BeautyBeauty

妊娠中のトラブルに注意!知っておきたい妊娠中の口の中の変化とは?

女性は、妊娠すると色々な変化が起こります。

お腹が大きくなることはもちろんですが、体に様々な変化が起こるのです。口の中も同じで、妊娠中は口内にも色々な変化がみられるでしょう。そこで今回は、妊娠前に知っておきたい口の中の変化や、女性ホルモンと虫歯・歯周病の関係についてご紹介します。

特に、女性の皆さんは妊娠時の参考にしてくださいね。

妊娠中の口内の変化

女性は、妊娠すると口内がどのように変化するのでしょうか。さっそく見ていきましょう。

歯周病菌が成長しやすくなる

女性は妊娠すると女性ホルモンが増加します。女性ホルモンが増えるのは仕方のないことなのですが、女性ホルモンを好む厄介な存在がいるので注意が必要です。それは、歯周病菌です。

いつも以上にしっかり歯磨きをしないと、女性ホルモンが増えれば増えるほど、口内にも歯周病菌が増えてしまうのです。

そのため、妊娠しただけで歯茎が出血したり、歯茎が腫れてしまうというトラブルが起こりやすくなります。

口内炎ができやすくなる

妊娠中の女性はストレスが溜まりがちです。

そのため、睡眠不足になって疲れが体に溜まると、口内炎が出来やすくなるのです。口内炎の原因は色々あるのですが、疲労も原因の一つになります。

また、栄養不足も口内炎につながります。妊娠中は摂り入れた栄養をお腹の赤ちゃんに優先的に送り届けるので、自分の体への栄養素が足りなくなってしまうのです。これにより、口内炎ができやすくなります。

口臭がきつくなる

妊娠するとつわりなどの影響により、規則正しい食事をとることが難しくなります。そのため、食事を細かく分けてとるようになり、歯磨きも面倒になり、歯のケアを怠りがちになります。

それに加えて、唾液が酸を除去する力も弱くなるので、口内に食べかすや歯垢などの汚れが残りやすくなります。さらに、歯周病菌も増えやすくなるので注意が必要です。

このように口の中を清潔に保つのが困難になるので、妊娠中は普段より口臭がきつくなりやすいのです。

よだれが増加する

妊娠初期は、よだれつわりという症状が起こることがあります。よだれつわりはつわりの一種なのですが、かなり厄介な存在なのです。

妊娠してよだれつわりが起こると、口内から大量のよだれが出るようになります。よだれつわりは唾液過多症とも呼ばれていて、普段より唾液が過剰分泌されてしまうのです。よだれが多く出るだけならそこまで問題はありませんが、よだれつわりで出るよだれは味がひどいので厄介です。

妊娠初期はつわりの影響により味覚が変化するので、普段は味を感じない唾液が、泥水のような味に変わってしまう恐れがあり、口内がずっとねばついていて、不快感を覚える可能性があります。

このようによだれつわりのよだれは味がひどいので、我慢して飲み込もうとする度に不快に感じることがあるでしょう。

女性ホルモンと歯周病・歯痛の関係について

歯と女性ホルモンは一見何の関係もないように感じますが、この二つの関係性はとても深いので注意が必要です。

特に、女性は、女性ホルモンの影響によって歯に色々な影響が及んでしまう可能性があります。

口内を清潔にしていないと誰でもなりうる歯周病。日本人が歯を失ってしまう原因の多くは、この歯周病です。そして、この歯周病は女性ホルモンと深い関係があるのです。女性は、女性ホルモンの影響によって歯周病になるリスクが男性より高いと言われています。

では、なぜ女性ホルモンが歯周病に影響するのでしょうか。詳しくご紹介していきます。

歯周病菌は女性ホルモンを好む

歯周病は、口内に歯周病菌が増えることによって起こります。

そして、歯茎と歯の間からにじみでてくる液の中に混ざり、血液の中に含まれている女性ホルモンを好む歯周病菌が外へ排出されます。出てきた歯周病菌は、女性ホルモンをエサにして成長するという特徴があるので、女性ホルモンが増えることで歯周病菌も増え、結果的に歯周病菌になりやすくなるのです。

そして、この影響で歯茎から出血が起こると、血液由来の成分を好む歯周病菌が増え、歯周病の進行につながります。このような理由で、女性は歯周病になりやすいと言われています。

歯周病対策について

歯周病になりたくないからと言って女性ホルモンを防ぐことはできません。

歯周病を防ぐには、毎日の丁寧な歯磨きが一番の対策となるでしょう。また、妊娠中や思春期中は、女性ホルモンの分泌が特に活発になるので、普段以上に歯のお手入れに気を配る必要があります。

そして、定期的に歯科医院に行って、歯石や歯垢をしっかり除去してもらうことが大切です。

歯科医院の定期メンテナンスとは?

歯科医院では、定期的に口内のメンテナンスを受けることができます。

虫歯になりかけている歯はないか、以前の治療跡に何か不具合はないか、などをしっかり確認して、何か問題があれば早めに治療していきます。そうすることにより、常に清潔な口内を保つことが出来るのです。定期メンテナンスの内容は歯科医院によって異なりますが、だいたいの内容は以下のようになります。

  • 虫歯や歯周病になっていないかチェックする
  • 専門の器具を使用した歯のクリーニング(PMTC)
  • 詰め物やインプラントに不具合が無いかチェックする
  • 噛み合わせや唾液、粘膜に異常がないかチェックする
  • 染めだし液などを使った磨き残しのチェック
  • 歯のブラッシング指導

定期メンテナンスは、予約制で時間は約40分、費用は3000円から4000円ほどになります。

まとめ

いかがでしたか?

妊娠中に起こりやすいトラブルや、女性ホルモンと歯周病の関係などについてしっかり理解できましたか?

妊娠中は、肉体的にもつらく、精神的にも不安になりやすいです。そこに、口内の悪い影響が重なるとなると余計に負担がかかってしまいますよね。

しかし、毎日の歯磨きをしっかり行うだけで、症状はかなり改善されるでしょう。できるだけ症状が重くならないように、1日3回の食後の歯磨きを時間をかけて丁寧に行うようにしましょう。

また、歯科医院で定期的にメンテナンスを行うことも大切です。何も異常を感じなくても、3ヶ月に1回は歯科医院で定期メンテナンスを受けることがおすすめです。

関連記事

口の中だけじゃない!虫歯を放置するとどんな危険がある?

「虫歯が気になるけれど時間がないから歯医者に行くのはまだいいや…」こんな理由で歯科医院に行くことをためらっているという方も少なくないでしょう

虫歯になりやすい子供の特徴と気を付けること

虫歯ができやすい、できやすくないに個人差があるのは子供も大人も同じです。 何故個人差が生まれるのでしょうか?それには、ほんの少しの環境の違い

知っておきたい虫歯の基礎知識!歯の痛みのレベルと治療法とは?

歯の痛みは自分ではどうすることもできないのでとても厄介ですよね。 そんな歯の痛みにはいくつかの種類があります。痛みのレベルによって歯科医院で

歯が痛いときはどうすれば良い?自分で出来る応急処置

歯の痛みが強すぎて、眠れないような経験はありませんか? 夜に虫歯が痛み出しても、歯科医院にすぐに行けないので厄介ですよね。そんなときは、自分

虫歯を放置しないで!虫歯が原因で口臭が発生する理由とは?

虫歯による口臭を改善するには、虫歯治療や虫歯予防のための定期健診が大切です。少しでも違和感を感じたら、迷わずに歯科医院へ行きましょう。 ここ