BeautyBeauty

今話題の審美歯科って何?美しさを求める方のための審美歯科

 

あなたは笑顔に自信がありますか?

笑ったときに銀色の歯が見えたり、歯の色がくすんでいると、せっかくの笑顔が台無しになってしまいます。

魅力的な笑顔を作り出すのは、白く美しい口元です。

ただ悪い箇所を治療するだけでは美しい口元を作り出せません。

美しい歯や口元を追求した歯科治療を「審美歯科」と言いますが、この審美治療とはいったいどんな治療でしょうか。

 

 

審美歯科とは

保険で虫歯治療を行なうと、適用できる素材は限られているため、銀色の詰め物や被せ物が使われます。

保険治療は費用が抑えられるため、経済的にはとてもメリットと言えます。

しかし美しさはどうでしょう。

笑ったときや口を開けたときに銀歯が見えてしまうと、機能面は回復することができても綺麗な口元とは言えません。

また長年服用したテトラサイクリン系抗生物質の影響による歯の黒ずみや、歯と歯の間の隙間など、機能だけではなく、歯の美しさに関する悩みは様々です。

保険治療はあくまで歯の修復目的です。

これに対し、見た目の美しさと高い機能性を重視した治療を「審美歯科」と言います。

 

 

美しい口元を作り出す審美歯科

では、歯の機能回復と美しさを求めた審美歯科では、どのような治療法があるのでしょうか。

審美歯科では個々の希望に応じた色々な治療を行なうことができます。

 

セラミック治療

セラミックは、陶器と同じ素材で、審美性と強度に優れています。

保険を使った虫歯治療では、詰め物や被せ物、土台に金属を使いますが、審美歯科では白いセラミックを使用します。

小さな虫歯にはセラミックインレーと呼ばれる白い詰め物を使います。

また深い虫歯にはセラミッククラウンと呼ばれる白い被せ物が使われ、土台も金属ではなく、ファイバーコアという白く柔軟性のあるものを用います。

このクラウンは、全てがセラミックで作られているオールセラミッククラウン、裏側にジルコニアを使い、審美性と、特に強度に大変優れたジルコニアセラミッククラウン、内側が金属で外側にセラミックを焼き付けた強度の高いメタルボンドがあります。

特にオールセラミック、ジルコニアセラミックは金属を一切使いません。

セラミックは体に優しい素材のため、アレルギーが起きにくく、金属アレルギーの方にも安心して使うことができます。

どれも耐久性に優れ、天然の歯の色に近いですが、メタルボンドは内側に金属を使用しているため、オールセラミックなどに比べると透明度が劣ります。

また年月が経つと歯茎に変色が見られることもあり、特に前歯に使用すると歯ぐきの変色が目立つことがあります。

 

ラミネートベニア

ラミネートベニアというセラミック治療法があります。

これは歯と歯の間の隙間が気になる方、歯の大きさを微妙に変えたい方にお勧めの治療法です。

また抗生物質の長期服用による副作用として歯の変色、エナメル質形成不全による変色などは、ホワイトニングではほとんど白くなりません。

このような場合、ラミネートベニアはとても有効手段です。

ラミネートベニアは、自分の歯を薄く削り、薄い着け爪のような薄く削ったセラミックを専用の接着剤で歯に貼り付ける方法で、通院回数もそれほどかかりません。

 

ホワイトニング

歯の色の黄ばみやくすみも気になりますよね。

またもっと歯を白くしたい!という人もたくさんいらっしゃいます。

そこでラミネートベニアのように歯を削らない方法として、ホワイトニングがあります。

ホワイトニングには歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と、自宅で行なう「ホームホワイトニング」があり、それぞれに特徴があります。

オフィスホワイトニングは濃度の濃い薬剤を使って歯を白くする方法で、即効性があります。

その反面、持続期間が3~6ヶ月と短く、その後歯の色が元に戻りやすいデメリットがあります。

一方ホームホワイトニングは、自宅で専用ジェルとマウスピースを使って自分で行います。

オフィスホワイトニングと比べると即効性はありませんが、持続期間が1~2年と長く、自宅で気軽にホワイトニングを行ないたい方に向く方法です。

またオフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用した「デュアルホワイトニング」もあり、白さを長持ちさせる方法もあります。

その他下がってしまった歯茎の再生治療や色素沈着、また差し歯の長さや大きさに違和感を感じる場合も審美治療で治すことが可能です。

 

 

全体的なバランスを考えて行なわれる審美歯科

審美歯科は、見た目の美しさとともに、歯並びや噛み合わせも考えながら全体的なバランスも整えます。

前歯に綺麗なセラミックを入れても、歯並びや噛み合わせがずれていると、セラミックの白さだけが妙に浮き立ち、違和感が出てしまうことがあります。

このような場合は部分矯正を行ってからセラミック治療を行なうなど、口元全体のバランスを考えて、美しく仕上げます。

歯や歯ぐきの状態を整えることも審美歯科治療を行なう上でとても重要です。

根の治療をきちんと行なうことや、歯周病の場合はまず歯周病治療を行うなど、お口全体の調子を整えることで、より審美治療の効果を得ることが出来ます。

そして定期的なメンテナンスを行い、クリーニングのほか噛み合わせや口腔内の異常などの早期発見など、トータルの美しさを保つことができることも審美歯科の特徴です。

審美歯科は、機能性だけではなく、美しく口の中を整えることを目的とした治療です。

美しさを追求した審美歯科で、もっと輝く笑顔を手に入れましょう。

関連記事

【ホワイトニングまとめ】知っておきたいホワイトニングの危険性について

歯を白く美しくするホワイトニング。黄ばんだ歯が簡単に白くなるので人気がありますよね。 しかし、ホワイトニングは専用の薬剤を使用して歯を漂白し

意外と知らない歯並びのこと!歯並びが悪くなる原因と改善法

歯並びは、遺伝的な要因により悪くなると考えている方が多いですが、意外にも後天的な要因によって歯並びが悪くなる場合があります。 ここでは、意外

良い歯並びと悪い歯並びの違い!矯正のメリット

近年、歯並びに悩んでいる方は意外と多いのですが、中にはご自身が良い歯並びなのか悪い歯並びなのか分からないという方もいます。 今回は、良い歯並

すきっ歯になるのは原因がある!?歯科医院でのすきっ歯治療法とは?

歯に隙間がある、いわゆる「すきっ歯」。 隙間があると周りの目が気になって口元を手で隠したり、口を開けて笑うのに抵抗があったりとコンプレックス

憧れの整った歯並びに!矯正治療の種類を知ろう!

歯科矯正は子供が行うイメージがあるかもしれませんが、大人になってから始める方もたくさんいます。ガタガタの歯並びが気になる方は、矯正治療で歯並