BeautyBeauty

短期間で歯並びを美しくしたい方必見!プチ矯正の特徴

 

はじめに

歯並び全体ではなく、前歯の一部分だけを矯正したい・・という方は多いはず。
矯正治療と聞くと、歯全体に矯正装置を装着するものと思いますが、部分的に矯正装置を装着して治療することもできます。
プチ矯正とはこういった希望に応えられる治療法で、ここではそんなプチ矯正の特徴やメリットなどについてご紹介します。
もし、これを読んでもプチ矯正について分からないことがあったら、ぜひ信頼できるクリニックで相談してみましょう。

プチ矯正とは

そもそもプチ矯正とは歯全体に矯正装置を装着し治療する全体矯正とは違い、噛み合わせや歯並びに問題があるところだけに付けて矯正する治療法です。
全体矯正と比べると3分の1程度の費用で治療ができ、装置を付けることでの不快感や期間が短いのが特徴です。
主に前歯の矯正治療に行われることが多いですが、奥歯や他の歯に行うこともあります。
プチ矯正は手軽に矯正治療が行えるため、最近では治療を行う方が増えている魅力的な矯正方法だと言えます。

プチ矯正の特徴

・気になるところを矯正できる
前歯のでこぼこや重なりなど、人目につきやすいところを集中的に治療できます。
全体矯正とは違い、歯並び全体の噛み合わせを治療することは不可能ですが、前歯のゆがみがよくなるため前歯の噛み合わせもよくなります。

・治療期間が短くて済む
歯全体にブラケットを装着する全体矯正だと治療期間は2~3年程度かかりますが、プチ矯正だと部分的に矯正するだけですので、半年~1年程度で済むのがメリットです。

・違和感や痛みがない
全体矯正だと歯並び全体を移動させるため、矯正装置を付けたばかりのころは歯が浮くような感じや違和感があるものです。
ですが、プチ矯正だと治療範囲が狭いため全体矯正と比べると違和感や痛みが少なくて済みます。

・治療費が安く済む
歯の表側全体にブラケットを装着する全体矯正だと費用は80万円程度かかりますが、プチ矯正なら動かす歯の数によって差はありますが5~30万円程度と安く済みます。

・印象がかなりよくなる
上の前歯は特に一目につきやすいところですので、気になるところがよくなるだけでも人から見られた時のイメージがかなりよくなります。
たとえば、結婚式や就職活動など人生の大きな行事を迎える前に治療するのに適しています。

プチ矯正と全体矯正との違い

プチ矯正と全体矯正の違いは矯正装置を全体に付けるか、一部だけに付けるかということで、そのため矯正費用にかなり差があります。
矯正装置を装着する範囲が狭いので、違和感がないのも大きな違いだと言えるでしょう。

プチ矯正の治療の流れ

・カウンセリング&精密検査
治療を開始する前に歯並びの気になるところをどのように治療したいのかなど、カウンセリングで伝えます。
カウンセリングを行ったら、それを元に精密検査を行ってプチ矯正ができるかどうかを検査の結果を元に歯科医師が判断しますが、プチ矯正ができないと判断した場合にはそれまでに支払った治療費用が戻らないこともあるため注意しましょう。

・矯正装置の選択
プチ矯正には治療法がいくつかあるため、矯正装置を付けるための費用や期間もそれぞれ違っています。
まず、マルチブラケット矯正はワイヤーを使った金属製の矯正装置のことです。
ほとんどの方矯正装置と聞くと、このマルチブラケット装置をイメージするはずです。
この矯正法だと費用は20万円程度で、装着する期間は3か月程度のことが多いです。
目立たない透明のものや歯の裏側に装着するものもありますが、見た目を重視した場合は費用が高くつきます。
いっぽうで、マウスピース矯正は軽度の歯並びの悪さやすきっ歯などに効果的な矯正法です。
マウスピースを作り替えながら、少しずつ歯を移動させていきます。
費用は40万円程度で、装着期間は半年程度のことが多いです。

プチ矯正が向いている方とは

歯並び全体はさほど悪くないものの、狭いところに歯が重なっている、笑った時に前歯が出ている、以前行った矯正が後戻りした・・など、気になるところだけを矯正するのがプチ矯正です。
このような場合、見た目以外にも噛んだ時うまく上下の歯同士が噛み合わないので噛む力が弱まってしまう・・などのトラブルもありますが、プチ矯正によってこういった点も改善できます。
さらに、以前矯正したものの一部後戻りした、仕事や家事が忙しく時間がないので部分的に気になるところだけ治療をしたい、イベントに間に合わせたい・・などの方にもおススメの矯正法です。
部分矯正だと費用も全体矯正に比べて安く済み、期間も短くて済むので時間があまりない方にもおすすめできます。

プチ矯正に向いていない方

部分矯正はメリットの多い矯正治療ですが、不向きな方もいるにはいます。
このことを知っておけば、治療した後で思わぬトラブルを避けることができるでしょう。
具体的に言うと、前歯の凸凹がひどい場合や上の前歯を矯正したいけれど下の前歯と接触している・・などのケースがあります。
さらに、上下の歯の凸凹があまりに違う場合や、骨格的にトラブルがある方もプチ矯正には向いていません。
意外なのが八重歯には向いていないという点でしょう。
また、プチ矯正に向いている方だったとしても、仕上がりに完璧さを追求する方は向いていないと言えます。
なので、クリニックでよく相談した上でプチ矯正が向いていない方や完璧を追求したい方はどういったケースでも対応可能な全体矯正を考えてみることも大切です。

 

まとめ

歯並び全体を大きく移動させなくても、気になる部分だけを治療できるならプチ矯正は治療期間も短くて済み費用も安く済むためかなり魅力ある治療法だと言えるでしょう。
前歯の前後の重なりやすき間、ちょっとした捻れなどがよくなるだけでも見た目にはかなり美しくなるはずです。
さらに、早く歯並びをきれいにしたいという方にとってはこれ以上の矯正法はないと言ってもいいでしょう。
ただ、プチ矯正ではよくならない歯並びもあるため、前もって精密検査を受けていただき、どの程度歯並びが改善するのかをクリニックで相談してみることをおススメします!
みなさんがプチ矯正で理想の歯並びを手に入れられることを願っております!

関連記事

【ホワイトニングまとめ】知っておきたいホワイトニングの危険性について

歯を白く美しくするホワイトニング。黄ばんだ歯が簡単に白くなるので人気がありますよね。 しかし、ホワイトニングは専用の薬剤を使用して歯を漂白し

意外と知らない歯並びのこと!歯並びが悪くなる原因と改善法

歯並びは、遺伝的な要因により悪くなると考えている方が多いですが、意外にも後天的な要因によって歯並びが悪くなる場合があります。 ここでは、意外

良い歯並びと悪い歯並びの違い!矯正のメリット

近年、歯並びに悩んでいる方は意外と多いのですが、中にはご自身が良い歯並びなのか悪い歯並びなのか分からないという方もいます。 今回は、良い歯並

すきっ歯になるのは原因がある!?歯科医院でのすきっ歯治療法とは?

歯に隙間がある、いわゆる「すきっ歯」。 隙間があると周りの目が気になって口元を手で隠したり、口を開けて笑うのに抵抗があったりとコンプレックス

憧れの整った歯並びに!矯正治療の種類を知ろう!

歯科矯正は子供が行うイメージがあるかもしれませんが、大人になってから始める方もたくさんいます。ガタガタの歯並びが気になる方は、矯正治療で歯並