BeautyBeauty

口の中だけじゃない!虫歯を放置するとどんな危険がある?

「虫歯が気になるけれど時間がないから歯医者に行くのはまだいいや…」こんな理由で歯科医院に行くことをためらっているという方も少なくないでしょう。

しかし、初期段階の虫歯をのぞいて、虫歯は自然に治ることのない病気です。しっかり治療しない限り、どんどん進行してしまうのです。

そこで今回は、虫歯を放置することで起こりうる体への影響についてご紹介します。虫歯を発見したら、放置せずにすぐに歯科医院で治療してもらいましょう。

虫歯の進行度について

虫歯は口の中に潜む虫歯菌が、食べかすなどの糖分などをエサにして酸を出し、歯を溶かしてしまうことで起こる細菌の感染です。

虫歯は、どのくらい進行しているかによって5段階に分けることができます。

CO

COは虫歯の初期段階です。歯の表面にあるエナメル質が溶かされ始めた状態で、歯が白くにごったり、歯の溝が茶色くなることがあります。歯に穴が開いておらず、痛みを感じることもありません。

この初期段階なら、歯磨きなどで虫歯菌を除去し、歯の再石灰化作用によって自然と健康な状態に戻すことができます。

C1

歯のエナメル質が少し溶かされ、小さな穴が開いている状態です。痛みを感じることはありません。

C2

歯の穴が広がり、エナメル質のすぐ下にある象牙質にまで達している状態です。甘いものや冷たいものがしみるようになり、穴に食べかすが詰まったりします。

C3

穴がさらに広がって象牙質を貫通し、その下の神経の歯髄にまで到達した状態です。痛みの感じ方は人それぞれなのですが、ズキズキしたような激しい痛みが続くことが多いです。

C4

歯の上部が溶けてしまい、歯の根っこまで虫歯菌に侵された状態です。神経が死んでいるので痛みはなくなりますが、さらに進行すると、あごの骨の中まで膿が溜まって、歯茎が腫れたり口臭がきつくなったり、激しい痛みを感じる可能性があります。

治療にかかる時間と費用について

虫歯を放置して症状が悪化すると、治療にはその分多くの時間と費用が必要となります。同じ虫歯でも、歯科医院によって治療期間や治療費が異なってくるので一概には言えませんが、おおよその目安の治療期間と費用をご紹介します。

CO

初期段階の虫歯なので自然治癒が可能です。通院の必要がないので、治療費もかかりません。

C1

虫歯部分を削って詰める治療をします。歯科医院の通院は1回程度で、治療費用は1500円から3000円程度です。

C2

虫歯部分を削って詰める治療を行います。さらに、詰め物の調整が必要となります。通院は2、3回で治療費用は2500円から5000円程度です。

C3

神経を抜いて、根管を消毒する治療を行います。そして、炎症が落ち着くのを待ち、根を密封して、土台を整えてかぶせ物をする治療が必要です。治療に必要な期間は1ヶ月から3ヶ月程度で、治療費用は6000円から1万円程度です。

C4

抜歯後に、ブリッジや入れ歯、インプラントなどの治療が必要になります。治療期間は2ヶ月から6ヶ月程度で、治療費用は1万5000円から2万円程度になります。しかし、インプラントの場合は保険適用外となるので、それなりの費用が必要となります。

菌血症から体に異常が現れた場合の治療

ここまで進行してしまうのはまれなケースなのですが、突発的な発熱や頭痛、手のしびれなどで緊急搬送された場合、内科での抗生物質による治療が必要です。

しかし、根本的な原因は虫歯となるので、再発防止のためにも虫歯の治療が必要不可欠です。また、治療期間や治療費用は口内の状態によって異なります。

虫歯を放置すると体にまで影響が及ぶことも…

虫歯を放置すると、歯原性菌血症になる可能性があります。

菌血症は、傷口から血液中に細菌が侵入し、血液の流れに沿って全身に運ばれてしまう状態を指します。この症状が起こることは珍しいことではなく、食中毒になったり転んでけがをしたときや、歯科治療で抜歯したとき、口の中に傷が出来た時などに起こります。

しかし、その発生頻度は高くありません。

ところが、虫歯や歯周病によって口の中の環境が悪化していると、食事や歯磨きの際に菌血症が起こってしまうのです。

人の体にはもともと免疫機能が備わっているので、その大半は、血中に入り込んだ細菌が何か悪さをする前に体外へと排出されます。

しかし、ほかの病気などで体調を崩している、ストレスによって抵抗力が落ちている、加齢による体力の衰えなどによって、体の免疫機能が上手く働いていないと、発熱や頭痛などの症状が出ることがあります。また、感染性心内膜炎や細菌性髄膜炎など大きな疾患の一因となる可能性もあるので、油断は禁物です。

虫歯の再発に注意!

虫歯の再発率はかなり高いため、虫歯の治療が終わって完治というよりは、「虫歯の予防の始まり」ととらえることが大切です。歯をすべてかぶせ物によって覆ってしまえば、通常の虫歯のように歯の表面から溶け出してしまうことはないのですが、虫歯菌は、歯茎とかぶせ物の境目から侵入してくるのです。

以下に当てはまる方は特に注意が必要です。

  • 年齢とともに歯茎が下がってきたように感じる
  • かぶせ物がゆるくなったような気がする
  • かぶせ物をしてから、かなり時間が経っている

かぶせ物を取ったら虫歯だらけ、なんてことのないように、一度歯科医院でしっかり点検してもらうことが大切です。特に、かぶせ物をしている歯は、表面より境目に注意してブラッシングすることが大切です。

まとめ

いかがでしたか?

虫歯の進行度や虫歯を悪化することで起こりうる体への影響は理解できましたか?

虫歯が悪化すると不快感や痛みが増すのはもちろんですが、治療もどんどん大掛かりなものになり、体への負担も時間も費用も余計にかかってしまうのです。

歯科医院の中には、痛みや不安を和らげるために麻酔治療を行っているところもあるため、気になる方はそういった治療を行うこともおすすめです。

どんなに歯科医院に行く時間が無くても、虫歯を放置した場合のリスクの高さを考えて、早めに歯科医院を受診することが大切です。

虫歯の早期発見、早期治療を行うことによって、必要となる時間や費用、さらに痛みも大幅に抑えることができます。

関連記事

妊娠中のトラブルに注意!知っておきたい妊娠中の口の中の変化とは?

女性は、妊娠すると色々な変化が起こります。 お腹が大きくなることはもちろんですが、体に様々な変化が起こるのです。口の中も同じで、妊娠中は口内

虫歯になりやすい子供の特徴と気を付けること

虫歯ができやすい、できやすくないに個人差があるのは子供も大人も同じです。 何故個人差が生まれるのでしょうか?それには、ほんの少しの環境の違い

知っておきたい虫歯の基礎知識!歯の痛みのレベルと治療法とは?

歯の痛みは自分ではどうすることもできないのでとても厄介ですよね。 そんな歯の痛みにはいくつかの種類があります。痛みのレベルによって歯科医院で

歯が痛いときはどうすれば良い?自分で出来る応急処置

歯の痛みが強すぎて、眠れないような経験はありませんか? 夜に虫歯が痛み出しても、歯科医院にすぐに行けないので厄介ですよね。そんなときは、自分

虫歯を放置しないで!虫歯が原因で口臭が発生する理由とは?

虫歯による口臭を改善するには、虫歯治療や虫歯予防のための定期健診が大切です。少しでも違和感を感じたら、迷わずに歯科医院へ行きましょう。 ここ