BeautyBeauty

歯のかみ合わせは身体の不調を招く!あなたのかみ合わせは大丈夫ですか?

普段あまり気にすることがないかもしれませんが、歯の治療で重要なものの一つにかみ合わせがあります。

悪いかみ合わせを放置すると、ときとして全身症状までも引き起こし、日常生活に支障をきたすケースもあります。かみ合わせと治療法についてご紹介します。

こんな症状があったら要注意!

まず、かみ合わせが悪いのかどうかチェックしてみましょう。次のような症状があったら、かみ合わせにどこか問題があるかもしれません。

  • 話したり、物を食べたりするときにあごが痛い
  • 頬の内側を噛んでしまうことがよくある
  • あごを使うと異音がする
  • 大きな口を開けにくい
  • 左右の顔のバランスが悪い
  • 頭痛が治らない
  • 肩こりがひどい
  • 手のしびれがある
  • 耳鳴りがする
  • 消化不良で胃腸の具合が悪い

問題なのは、頭痛・肩こりなど一見歯やあごとは無関係に見える不定愁訴の原因が、実は悪いかみ合わせにあるケースがあるという点です。

かみ合わせが悪いと、知らない間に歯やあごだけでなく全身の不調も引き起こしてしまいます。

何度も繰り返す頭痛や、なかなか治らない肩こりなどに悩まれている方は、一度かみ合わせを調べてもらうことをおすすめします。

かみ合わせが悪くなる原因

かみ合わせが悪くなる原因は、実にたくさんあります。

  • 遺伝
  • 虫歯や歯周病
  • 抜歯していない親知らずが前の歯を押している
  • 舌の使い方に問題があり、歯におかしな力をかけてしまっている
  • 咀嚼力が強すぎる、もしくは物を噛む歯のバランスが悪い
  • 柔らかい物や固いものばかり食べるなど、食生活が偏っている
  • ほおづえや歯ぎしりなど、よくない生活習慣を持っている
  • 加齢に伴い歯茎がこけるなど、口腔内の環境が変わる

たとえわずかな力でも、毎日継続してかかることで歯とあごが動き、かみ合わせが崩れる原因になります。

毎日の小さなクセでも、長い間にはかみ合わせを悪くしてしまいます。

かみ合わせが悪いまま放置すると、関節がズレたまま歯やあごを使い続けるので大きな負担がかかり、痛みを伴うさまざまな症状が出るようになります。

ごく軽い症状であれば顎関節のマッサージなどで症状が緩和することもありますが、あくまで対症療法です。

かみ合わせを直さないかぎり、根本的な解決をのぞむことはできません。

正しいかみ合わせとは?

実は、正しいかみ合わせを持っている人はとても少ないのが現状です。

約8割は歯並びに何らかの問題があるというデータもあります。

食事など日常生活に支障がなければ、かみ合わせの悪さに気づくことも少ないため、知らない間に歯並びが乱れているケースが非常に多くなっています。

一般に、正しいかみ合わせのチェックポイントは次の点です。

  • 前後のバランス(出っ歯・受け口ではないか)
  • 左右のバランス(前歯の中心が上下で揃っているか)
  • 上下のバランス(歯の重なりが深すぎないか)
  • 横の歯並びが凸凹でないか
  • 口角の高さが左右で同じになっているか

よいかみ合わせとは、このように左右上下が自然にかみ合わさっていて、歯やあごに余計な負担がかからない状態をいいます。

かみ合わせが良くなるメリット

かみ合わせがよくなると、歯やあごだけでなく、全身にわたってよいことがたくさんあります。

  • 虫歯になりにくくなる
  • 顎関節症になりにくくなる
  • 発声・発音がよくなる
  • 口呼吸しなくなる
  • 姿勢が良くなる
  • 頭痛や肩こりなど不定愁訴が改善される
  • 消化が良くなり胃腸の調子が整う

かみ合わせを整えることは、心と体を健康に保つ上でとても大切なことといえるでしょう。

かみ合わせを直す方法

かみ合わせが少しくらい悪くても、特に痛みや不快な症状がなく、食事や会話に不都合もないようであれば、特に治療の必要はありません。

しかし、日常生活の中で困った症状がある場合には、かみ合わせの治療をすることをおすすめします。

補綴治療

悪いかみ合わせの原因が虫歯治療の詰め物などにある場合には、その部分の治療をし直します。

スプリント治療

顎関節症の症状がある場合には、スプリントと呼ばれるマウスピースを使って筋肉の緊張を軽減し、噛む力が歯に均等にかかるように直していきます。矯正治療の前に行うこともあります。

歯列矯正

かみ合わせは歯列矯正で直すことができます。

歯列矯正というと見た目を整えるものというイメージがあるかもしれませんが、歯の機能性を高めることも治療の大きな目的の一つで、歯並びと同時にかみ合わせも整えていきます。

矯正には、ブラケット矯正やマウスピース矯正など、いくつか方法があります。

日常生活に気をつける

たとえ矯正などでかみ合わせを直しても、日常生活を直さなければまた元に戻ってしまいます。

きれいな歯並びを維持するためには、次のようなことをしないように心がけましょう。

夜間の歯ぎしりなどに対してはマウスピースで予防する方法もありますので、歯科医に相談するとよいでしょう。

  • 歯ぎしり、食いしばりをしない
  • ほおづえをしない
  • 片噛みをしない
  • 爪を噛まない
  • うつ伏せで寝ない
  • 舌で歯をいじらない
  • 口呼吸をしない

まとめ

きれいな歯並びやかみ合わせは、見た目の美しさだけでなく全身の健康にも大きく影響します。

かみ合わせを整えることは、毎日を元気で美しく過ごし、生活の質を高めることにつながります。一度歯科医院でチェックしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

歯周病を改善できる!すぐに始めるべき方法とは

「最近、歯ぐきから血が出る・・・」 「歯ぐきが赤く腫れてきた・・・」 「歯ぐきがブヨブヨしてきた・・・」 こんな症状、ありませんでしょうか?

【自宅で出来る】気になる歯の黄ばみのケア方法

芸能人やモデルさんはみんな歯が白くて綺麗ですよね。 歯が白くて綺麗だと、清潔感があり、若々しく、爽やかに見えます。 また、白い歯は光を反射す