BeautyBeauty

前歯の歯並びが気になる方におすすめ!プチ矯正のメリット

はじめに

前歯の歯並びが気になる場合、そこだけを矯正治療する方法を部分矯正と言い、プチ矯正とも言われています。
たとえば、前歯が八重歯になっていたり、ガタガタだったり、隙間があいている場合に行うもので、一般的に歯が重なり合っている場合に行われることが多いです。
程度によって軽度、中程度、重度に分けられます。
矯正治療と聞くと時間や費用がかかる、痛い・・などのイメージがありましたが、部分矯正なら費用もかからず早く矯正することができます。
ここではそんな部分矯正についてメリットやクリニックの選び方などをまとめてみました。

プチ矯正とは

そもそも歯を矯正治療するには歯全体に矯正装置を付けるというイメージがありますが、前歯だけの歯並びを矯正したい場合にはプチ矯正という方法もあります。
プチ矯正は歯並びを治したいところだけに矯正装置を付けるため、全体矯正とは違って違和感もほとんどなく費用も安く済みます。
それに、矯正期間も短くて済むのがありがたいですよね?
また、矯正を行う際に痛みもほとんどないため、全体矯正のイメージを持って矯正治療に踏み出せない方に最適です。
前歯の矯正を行うだけでも人の顔のイメージはかなり変わります。
もし、見えるところだけを矯正したいならぜひ、プチ矯正を行ってみてはいかがでしょうか?

プチ矯正のメリット

・痛みがほとんどない

全体矯正は前歯から奥歯まで矯正装置を付けるので最初はかなり痛みを伴います。
ですが、プチ矯正は前歯のみ矯正装置を付けるため本数が少なくて済み、痛みもほとんどありません。
実際に全体矯正の3分の1程度の痛みだと言われています。
つまり、全体矯正と比べて気軽に行える矯正治療です。

・矯正装置が目立ちにくい

プチ矯正は装置を前歯だけに付けるため糸切り歯より奥には装着しないので、全体矯正と比べると目立ちにくいのもメリットでしょう。

・歯を抜く必要がない

上あごの場合はほとんどのケースで歯を抜かずに済みます。
下あごの場合はケースによって抜くこともあります。

・ケアが楽

歯に矯正装置を装着すると食事中に食べものが挟まったり、歯磨きがしづらくなることが多いですが、プチ矯正なら前歯にしか付けないため日ごろのお手入れも楽です。

・費用が安く済む

全体矯正と比較するとプチ矯正なら装置が小さいため、費用も安く済みます。
それに、矯正期間も当然短くて済むためその分の通院費も安く済み、トータルの費用も抑えられます。
ただ、使用する装置や患者さんのお口の中の状態によってトータルの治療費は変わってくるので、プチ矯正を検討している方は一度クリニックでカウンセリングを受けてみるといいでしょう。
きっと費用は全体矯正に比べてかなり安く済むはずですよ。

・期間が短い

プチ矯正の場合、治療期間も短くて済むのがメリットです。
全体矯正だと歯を全て少しずつ動かして歯並びを矯正するため、治療は2~3年程度かかります。
それに比べてプチ矯正はほとんどのケースで2年以内に治療が終わり、早い方だと半年以内に終わる場合もあるようですね。
できるだけ矯正装置を外したい・・と思うのは当然でしょう。
プチ矯正ならこの点においてもかなりメリットがあると言えるでしょう。

・気になる箇所だけ矯正できる

前歯から奥歯全ての歯並びを矯正するケースでは治療がその分大がかりになりますが、プチ矯正なら気になる箇所だけ治療ができるのでかなり効率がいいです。

プチ矯正のデメリット

ただ、メリットがこれだけ多いプチ矯正にもデメリットがないとは言えません。
ここではプチ矯正のデメリットについてお伝えします。

・すき間が残ってしまうこともある

前歯の歯並びがかなり凸凹している場合には抜歯してプチ矯正する場合もあります。
ですが、前歯のみで矯正治療を行うのですき間を全て閉じることができないため、すき間が残ってしまうケースもあるようです。
その部分についてはセラミックやプラスチックで治療を行って塞いでいきます。

・噛み合わせの全体的なバランスは治せない

本来なら、矯正治療は上下の歯に装置をつけ噛み合わせを治していきますが、プチ矯正は一部分にしか装着しないため上下の噛み合わせを治すことができないと言われています。
もし、必要ならプチ矯正が終った後で冠などを使用し、全体的な噛み合わせを治していくといいでしょう。

・全体矯正と比べて審美性に欠ける

プチ矯正はあくまでも部分的な矯正なので、全体矯正と比べて審美性に欠けるのは仕方のないことです。
また、他の歯とのバランスがじゅうぶんに取り切れないこともあるので、治療する上で妥協せざるを得ない点もあります。

・歯を削る量が多い

全体矯正と比べた時に歯と歯の間を削る量が増えてしまうことや、前歯のエナメル質を削ることがあるのはデメリットでしょう。
この歯のエナメル質を削ってしまうと、食事の際などに冷たいものがしみたりします。

クリニックの選び方

プチ矯正を受けるかどうか決定するのは患者さん自身なので、クリニック側でプチ矯正を受けるように誘導するようなところはおススメできません。
じゅうぶんな説明も行わないまま、プチ矯正を受けさせようとするクリニックも増えているようですね。
もし、プチ矯正しないとこうなる・・など、恐怖心をあおられるようなことがあったり、無理に治療を受けさせようとするクリニックを選ぶのは避けるべきでしょう。
そういったクリニックは患者さんのことを本当に思っているのではなく、クリニック側が治療を受けて欲しいから言っているにすぎません。
つまり、客観的な視点に立って説明してくれるクリニックがいいでしょう。
そういう意味で言いますと、メリットだけでなくデメリットもしっかり説明してくれるクリニックを選ぶと間違いなさそうですね。

まとめ

気になる前歯の歯並びだけを矯正したい・・という方にとってはプチ矯正はかなりメリットが多い矯正法です。
全体矯正よりはるかに費用を安くできますし、治療期間も短くて済みます。
プチ矯正の種類はご自分に最適なものを選べますが、歯並びの状態や費用などの都合により種類も限られてくるため、クリニックでよく相談した上で決めて下さいね!

関連記事

【ホワイトニングまとめ】知っておきたいホワイトニングの危険性について

歯を白く美しくするホワイトニング。黄ばんだ歯が簡単に白くなるので人気がありますよね。 しかし、ホワイトニングは専用の薬剤を使用して歯を漂白し

意外と知らない歯並びのこと!歯並びが悪くなる原因と改善法

歯並びは、遺伝的な要因により悪くなると考えている方が多いですが、意外にも後天的な要因によって歯並びが悪くなる場合があります。 ここでは、意外

良い歯並びと悪い歯並びの違い!矯正のメリット

近年、歯並びに悩んでいる方は意外と多いのですが、中にはご自身が良い歯並びなのか悪い歯並びなのか分からないという方もいます。 今回は、良い歯並

すきっ歯になるのは原因がある!?歯科医院でのすきっ歯治療法とは?

歯に隙間がある、いわゆる「すきっ歯」。 隙間があると周りの目が気になって口元を手で隠したり、口を開けて笑うのに抵抗があったりとコンプレックス

憧れの整った歯並びに!矯正治療の種類を知ろう!

歯科矯正は子供が行うイメージがあるかもしれませんが、大人になってから始める方もたくさんいます。ガタガタの歯並びが気になる方は、矯正治療で歯並