子供の中には歯磨きの正しいやり方がいまいち分かっていない、歯磨きが苦手だという子もいるでしょう。歯磨きが不十分だと歯に付着した汚れが歯垢になり、そのまま酸を作ると虫歯になります。

歯磨きが苦手な子供には歯磨き粉を自分で選ばせたり、家族が歯磨きをしている姿を見せたりして徐々に慣れさせていきましょう。

そして、歯磨きは最低でも3分間を目標にしてください。理想は毎食後に歯磨きをすることですが、むりやり毎食後歯磨きをするよりも、1回の時間を増やすことが大切です。就寝前は必ず歯を磨かせてください。外出先などでは、うがいだけでもさせてくださいね。

自分で歯磨きができない年齢のお子さんの場合は、家族が病院などで正しい歯磨きのやり方を教えてもらうことで虫歯予防になります。

大人の中にも正しい歯磨きのやり方が分からないという方もいらっしゃると思いますが、そのままにしていると歯周病を罹患する場合もあるので注意しましょう。

痛みの少ない治療方法

痛みの少ない虫歯治療を受けられるのは初期の段階までです。痛みが少ないことで有名な虫歯治療方法をいくつかご紹介します。

カリソルブ治療

自費負担なので少し高くはなりますが、虫歯の部分のみを溶かして後は通常通り詰め物をする治療方法です。歯を削らないので痛みは少なく済みます。

レーザー虫歯治療

虫歯部分のみにレーザーを当てて蒸発させる治療方法です。ドリルとは違い健康な歯を傷付けないので痛みが少なく、保険が適用されるのでカリソルブ治療よりも低価格になります。

エアブレーション治療

酸化アルミナの小さな粒子を吹き付けることによって、虫歯部分のみを吹き飛ばす治療方法です。自費負担になりますが、痛みはほぼ感じません。

これらの痛みが少ない治療はまだ虫歯が小さい段階でしか受けられないので、自分からはなかなか虫歯だと訴えることが難しいお子さんを大人がよく見ていてあげることが大切です。

少しの変化も見逃さないためには、日頃からのスキンシップが大切ですね。

子供の歯の健康は環境が重要

いかがでしたか?

子供を守るためには、大人の協力が必要です。歯科医院に定期検診を受けにいくのもおすすめです。分からないことがあれば専門医に相談しましょう。

関連記事

妊娠中のトラブルに注意!知っておきたい妊娠中の口の中の変化とは?

女性は、妊娠すると色々な変化が起こります。 お腹が大きくなることはもちろんですが、体に様々な変化が起こるのです。口の中も同じで、妊娠中は口内

口の中だけじゃない!虫歯を放置するとどんな危険がある?

「虫歯が気になるけれど時間がないから歯医者に行くのはまだいいや…」こんな理由で歯科医院に行くことをためらっているという方も少なくないでしょう

知っておきたい虫歯の基礎知識!歯の痛みのレベルと治療法とは?

歯の痛みは自分ではどうすることもできないのでとても厄介ですよね。 そんな歯の痛みにはいくつかの種類があります。痛みのレベルによって歯科医院で

歯が痛いときはどうすれば良い?自分で出来る応急処置

歯の痛みが強すぎて、眠れないような経験はありませんか? 夜に虫歯が痛み出しても、歯科医院にすぐに行けないので厄介ですよね。そんなときは、自分

虫歯を放置しないで!虫歯が原因で口臭が発生する理由とは?

虫歯による口臭を改善するには、虫歯治療や虫歯予防のための定期健診が大切です。少しでも違和感を感じたら、迷わずに歯科医院へ行きましょう。 ここ