BeautyBeauty

矯正治療中に注意したいポイントとは

はじめに

矯正治療にはとても時間が掛かります。
その矯正治療中にトラブルが起きてしまうことがあり、注意するべきポイントがいくつかあります。
ここでは矯正治療中、どういったことに注意すればいいのかご説明したいと思いますので、これから矯正治療を行おうと思っている方や矯正治療中の方はぜひ読んでみてくださいね。

矯正治療中に注意するポイント

ここでは矯正治療中に注意したいポイントを挙げてみます。

硬い食べもの

矯正治療中でも絶対に食べてはいけないものなどありません。
矯正装置を付けた直後に痛みがあったり、硬いものが食べづらい場合は食事の内容を柔らかいものにするといいでしょう。
たとえば、茶わん蒸しやおかゆ、雑炊、うどん、湯豆腐・・などですね。
硬いものを食べてはいけないということではないですが、せっかく装着した矯正装置が外れたり、矯正装置に食べものが詰まり易くなるため注意が必要です。

粘着性のある食べもの

キャラメル、ガムのようなお菓子類やお餅などの粘着性のたかい食べ物は、装置に密着してしまいなかなか取れず、装置事外れてしまうこともありますし、歯磨き汚れを落としきれず装置に付着したまま虫歯の原因となることもあるため避けた方が良いでしょう。

矯正装置に挟まりやすい食べもの

麺類やミンチ、線維質の食べものは矯正装置に挟まりやすいため注意が必要です。
矯正装置はワイヤーなどの複雑なものなので、食べものが詰まりやすい構造になっています。
挟まってしまった食べもののかすを放っておくと、お口の中が不潔になり歯周病や虫歯、口臭の原因になるため注意が必要です。
矯正装置を付けている間はそうでない時よりこまめにお口の中を観察し歯磨きやうがいを行うようにしましょう。

装置に色が付きやすい食べもの

色が付きやすいコーヒーやワイン、カレーなどの食べののは矯正装置に使われている部品類に色が付きやすくなると言われています。
色が付くこと自体は矯正装置の劣化に関係ありませんが、見た目が気になるような場合には部品を取り替える直前に食べるといいでしょう。

虫歯になりやすい食べもの

矯正装置を装着している間は汚れがどうしても溜まりやすくなるので、虫歯になる確率が上がります。
きれいになった歯並びが虫歯だらけになっては意味がないですよね?
ですので、糖分の多いおやつなどは控えていただき、食べる場合にも食べ方に注意を払いましょう。
だらだらと食べたり、ジュースをよく飲んだりすると虫歯になる確率が上がるのでやめておきましょう。

 

クリニックでメンテナンスを受けましょう

矯正治療中は矯正装置の周りに汚れが溜まりやすくなっています。
歯周病や虫歯を防止するためにも正しいブラッシングは必要不可欠です。
歯磨きを行ったら、鏡を見てチェックすることをおススメします。
正しいブラッシング法がよくわからないという方はクリニックでブラッシング指導を受けていただき、他にもクリーニングやフッ素塗布などのメンテナンスを定期的に受けるようにしましょう。

矯正治療中の歯みがき

歯ブラシの選び方としてはさまざまな歯ブラシがある中で、矯正治療中におすすめの歯ブラシとしてワンタフトブラシや矯正用の歯ブラシなどが挙げられます。

これらはヘッド部分が小さくなっており、通常の歯ブラシでは届きづらいところもきれいにすることができます。
ワンタフトブラシは歯と歯のすき間などをきれいにできるのでおススメです。また、矯正用の歯ブラシには毛束が谷型と山型の2つがあります。
それぞれメリットがあるため、磨くところによって使い分けてみてはいかがでしょうか?
普通の歯ブラシしかないという方もいらっしゃるでしょう。
そういった場合にはヘッド部分がなるべく小さいもので、毛束が歯に細かく当てられるものを選びましょう。
お子さん用のものを使うと言いのでは?と思われるかもしれませんが、それだと奥歯の方までしっかりと磨けないことがあるので必ず大人用の中から選びましょう。
歯の裏側は歯と歯の間は歯ブラシの先の部分を使いていねいに磨きます。
矯正治療中であっても、矯正装置が付いていないところについては通常の歯ブラシを併用して磨いて下さいね。
また、矯正装置のくぼみ部分には特に食べもののかすが溜まりやすいと言われています。
歯に歯ブラシを45度に当てていただき、ブラケットの汚れをていねいに落としていきます。
歯全体を一気に磨こうとするのではなく、上下に分けてしっかりと磨いていきましょう。
歯と歯の間には歯ブラシを縦にあて磨いていきます。
ブラケットの向こうまでブラシを到達させるには歯ブラシの先の部分をうまく使うといいでしょう。
また、歯ブラシだけでは取り切れない歯と歯の間の汚れを取るには歯間ブラシやデンタルフロスなどの補助アイテムを使うことで効果が得られるでしょう。
この時、ブラシの部分が歯と歯ぐきの間にぴったりと付くように意識して磨きましょう。
歯1本1本をていねいに磨くことを意識して行います。

マウスウォッシュを使うのもおすすめ

歯磨きを行った後にマウスウォッシュで仕上げを行うことで歯周病や虫歯を予防することができ、お口の中の炎症を防止することも可能です。
また、歯磨きの前に使うことでマウスウォッシュに配合される成分の爽快感のせいで磨き残しに気づかないことがあるため、歯磨き後に使うようにしましょう。

まとめ

矯正治療中に注意するべきポイントについて詳しくご説明してみました。
矯正治療中は虫歯になりやすい環境です。
歯磨きを行う際には1本ずつていねいに磨いていきましょう。
特に歯と歯の間や歯と矯正装置の間はていねいに行いましょう。
矯正装置には食べもののかすや汚れが溜まりやすい状態なので、いつもよりしっかりていねいに時間をかけて歯磨きを行い、定期的にメンテナンスを受けるようにしましょう。
矯正治療が終ってきれいな歯並びを手に入れられる日をイメージしてしっかりケアしてくださいね!

関連記事

【ホワイトニングまとめ】知っておきたいホワイトニングの危険性について

歯を白く美しくするホワイトニング。黄ばんだ歯が簡単に白くなるので人気がありますよね。 しかし、ホワイトニングは専用の薬剤を使用して歯を漂白し

意外と知らない歯並びのこと!歯並びが悪くなる原因と改善法

歯並びは、遺伝的な要因により悪くなると考えている方が多いですが、意外にも後天的な要因によって歯並びが悪くなる場合があります。 ここでは、意外

良い歯並びと悪い歯並びの違い!矯正のメリット

近年、歯並びに悩んでいる方は意外と多いのですが、中にはご自身が良い歯並びなのか悪い歯並びなのか分からないという方もいます。 今回は、良い歯並

すきっ歯になるのは原因がある!?歯科医院でのすきっ歯治療法とは?

歯に隙間がある、いわゆる「すきっ歯」。 隙間があると周りの目が気になって口元を手で隠したり、口を開けて笑うのに抵抗があったりとコンプレックス

憧れの整った歯並びに!矯正治療の種類を知ろう!

歯科矯正は子供が行うイメージがあるかもしれませんが、大人になってから始める方もたくさんいます。ガタガタの歯並びが気になる方は、矯正治療で歯並