BeautyBeauty

マウスピース矯正をする前に知っておきたい注意点

はじめに

マウスピース矯正は透明なマウスピースを歯に装着し、歯並びを移動させる新しい矯正治療です。
患者さんひとりひとりの歯並びに合わせて作られるマウスピースを使って、治療段階に合わせ新しいものを作成しながら少しずつ歯を移動させ歯並びをよくしていきます。
ここでは、そんなマウスピース矯正のメリットや治療の流れ、注意点などをまとめてみました。
マウスピース矯正に興味のある方もそうでない方もぜひ読んでみて下さいね。

ワイヤー矯正との違いとは

ワイヤー矯正は最近では矯正装置も小さくなり目立ちにくくはなっていますが、それでもつけていると矯正治療をしていることが分かってしまいます。
また、歯の裏側に矯正装置を付ける裏側矯正という矯正治療法がありますが、これは歯の裏側に装置があるため舌とこすれ合って傷ができてしまったり、慣れるまで会話や食事が不便だったり・・と言ったデメリットが多いです。

マウスピース矯正のメリット

 

・取り外しができきれいに保てる
ワイヤーやブラケットなどはいったん装着すると取り外すことはできません。
矯正治療中は24時間ずっとつけたままですが、マウスピース矯正ならご自分で取り外せます。
たとえば、食事や歯磨きの際には取り外してもいいと言われています。
なお、矯正治療中は虫歯になりやすいものですが、矯正装置を外してきれいにできるので天然の歯と同様のケアができ衛生的です。

・人に気づかれにくい
矯正治療と言うと、ワイヤーなど金属製の矯正装置を歯に付け矯正していくものが多いです。
矯正治療そのものは歴史ある治療で効果が実証されており、全国どこでも治療が受けられますが、目立つため敬遠する方多いです。
透明なマウスピースを使って行うマウスピース矯正なら口を開けた時も目立つことなく、人にほとんど気づかれずに済みます。
接客業や営業などの仕事の方や思春期のお子さんでも気軽に行えるのがメリットです。

・痛みがほとんどない
マウスピースを取り外す時に動かされる歯が引っ張られる感じや、違和感などを覚えることもありますが、装着する際の痛みはほとんどないと言われています。
いっぽう、ワイヤー矯正は装着すると数日間痛みがあることが多いです。
つまり、痛みがないことはかなりのメリットだと言えるでしょう。

・金属アレルギーの方でも治療できる
ブラケット矯正で使用されるブラケットなどは金属でできているので、クロムやニッケルなどのアレルギーの方は治療ができません。
心配な場合は前もってパッチテストを受けることができますが、装
金属アレルギーである、金属アレルギーになってしまうのでは・・という方でも金属を使っていないので安心して矯正治療が受けられます。

・並行して虫歯治療が可能
マウスピース矯正なら簡単に取り外せるため、虫歯治療やホワイトニングなどが並行して行えます。
つまり、虫歯治療が終るまで矯正治療を待つ必要がなく、矯正治療を中断する必要がないのでむだな時間が少なくて済みます。

マウスピース矯正の治療の流れ

マウスピース矯正を行う場合、まず精密検査の必要があります。
矯正治療は三次元的に歯を移動させるものなので、表側から見た歯並びだけではあごの角度や噛み合わせが分かりづらいため、立体的に把握する必要があるからです。
この矯正治療は歯の動きに合わせ、10~15種類程度のマウスピースを作って段階ごとに装着し治療していきます
そのためにも、歯の状態を立体的に検査し、患者さんそれぞれにぴったり合った治療計画を立てる必要があります。
全ての過程を終了すると、最後のマウスピースを保定に利用します。
歯は移動させると元に戻ろうとする力が働くからですね。
これによって、移動させてきれいになった歯並びを固定していきます。

マウスピース矯正の注意点

矯正治療は数年間にわたる長期的な治療ですので、その間患者さんが生活上不自由さや、精神的ストレスをどの程度軽減できるかが最重要課題です。
ワイヤー矯正とマウスピース矯正のどちらの方が患者さんにとってこれらの負担やストレスが少ないか・・というのは人それぞれ違っており、一概にどちらがいいかとは言えないのが現実です。
たとえば、ワイヤー矯正はお口の中に複雑な形の矯正装置が入れられるので歯磨きしづらく、歯周病や虫歯になりやすいと言われています。
つまり、この点だけを見ると矯正装置が取り外せるマウスピース矯正の方が優れていると言えそうです。
でも、マウスピース矯正は歯全体が矯正装置で覆われるので、慣れるまで不快感を覚える方も多いです。
さらに、マウスピース矯正の方が一般的な矯正治療より治療期間が長くなる・・という意見もあります。
マウスピース矯正の種類にはさまざまなものがあり、歯科医師によっては矯正期間は一般的な矯正治療とさほど変わらないという方もいらっしゃいますが、患者さん自身が矯正装置を取り外せるので、つい外してしまい、矯正効果が落ちる・・というトラブルがあるからです。
つまり、マウスピース矯正は患者さんによって矯正期間が左右させるものなので、クリニック任せにせず自分自身が治そうとする強い意志が必要になります。
また、矯正治療は歯を移動させるため一定方向だけに力が加わり続ける治療ですが、これはマウスピース矯正もワイヤー矯正も同じです。
歯を抜く必要がある重度の乱食い歯を矯正したり、4ミリ以上のすき間がある歯並びの方はマウスピース矯正に不向きだとされています。
また、マウスピース矯正は歯並び全体を覆う矯正法なので歯並びの一部を治す部分矯正には最適ですが、歯並び全体を前後させたり、骨格性の矯正治療には不向きな矯正法と言われています。
こういったことを頭に入れておいていただき、マウスピース矯正を検討するようにしましょう。

まとめ

マウスピース矯正は取り外しができ痛みもほとんどない患者さんにとって負担の少ない矯正治療です。
お子さんから大人まで治療できますが、歯並びの悪さが重度な方は費用がかさむ、不向き・・だということもあります。
どんな矯正治療でもメリットもあればデメリットもあります。
前もってしっかりとクリニックで相談することをおススメします!

関連記事

【ホワイトニングまとめ】知っておきたいホワイトニングの危険性について

歯を白く美しくするホワイトニング。黄ばんだ歯が簡単に白くなるので人気がありますよね。 しかし、ホワイトニングは専用の薬剤を使用して歯を漂白し

意外と知らない歯並びのこと!歯並びが悪くなる原因と改善法

歯並びは、遺伝的な要因により悪くなると考えている方が多いですが、意外にも後天的な要因によって歯並びが悪くなる場合があります。 ここでは、意外

良い歯並びと悪い歯並びの違い!矯正のメリット

近年、歯並びに悩んでいる方は意外と多いのですが、中にはご自身が良い歯並びなのか悪い歯並びなのか分からないという方もいます。 今回は、良い歯並

すきっ歯になるのは原因がある!?歯科医院でのすきっ歯治療法とは?

歯に隙間がある、いわゆる「すきっ歯」。 隙間があると周りの目が気になって口元を手で隠したり、口を開けて笑うのに抵抗があったりとコンプレックス

憧れの整った歯並びに!矯正治療の種類を知ろう!

歯科矯正は子供が行うイメージがあるかもしれませんが、大人になってから始める方もたくさんいます。ガタガタの歯並びが気になる方は、矯正治療で歯並