BeautyBeauty

虫歯の進行段階別の治療方法を徹底解説

はじめに

虫歯は進行段階により治療方法が違うということをご存じでしょうか?
知識がないまま治療を受けると、不安が大きくなり歯医者さんに行くのがいやになります。
逆に、治療法を知っておけば、安心して治療が受けられるので怖がらずに歯医者さんに通院できます。
ここでは虫歯を進行度別に分け、それぞれの治療内容をまとめてみました。

虫歯が全身に与える悪影響とは

虫歯が悪化すると、虫歯菌が増殖するのと同時に他の細菌も口の中に増えるため、全身に悪影響を与えると言われています。
虫歯で黒くなっているところは虫歯菌が大量に増えて溶かしている状態で、それだけ毒素が多いということなので口臭が起きたりします。
口臭を発生しながら増殖した細菌は進行した虫歯をさらに侵し続け体内へと入り、全身へ影響を及ぼします。
人間の免疫力がどんなに必死に戦っていても、溶けた歯の骨から虫歯菌が血液に乗り全身に行き届きます。
そうなると、骨髄炎という病気になることがあります。
虫歯が進んで神経が死ぬと、あごの骨を侵しはじめ炎症が起き歯ぐきから血が出たり、膿んだりします。
さらに進んでしまうと、あごの歯髄に虫歯菌が感染し骨髄炎になることがあります。
この骨髄炎が進むと虫歯菌は全身に運搬されます。
この状態が長期間続くと血液が腐敗してしまう敗血症を起こし、多臓器不全になり最悪死亡することもあります。
つまり、たかが虫歯・・と思いがちですが、虫歯菌や歯周病菌によって命にかかわる恐ろしい病気になることがある・・ということですね。

進行度別虫歯の治療法

・C0の治療法
この場合、まだ虫歯にはなっていませんが、なりかけの状態で歯が脱灰して白くなっているところが見受けられます。
治療としてはこの段階の場合は削らずに自然治癒を促進することが多いです。
自然治癒を促すとは歯の再石灰化を促進することを言います。
食事をするとお口の中の細菌が酸を排出し脱灰という状態になります。
すると、歯の表面にあるハイドロキシアパタイトという成分が溶け出しますが、酸を唾液が中和し再石灰化するため虫歯にならないと言われています。
ただ、この過程がうまく進まないと虫歯になるため、フッ素を塗布して再石灰化を促進するのです。

・C1の治療法

この状態になると虫歯になって小さな穴が開いているはずです。
歯の表面には黒や茶色に変色した虫歯がありますが、まだ歯の最も外側にあるエナメル質にとどまっているため、痛みはないはずです。
ただ、この状態だと冷たいものを摂った時にしみることがあります。
治療方法としてはまだ虫歯が浅い場合はフッ素を塗って様子を見ますが、歯ブラシが行き届かなければ自然に治癒しないので削るしかありません。
虫歯の部分を完全にきれいに取り除くように削り、型取りをして詰めものを入れます。
詰めものの素材としてはレジンやセラミックなどがあります。

・C2の治療

この段階の虫歯はエナメル質の下にある象牙質にまで達しており、ここまでくると温かいものがしみたりしますし、痛みがある場合があります。
治療法はC1と同様で、虫歯が残らないよう完全に削り取り型を取って詰めものをしていきます。
麻酔を使わないと痛みが起こるため、たいていは麻酔をするようですね。
歯は削れば削るほど寿命が短くなると言われていますが、ここまで進んでしまうと歯を削る量を少なくできるため、寿命を延ばすことが可能です。
この段階だと軽度なので1~2回の通院で済みそうです。

・C3の治療

ここまで進んでしまうとかなり歯が失われている状態・・と言ってもいいでしょう。
虫歯はエナメル質から象牙質、歯髄にまで届いており、痛みがあり中には強い痛みを感じる方もいるほどです。
人によっては鎮痛剤を飲まなくてはいけないこともあります。
治療法としては歯の神経が侵されているかもしれないので、まずは神経を取り除くか除菌する必要があります。
レントゲンを撮って虫歯の状態を検査しますが、ここまでくると必ず麻酔が必要になります。
さらに、虫歯をきれいに削って歯根の中にある歯髄を専用の器具を使って消毒し、その後歯根の中に薬剤を詰めて仮のふたをします。
麻酔が切れて痛みが起こった時のために鎮痛剤を処方されるでしょう
数回この治療を繰り返した後、歯根がきれいになれば最終的に薬剤を入れて詰めます。
ただ、薬剤がきれいに詰められているかを調べるため再度レントゲンを撮って型取りをし、被せものをして終了です。
この虫歯の場合根の治療に時間が必要なので5~6回は通院しなければならないでしょう。

・C4の治療

これは最も重度な虫歯です。
歯冠部がすでに溶けてしまって歯根しか残っていない状態で、神経がすでに死んでいるため痛みを感じることは全くありません。
ただ、痛くないからと放っておくのは絶対にいけません。
歯根に虫歯菌が侵入してしまうと化膿することがあるからで、すぐにクリニックを受診した方がいいでしょう。
ここまで進んでしまうと通常の治療は不可能になり、歯を残すことはできないでしょう。
歯冠が少しでも残っていたり、歯根がしっかりしていれば治療を行って被せものをすることができるでしょうが、すっかり歯が溶けている場合は歯を抜き補てんする治療法しかありません。
たとえば、インプラントや入れ歯、ブリッジなどでですね。
どの補てん物を入れるかによって治療回数が違ってきますが、ブリッジや入れ歯の場合は4~6回程度で済みます。
ただ、インプラント治療になると6~8回程度は通院する必要がありそうですね。

まとめ

虫歯になったら何より早い段階で発見してクリニックに行くことが重要です。
放っておいて虫歯や全身の健康にメリットなど何もありません。
長期間放っておいても虫歯は膿んだり、痛みが起きたりするほかに想像以上に大きな虫歯になっていたり、治療の選択肢が狭まったり・・とデメリットしかありません。
まだ虫歯が小さいうちにクリニックで診てもらい、歯をなくしてしまうリスクを少しでもなくしたいものですね。
ぜひ、ここでご紹介したことを参考にしていただき、一生ご自分の歯で過ごせるようにしていただきたいです!
みなさんが一生ご自分の歯で健康的な生活を送れるよう願っています!

関連記事

【ホワイトニングまとめ】知っておきたいホワイトニングの危険性について

歯を白く美しくするホワイトニング。黄ばんだ歯が簡単に白くなるので人気がありますよね。 しかし、ホワイトニングは専用の薬剤を使用して歯を漂白し

意外と知らない歯並びのこと!歯並びが悪くなる原因と改善法

歯並びは、遺伝的な要因により悪くなると考えている方が多いですが、意外にも後天的な要因によって歯並びが悪くなる場合があります。 ここでは、意外

良い歯並びと悪い歯並びの違い!矯正のメリット

近年、歯並びに悩んでいる方は意外と多いのですが、中にはご自身が良い歯並びなのか悪い歯並びなのか分からないという方もいます。 今回は、良い歯並

すきっ歯になるのは原因がある!?歯科医院でのすきっ歯治療法とは?

歯に隙間がある、いわゆる「すきっ歯」。 隙間があると周りの目が気になって口元を手で隠したり、口を開けて笑うのに抵抗があったりとコンプレックス

憧れの整った歯並びに!矯正治療の種類を知ろう!

歯科矯正は子供が行うイメージがあるかもしれませんが、大人になってから始める方もたくさんいます。ガタガタの歯並びが気になる方は、矯正治療で歯並