BeautyBeauty

【歯並び矯正】歯並びを綺麗にするならマウスピース矯正!治療法とメリットについて

 

はじめに

日本で行われているマウスピース矯正は歯並びの症状が軽いものやワイヤー矯正をある程度行った後、仕上げに行われるケースがほとんどです。
まだまだマウスピース矯正をメインの矯正治療として行っているクリニックはそう多くはありません。
いっぽうで、アメリカではすでに1998年に導入され治療法の開発が進んで積極的に治療に取り組む歯科医師が増えたため、日本に比べると飛躍的に進歩してきました。
簡単な治療から難しいものまで治療が可能になり、ワイヤー矯正と比較するとメリットが多い・・ということも次第に周知されています。
驚くことに、現在世界各国でこのマウスピース矯正を受けている患者さんの数は250万人以上だとも言われています。
ここではそんなマウスピース矯正のメリットや治療の流れなどについてご紹介しましょう。

マウスピース矯正とは

そもそもマウスピース矯正とは透明なマウスピースを作り取り替えながら歯並びをきれいに整えていく治療法で、歯型をパソコンに取り込んで希望の歯並びになるよう歯を少しずつ移動させながらマウスピースを作ります。
順番通りにマウスピースを使うことで歯並びが理想的なものになっていきます。
また、透明なマウスピースを使うので人に気づかれずに歯科矯正ができます。
一般的に行われているブラケット矯正だと人に歯科矯正していることを気づかれてしまうため、仕事や面接などを控えている人にとっては不向きだと言えますね。

マウスピース矯正の治療の流れ

  1.  カウンセリング

    患者さんの歯並びについて治療法や悩みなど、歯科医師が相談に乗ります。
    さらに、マウスピース矯正のメリットだけでなくデメリットや費用についても説明があります。
    ここでのポイントはどんな不安や疑問点があっても質問をすることで、不安を抱えたまま治療を行うと後になってトラブルの原因になります。

  2. 精密検査

    マウスピース矯正で治療を行いたい場合には精密検査を行い、お口の中の検査やレントゲン撮影の他に口や顔の写真を撮影したりします。さらに、矯正装置を作成するため歯の型取りを行っていきます。

  3. 精密検査の説明

    精密検査を行ったらその結果を元にして歯科医師が治療プランを立て、患者さんに治療の内容や期間、費用などについて説明を行います。ここでも納得ができるまできちんと説明を受けましょう。しっかりと患者が納得したら治療がスタートします。

  4. 治療開始

    まず、患者さん専用のマウスピースを装着していきます。
    取り外しできるこのマウスピースの取り外し方やケア方法、注意点などを歯科医師から説明されますが、装置によっては1日当たりの装着時間が決まっていますので、これを守りながら新しいものに変えて少しずつ歯を動かしていきます。

  5. 保定期間

    歯並びがきれいになったら一定期間は保定装置を装着し、元の歯並びに戻ってしまうのを防止します。
    治療過程はマウスピース矯正装置によっても違ってきます。
    何度も歯の型取りをするものや1回たけのもの、デジタル動画によってマウスピース装置を作るものなどさまざまなものがありますので、クリニックできちんと確認しましょう。

マウスピース矯正の費用

マウスピース矯正を行う場合、前歯のみであれば30万円程度で済みます。
難易度が高いものほど費用もかかり、矯正期間も長くなります。
長期間かかるものだと100万円ほどになることを理解しておきましょう。
また、マウスピース矯正とブラケット矯正を併用したものもあり、途中までブラケットとワイヤーを使って矯正した後にマウスピース矯正を行う・・という場合もあります。
この方法は長期間ブラケット矯正を行うことに抵抗がある方にぴったりの矯正法です。
ただ、クリニックによって治療方針も違い取り扱いも違っているため歯科矯正を始める前に調べておき、自分に合ったものを選びましょう。

マウスピースのメリット

目立たない

マウスピース矯正の最大のメリットとは他人に気づかれることなく歯並びをきれいにできることでしょう。
ワイヤー矯正やブラケット矯正だと大きく口を開けた時に矯正装置が見えてしまいます。
歯科矯正をためらう最大の理由は矯正装置が見えることだそうなので、マウスピース矯正を行えばこの点がクリアできますね。

金属アレルギーの方でも行える

マウスピース矯正ではプラスチック製のマウスピースを使用するので、金属アレルギーがある方でも治療が可能です。
通常の歯科矯正ではワイヤーやブラケットに金属が使われているので、金属アレルギーの方は治療が不可能な場合が多いです。
つまり、金属を全く使っていないマウスピース矯正は体にとても優しい歯科矯正法です。

食事の時外せる

歯科矯正で使用されるブラケット装置は歯の表面に接着剤を使ってつけており、ブラケットは矯正が終った後外さなければならないので強力に接着されてはいません。
つまり、矯正期間中は硬いものなどを食べることができません。
ですが、マウスピース矯正だと食事の時にマウスピースを外せるため、食事内容に制限なくなんでも好きなものが食べられます。

歯磨きの時外せる

ブラケット矯正だとブラケット装置の周りやワイヤー部分の下などは複雑な状態なので、歯磨きしづらいです。
ですが、マウスピース矯正だと歯磨きの際に外せるため、ブラッシングしやすくデンタルフロスも使いやすいのできれいにブラッシングできます。

セラミックなどがあっても治療できる

マウスピース矯正はセラミックなどの歯の詰めものがあってもそのまま治療が可能です。
ブラケット矯正を行う場合にはブラケットを装着するので、セラミックを外す必要があったりします。
ですが、マウスピース矯正だとセラミックごと歯を動かすためセラミックが傷つく心配がありません。
ただ、前歯など歯がきれいに並んだ後歯ぐきの位置がずれる可能性がある場合には治療が終った後、セラミックをやり直すこともあります。

まとめ

いかがだったでしょうか?
歯科矯正は審美性の高さだけでなく、歯周病や虫歯を防止できる治療です。
マウスピース矯正のメリットをしっかりと理解し、ご自分のライフスタイルに合っているかどうか考えた上で治療に進みましょう。
みなさんの口元がマウスピース矯正できれいになることを願ってやみません!

関連記事

【ホワイトニングまとめ】知っておきたいホワイトニングの危険性について

歯を白く美しくするホワイトニング。黄ばんだ歯が簡単に白くなるので人気がありますよね。 しかし、ホワイトニングは専用の薬剤を使用して歯を漂白し

意外と知らない歯並びのこと!歯並びが悪くなる原因と改善法

歯並びは、遺伝的な要因により悪くなると考えている方が多いですが、意外にも後天的な要因によって歯並びが悪くなる場合があります。 ここでは、意外

良い歯並びと悪い歯並びの違い!矯正のメリット

近年、歯並びに悩んでいる方は意外と多いのですが、中にはご自身が良い歯並びなのか悪い歯並びなのか分からないという方もいます。 今回は、良い歯並

すきっ歯になるのは原因がある!?歯科医院でのすきっ歯治療法とは?

歯に隙間がある、いわゆる「すきっ歯」。 隙間があると周りの目が気になって口元を手で隠したり、口を開けて笑うのに抵抗があったりとコンプレックス

憧れの整った歯並びに!矯正治療の種類を知ろう!

歯科矯正は子供が行うイメージがあるかもしれませんが、大人になってから始める方もたくさんいます。ガタガタの歯並びが気になる方は、矯正治療で歯並