BeautyBeauty

すきっ歯になるのは原因がある!?歯科医院でのすきっ歯治療法とは?

歯に隙間がある、いわゆる「すきっ歯」。

隙間があると周りの目が気になって口元を手で隠したり、口を開けて笑うのに抵抗があったりとコンプレックスにつながる場合があります。そんなすきっ歯になるのは、実はちゃんとした原因があったのです。ここでは、気になるすきっ歯の原因や歯科医院でのすきっ歯治療法などについてご紹介します。

すきっ歯でお悩みの方はぜひ参考にしてくださいね。

すきっ歯について

すきっ歯とは、歯と歯の間に隙間ができている歯並びのことを指します。正しい名称は、歯間離開歯や空隙歯列などと言います。すきっ歯は、虫歯などが原因で隙間があいたわけではなく、自然に隙間ができているのです。

そんなすきっ歯は、隙間に食べかすが詰まって虫歯になりやすい傾向があるので注意しましょう。すきっ歯は歯科医院でキレイに治療することができます。

すきっ歯の原因

すきっ歯は、二つの主な原因があります。自分のすきっ歯が何でできたものなのか、原因を確認してみましょう。

生まれつきのすきっ歯

【歯が生まれつき小さい】

すきっ歯になっている箇所が、もともと生えてきた歯が小さかったり形が悪いと、歯と歯の間に隙間ができやすくなり、すきっ歯になる場合があります。

【歯とあごのバランスが悪い】

歯とあごのバランスが悪いと、歯と歯の間に隙間ができる場合があります。歯の大きさに対してあごが大きすぎたり、あごの大きさに対して歯が小さすぎるなどです。歯に隙間ができる部分は人によって異なり、全体的に隙間があったり前歯にだけ隙間があったりなど色々あります。

【生えてくる予定の歯が生えてこない】

成人の場合は、上下の永久歯の数を合わせると全部で28本になります。しかし、遺伝や何らかの原因によって、歯が不足している場合があるのです。また、歯が根元の周りやあごの骨の中に埋まったまま生えてこない場合もあります。

このように、本来あるべき場所に歯が生えてこないため、すきっ歯になってしまうのです。

生活習慣からなるすきっ歯

生まれつきだけではなく、幼いころからの習慣が原因ですきっ歯になる場合もあります。この場合は、原因となる生活習慣を治さない限り、治療をしてからもすきっ歯が再発する可能性があります。そのため、まずは原因となる習慣を知り、改善することが大切です。

【決まった体勢で寝ている】

人間の骨格は本来、あおむけで寝るように成長していきます。

幼いころから横向きやうつ伏せで寝ていると、歯列やあごの骨の歪みを引き起こす場合があります。また、全身の骨格が寝る体勢に合わせてゆがんでしまうのです。常に同じ方向をむいて寝ていると、骨格が歪み、あごにまで悪影響を与えてしまうでしょう。

毎日決まった体勢で眠る癖がついている方は、クッションやまくらなどを使って体勢を矯正するようにしましょう。

【頬杖をつく癖がある】

考え事をするときなどに頬杖をつく癖がある方も少なくありません。しかし、頬杖は顔の歪みを引き起こし、奥歯の噛み合わせにまで悪影響を与えてしまいます。

歯並びだけの問題ではなく、姿勢の悪さにもつながるので、頬杖がくせになっている方は意識して治すことが大切です。

【舌を前に押し出す癖がある】

食事をする際に、舌を前歯の裏側に押しあてて飲み込む癖がある方は、前歯がどんどん開いてしまい、すきっ歯を引き起こしてしまいます。

幼児期に指しゃぶりの癖がなかなか治らず、力を入れないと口を閉じることができない方や、出っ歯になっている方はこのような傾向があります。この場合、舌の癖を治すトレーニングが必要になります。しかし、成人になってからだとなかなか治らないので注意が必要です。

そのため、矯正によってすきっ歯を治療しても、この癖が治らないと再びすきっ歯が再発してしまうのです。

歯科医院で出来るすきっ歯の治療法

歯科医院では、すきっ歯を矯正治療などによって治すことができます。ここからは、すきっ歯の主な治療法をご紹介していきます。

マウスピース矯正

マウスピース矯正では、自分の歯型に合わせたマウスピースを定期的に交換しながら、歯の隙間を埋めていきます。マウスピースは透明で目立たないので、人目が気になるという方に向いています。

マウスピースは装着していないと効果が出ず、1日15時間以上の装着が必要です。これより装着時間が短いと、しっかり設計して作られたマウスピースが無駄になり、マウスピースを作り直す必要があるのです。また、マウスピース矯正はホワイトニングを同時に進めていくこともできます。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正では、歯の表側につける矯正装置を使って、ワイヤーの力で歯を動かしながら歯の隙間を徐々に埋めていきます。歯に矯正装置を装着し、両側から歯を中央に集めるように動かしていきます。歯がもともと足りない状態なので、歯を移動させるスペースがあり、抜歯することなくすきっ歯の治療ができるのです。

ワイヤー矯正は矯正装置を装着してしまえば、歯を動かす力が24時間作用します。そのため、マウスピース矯正に比べて治療期間が短くなるでしょう。

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングは天然歯を削らず、コンポジットレジンを直接盛り付けることですきっ歯を治していきます。変色や着色が起こる場合があるので、定期的に研磨する必要があります。

クラウン

クラウンはすでに詰め物が入っていたり、歯の神経が無くなっている場合に行われる治療法です。歯と歯の隙間を、セラミックのかぶせ物や差し歯で治していきます。歯を削ってかぶせ物をすることにより、歯の形や大きさを変え、すきっ歯の隙間を埋めるのです。

気になるすきっ歯は歯科医院で治療しよう

いかがでしたか?

すきっ歯の原因や歯科医院でのすきっ歯の治療法は理解できましたか?

すきっ歯は放置すると虫歯や歯周病につながる場合があります。

自分で治すことのできないすきっ歯は、早めに歯科医院で相談することがおすすめです。歯科医院では、様々な方法ですきっ歯を治療してくれます。自分のすきっ歯の症状やライフスタイルに合わせた治療法で、気になるすきっ歯を治療していきましょう。

すきっ歯が改善されると、口を開けて笑ったり、周りの目も気にならなくなりますよ!

関連記事

【ホワイトニングまとめ】知っておきたいホワイトニングの危険性について

歯を白く美しくするホワイトニング。黄ばんだ歯が簡単に白くなるので人気がありますよね。 しかし、ホワイトニングは専用の薬剤を使用して歯を漂白し

意外と知らない歯並びのこと!歯並びが悪くなる原因と改善法

歯並びは、遺伝的な要因により悪くなると考えている方が多いですが、意外にも後天的な要因によって歯並びが悪くなる場合があります。 ここでは、意外

良い歯並びと悪い歯並びの違い!矯正のメリット

近年、歯並びに悩んでいる方は意外と多いのですが、中にはご自身が良い歯並びなのか悪い歯並びなのか分からないという方もいます。 今回は、良い歯並

憧れの整った歯並びに!矯正治療の種類を知ろう!

歯科矯正は子供が行うイメージがあるかもしれませんが、大人になってから始める方もたくさんいます。ガタガタの歯並びが気になる方は、矯正治療で歯並

気を付けて!歯並びが悪くなる生活習慣とは?

キレイに整った歯並びは清潔感があって素敵ですよね。歯並びがキレイだと、口を開けて笑った時も印象がアップします。 しかし、歯並びは知らず知らず