BeautyBeauty

銀歯は嫌。そんなあなたに白くてキレイなセラミックのすすめ

笑ったときにちらっと見える銀歯や詰め物にコンプレックスを感じることはありませんか?

いくら前歯が白くても、奥のほうが銀歯だらけだと、人前で口を開けることが恥ずかしく、会話も楽しめなくなるかもしれません。

もっと笑顔に自信を持つためには白く美しいセラミックがおすすめです。

セラミックの優れた点を、保険適用の銀歯などと比較してみます。

 

 

保険治療による影響とは

虫歯治療で保険適用の治療を行うと、犬歯までの前3本は白いプラスチックの被せ物、それより奥の歯は銀色の詰め物や被せ物になります。

まず奥の歯についてお話します。

犬歯より奥の歯は、保険適用の治療を行う場合、銀色の金属の素材になります。

小さな虫歯の場合は白いプラスチックを詰めることがありますが、一般的には虫歯の部分を削ったあと型取りを行い、インレーと呼ばれる金属の詰め物を詰めます。

深い虫歯で神経まで達している場合、神経を取り根の中を綺麗にして金属の土台を立てたのち、クラウンと呼ばれる銀色の被せ物を被せます。

金属素材は強度に優れているため、強い力がかかる部位に適しています。

しかし土台が金属の場合、強度が強いゆえ歯や歯の根にかかる負担が大きく、歯が折れてしまう可能性があります。

 

前歯は硬質レジン前装冠というプラスチック製の白い被せ物を着けることができるため、見た目は白い歯です。

しかし前歯の被せ物は年数が経つにつれ、黄色く変色し、周囲の天然歯と比べてかなり目立ちます。

プラスチックは細かい傷がつきやすいため、どうしても汚れなどが溜まってしまうのです。

また内側は金属でできているため、透明感に劣るだけでなく、だんだん金属が溶け出し、歯ぐきの色が変色してきます。

また金属によるアレルギーの心配もあります。

 

そして金属を使った治療で最大のデメリットは、再び虫歯になりやすいことです。

いちど虫歯治療を行った歯が再び虫歯になることを二次カリエスと言いますが、銀歯や詰め物の下で虫歯が広がり、再治療を繰り返すことで最悪の場合、歯を失うことになりかねません。

この二次カリエスになる原因は、金属が劣化すること、そして金属と歯を接着しているセメントが唾液により溶け出すことで隙間ができてしまうことです。

そこから虫歯菌が侵入し、歯の内部が虫歯になってしまうのです。

金属と歯は性質上、どうしてもぴったりと密着しにくいため、どうしても唾液によってセメントが溶けてしまいます。

残念ながら二次カリエスは繰り返しやすいため、再治療をするたびに悪くなっていきます。

 

このように、見た目はもちろん、虫歯を繰り返しやすいことから銀歯や銀の詰め物は避けたいところです。

保険適用のため、安価で治療出来る事はメリットですが、長い目で見ると、様々な問題が起きやすい治療法と言えます。

 

 

審美的にとても優れているセラミック 

ではセラミックはどうでしょうか。

セラミック治療の優れているところはたくさんありますが、なんといっても見た目が美しいことがいちばんの理由でしょう。

自分の歯に近い白さや透明感は、自然な美しさを作り出してくれます。

歯ぐきとの境目も違和感を全く感じません。

保険治療では金属の土台の影響で年数が経つと黒ずんできますが、セラミックの場合は金属の土台を使わないため、そのような心配がありません。

詰め物も、自分の歯と一体化したような自然な仕上がりが特徴です。

セラミックは素材的に汚れが付着しにくく、傷もほとんどつきません。

経年劣化しないため、いつまでも綺麗な歯を保つことができます。

 

歯と歯のすき間が気になる方にも

歯と歯のすき間が気になる方にも、セラミック治療はおすすめです。

ラミネートベニアという治療法は、薄いセラミックを前歯に接着する方法です。

この方法は、テトラサイクリン系という抗生物質を服用した副作用で歯が濃いグレーや黄色に変色し、ホワイトニングでは改善できない歯に対してとても有効な方法です。

 

 

二次カリエスになりにくく、安心して使うことができる

またセラミック治療に使う土台は金属ではなく、ファイバーコアという白いものを使用するため、歯ぐきが黒ずむ心配がありません。

金属を使わないことで、アレルギーを起こさないことも特徴です。

長期間にわたり使用しても変色や素材の劣化がないため、安心して使うことができます。

 

保険治療において懸念される二次カリエスに関しても、実はセラミックで防ぐことができます。

金属と違い、セラミック治療に使うセメントは歯と非常になじみが良く、ぴったりと密着して歯と一体化するため、隙間ができずに虫歯菌の侵入を防ぎます。

銀歯からセラミックに変えることが二次カリエスを防ぐための最善の方法なのです。

 

見た目と歯の健康のためのセラミック

セラミックは、見た目の美しさはもちろん、歯の健康にも大きな役割を果たします。

セラミックは自費治療のため、保険治療の銀歯と比べると費用が高くなります。

しかし美しい口元、笑顔で会話を楽しむこと、そして歯の健康のことを考えたとき、銀歯では得られない満足感があるのではないでしょうか。

銀歯にコンプレックスを感じる方や繰り返す虫歯に悩む方は、是非セラミック治療を視野に入れてみて下さい。

関連記事

【ホワイトニングまとめ】知っておきたいホワイトニングの危険性について

歯を白く美しくするホワイトニング。黄ばんだ歯が簡単に白くなるので人気がありますよね。 しかし、ホワイトニングは専用の薬剤を使用して歯を漂白し

意外と知らない歯並びのこと!歯並びが悪くなる原因と改善法

歯並びは、遺伝的な要因により悪くなると考えている方が多いですが、意外にも後天的な要因によって歯並びが悪くなる場合があります。 ここでは、意外

良い歯並びと悪い歯並びの違い!矯正のメリット

近年、歯並びに悩んでいる方は意外と多いのですが、中にはご自身が良い歯並びなのか悪い歯並びなのか分からないという方もいます。 今回は、良い歯並

すきっ歯になるのは原因がある!?歯科医院でのすきっ歯治療法とは?

歯に隙間がある、いわゆる「すきっ歯」。 隙間があると周りの目が気になって口元を手で隠したり、口を開けて笑うのに抵抗があったりとコンプレックス

憧れの整った歯並びに!矯正治療の種類を知ろう!

歯科矯正は子供が行うイメージがあるかもしれませんが、大人になってから始める方もたくさんいます。ガタガタの歯並びが気になる方は、矯正治療で歯並