BeautyBeauty

セラミックの種類とそれぞれの特徴

はじめに

あなたは虫歯になってしまった時に使用する被せものや詰めものにどんな素材を選びたいですか?
虫歯になった時の歯の被せものや詰めものとして審美性が高く質感に優れたセラミックが挙げられます。
ですが、セラミックと一言で言ってもさまざまな種類があり、特徴や値段も違っています。
また、一般的にセラミックは保険外診療となりますが、種類によっては保険が適用となるものもあります。
ここではセラミックのメリットや種類やそれぞれの特徴などについてまとめてみました。

セラミックのメリットとは

セラミックを歯の治療に使ってみたいと思われている方は審美性の高さが選択理由になっているでしょうが、ここではそんなメリットについてご紹介します。

・審美性の高さ

やはりセラミックの最大のメリットと言えば見た目が自然で審美性が高いことでしょう。
透明感や質感などに優れているのは言うまでもありませんね。

・虫歯になりづらい

虫歯のほとんどは歯と歯の隙間からできると言われています。
特に銀歯の被せものは劣化することで隙間ができそこから虫歯が進行していくようです。
ですが、陶器製のセラミックなら元の歯との密着度が高いため虫歯になりづらいと言われています。

セラミックの種類と特徴

・オールセラミック

オールセラミックは天然の歯と見分けがつかないほど美しい審美性を誇ります。
変色した歯や銀歯などもオールセラミックで治療すれば自然な歯のようにできますので、前歯や笑った時に見える歯の治療に使われることが多いです。
オールセラミックにすれば健康な歯に近いので、健康的で清潔感あふれるイメージを相手に与えることができます。
また、審美性以外にも強度や耐久性にも優れているのが特徴です。
歯の変色や銀歯を気にしている方にとってはオールセラミックは審美性の高さだけでなく自分に自信を持てるようになるため、メリットが多いと言えますね。
さらに、オールセラミックは自然の歯と見分けがつかないほどの透明感や質感があるため、治療の際にご自分の歯と色を合わせられ見た目にセラミックの歯であることを気づかれにくいです。
それに、ホワイトニング治療で白くできないような変色してしまった歯であってもセラミックで治療すれば白くできます。
特に目立つ前歯だけでもセラミックで治療を行えば、イメージもかなりよくなるはずですよ。
プラスチックなど着色したり経年劣化することがありますが、オールセラミックなら歯垢付きづらく変色、劣化もしづらいため、適切なメンテナンスを行うことでずっと美しい状態を保てます。
金属を使っていないので金属アレルギーの方でも安心して治療が受けられます。
金属アレルギーになっていない方でも口の中にずっと金属があるままでいると、少しずつ成分が溶け出してくるため、その成分が体内に蓄積し金属アレルギーを発症することもあります。
オールセラミックは金属を使っていないため、歯ぐきが黒ずむ心配もないのでかなりおススメできる素材だと言えます。

・ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミックとはプラスチックとセラミックを混ぜて作った素材のことで、硬さと粘り気を併せもっています。
ただ、保険内診療で治療できるのはまだ小臼歯の被せものに限定されているようですね。
小臼歯を白い素材のもので治療する場合、かなりの費用がかかっていましたが、ハイブリッドセラミッククラウンで治療すれば3割負担の方なら1万円程度で済むのでありがたいですよね?
それに、ハイブリッドセラミックなら金属を全く使わないため金属アレルギーの心配もなく、歯ぐきが黒ずむこともありません。
ただ、歯の残っている量が少ないケースでは金属製の土台になるため、金属アレルギーや歯ぐきの変色が起きる場合もあります。

・ジルコニアセラミック

次にジルコニアセラミックについてですが、これまでのものは奥歯などに使用した場合に欠けるというデメリットがありました。
ですが、ジルコニアセラミックだと欠けることも少なくなるため、噛み合わせる際に力がかかる奥歯に適していると言えます。
また、ジルコニアセラミックには人間の体となじみやすいという特性もあります。
金属は内の中に入れるとイオン化してアレルギーになったり、歯ぐきを黒くすることがありますが、ジルコニアセラミックは親和性が高いため悪影響をほとんど及ぼさないと言われています。
これまでインプラントやブリッジ治療の土台には強度が必要になるため金属を使用して強度を保っていました。
ですが、金属を使うと歯茎が黒ずんでしまうことが多かったです。
ジルコニアセラミックだと強力な力がかかっても折れたりすることも少ないため、金属を使わない治療が行えるようになりました。

セラミック治療を受ける際のクリニックの選び方

最近では歯科医院も飽和状態で、あちこちにクリニックがあり選ぶのに迷ってしまいますよね?
特にセラミックを使った費用のかかる審美治療を行うクリニックは慎重に選びたいものです。
セラミック治療は歯科医師免許があれば行えますが、歯を治療して噛めるようになる、発音しやすくするほかに審美性の高さや顔のバランスなども考えたトータルな治療が大切です。
ですので、セラミック治療の実績や経験をいかに積んでいるかがポイントになるでしょう。
たった1本の歯の治療だけでも、他に何らかのトラブルが隠れていることもあります。
つまり、歯科治療は顔や全身の健康状態を総合的に考慮しながら行うことが大切です。
審美治療以外にも歯周病治療などの経験が豊富な医師であるかどうかも見極めるポイントになるでしょう。
治療経験が豊富であればあるほど信頼できるクリニックだと言いきれます。

まとめ

金属を使った治療は保険が使えますが、その後変色したり金属アレルギーの原因になったり再度虫歯になってしまうリスクがあります。
いっぽうで、セラミックはほとんどが保険外診療とはなりますが審美性が高く自然の歯との調和性もあり、耐久性が高いメリットがあります。
セラミック素材にも上でご紹介したようなさまざまなものがあるため、ご自分のお口の中の状態や費用などに最適なものをじっくり選んでくださいね!

関連記事

【ホワイトニングまとめ】知っておきたいホワイトニングの危険性について

歯を白く美しくするホワイトニング。黄ばんだ歯が簡単に白くなるので人気がありますよね。 しかし、ホワイトニングは専用の薬剤を使用して歯を漂白し

意外と知らない歯並びのこと!歯並びが悪くなる原因と改善法

歯並びは、遺伝的な要因により悪くなると考えている方が多いですが、意外にも後天的な要因によって歯並びが悪くなる場合があります。 ここでは、意外

良い歯並びと悪い歯並びの違い!矯正のメリット

近年、歯並びに悩んでいる方は意外と多いのですが、中にはご自身が良い歯並びなのか悪い歯並びなのか分からないという方もいます。 今回は、良い歯並

すきっ歯になるのは原因がある!?歯科医院でのすきっ歯治療法とは?

歯に隙間がある、いわゆる「すきっ歯」。 隙間があると周りの目が気になって口元を手で隠したり、口を開けて笑うのに抵抗があったりとコンプレックス

憧れの整った歯並びに!矯正治療の種類を知ろう!

歯科矯正は子供が行うイメージがあるかもしれませんが、大人になってから始める方もたくさんいます。ガタガタの歯並びが気になる方は、矯正治療で歯並