BeautyBeauty

コーヒーにタバコ…その「習慣」があなたの歯をしらないうちに蝕んでいるかも?!

 

はじめに

笑った時に歯の着色汚れが気になる時ってありませんか?
歯医者さんでクリーニングしてもらっても着色汚れはすぐついてしまうもの。
日ごろから丁寧に歯磨きしているつもりでも、効果がイマイチと感じている方も多いでしょう。
そんな着色汚れについてや、たばこやコーヒーなどの食習慣との関係についてここでご説明したいと思います。
ぜひ、ご参考になさってきただきいつまでもキレイな白い歯で過ごしていただきたいです!

着色汚れとは

着色汚れと言うと、たとえば毎日使っているコップや湯呑の洗いにくいところによくつく頑固な汚れをイメージするでしょう。
これはお茶やコーヒーなどに含まれているタンニンという成分によって起こるものだと言われています。
これが歯の表面にも同じように起こり、タンニンは鉄やカルシウムのような金属イオンやカルシウムなどと結合しやすい性質なので、食品中のいろいろな色素や有機物を歯の表面に沈着させて着色汚れとなるわけですね。
さらに、赤ワインなどの中に含まれているポリフェノールやたばこのヤニ、カレーの色素などの物質によっても歯の表面に着色汚れが付くそうです。
特に歯と歯の間や歯の裏、歯と歯茎との境目など歯ブラシが届きにくいところや、歯の表面のざらざらしたところにつきやすいと言われています。
ですので、ついてしまったこの着色汚れが落ちにくくなる前に毎食後丁寧に歯を磨きいつもキレイに保つことが大切です。
また、定期検診で歯のクリーニングを行ってくれるクリニックもあるので聞いてみてはいかがでしょうか?

 

歯の着色の原因とは

歯の変色によるもの

灰色っぽい、黒っぽい、黄色っぽいなどの歯が変色する原因とは、歯の内側からと外側からのものがあります。

外側からの原因とは

この原因にはウーロン茶や紅茶、コーヒー、赤ワインなどの飲み物によるもの、色素の強いカレーやミートソースなどの食べ物によるもの、たばこや漢方薬などの色素によるもの・・などが挙げられます。
その他にも虫歯によるものがあり、初期虫歯だと白く濁った色になりますし、進行していくと茶色っぽくなったり、黒っぽくなったりします。

内側からの原因とは

歯の内側から黄色くなる原因のほとんどは加齢によるものです。
歯には半透明のエナメル質の内側に黄色い層の象牙質があります。
この内側にはさらに神経と血管が通っており、生えたばかりの歯の象牙質は淡いクリーム色ですが、老化と共に新陳代謝によってこの色が濃くなっていきます。
さらに、毎日の歯磨きや歯ぎしりによってエナメル質は薄くなり、象牙質の色が強くなってきます。
これによって歯の色が徐々に黄色くなっていきます。紫外線によって歯の色が濃くなる場合もあるようですね。
年齢とは無関係に歯の神経を取ったり、神経が死んでしまっている場合にも象牙質が茶色くなることがあるようです。
これは栄養が歯に行き届かなくなったためであり、老化現象の一種だとも言われています。
テトラサイクリンという名前の抗生物質によっても象牙質の色が変色します。
永久歯の象牙質ができる乳児から7歳程度の間にこの抗生物質を長期間飲んでいると象牙質が色素沈着してしまい、歯の色が濃くなったり、歯に縞模様ができたりすると言われています。
薬の種類によって色もさまざまで、茶色やオレンジ、グレーなどがあり、
どれも色が濃い場合はホワイトニングやクリーニングだけで白くするのは難しいようですね。
他にも全身疾患により歯の色が変色することも。
また、エナメル質が形成する際に多量のフッ素を摂ると歯に白い斑点ができてしまったり、茶褐色になることがあります。
この斑点は、ホワイトニングにより逆に目立ってしまうことがあるので注意しましょう。
軽度の場合はホワイトニングで改善が可能ですが、大きい場合や茶褐色がひどい場合はホワイトニングで白くできないようです。

歯の内側からの変色は歯磨きだけでは取ることができません。
専門の歯科医院で一度相談することをおススメします。

歯の着色を防止する工夫とは

歯の着色汚れはいったんキレイにしてもちゃんとお手入れをしないと再度ついてしまうもの・・。
きれいになったな・・と思っても安心することなくお手入れを継続したいですよね。
なお、お手入れはセルフケアと歯科医のクリーニングを併用することが理想です。
また、日ごろから着色汚れの原因になるような飲み物や食べ物を取る際にはちょっとした工夫が必要です。
着色の原因になる色の濃い飲み物や食べ物を飲んだり食べたりした後そのままにしておくと色素沈着により着色汚れが付きます。
特にたばこのヤニはこびりつきやすいため注意が必要です。
たばこを吸ったら必ず歯を磨く、というくせをつけておけばたばこの本数も減らせるはずなのでおすすめ。
さらに、コーヒー赤やワイン、お茶などが好きな人は飲んだらすぐに水を含むようにするのがおすすめです。
それは色素をお口の中から洗い流す目的なので、なにも飲む必要はありません。
口の中に水がいきわたる程度で結構です。

自宅でできる着色汚れを落とす方法とは

  • 専用の消しゴムで歯をこする

    通販などで売られている歯の消しゴムはシリコンや研磨剤が入っているため着色汚れを少し取るにはいいですが、擦りすぎると歯の表面に傷がついてしまいさらに着色しやすくなります。
    なので、ほどほどにするようにしましょう。

  • ホワイトニング

    ホームホワイトニングのトレーを持っているなら自分で着色汚れを取ることができます。
    着色汚れが気になった時にホームホワイトニングを行っていただくと、歯が白くなると同時に着色汚れも落とすことができます。

まとめ

歯の着色汚れがあるとせっかくキレイにメイクをしていても口元の清潔感がなくなりイメージが悪くなります。
また、歯に着色汚れがあるということは歯磨きの方法が間違っているのかもしれません。
ただ、研磨剤入りの歯磨きであまり磨き過ぎると歯が傷ついてしまうので注意が必要です。
歯を常にキレイにしておくことは歯の健康を維持することと言ってもいいでしょう。
みなさんがいつまでも白くてキレイな歯でいられるよう願っています!

関連記事

親知らずの知っておきたい基礎知識

快適な生活に口内の健康は必要不可欠です。 しかし、どれ程口内ケアに気を遣っていても親知らずが変な方向に生えてしまった、歪んで生えてしまったな

歯周病と喫煙は関係している!?その理由と改善方法

歯周病とは、歯垢(プラーク)の中の細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。 歯と歯肉の境目(歯周ポケット)の清掃が行き届かないでいる

銀歯のにおいが気になる!においの原因と対策法とは?

誰でも、自分の口臭が気になるときがありますよね。口臭は、周りの人を不快な気持ちにさせてしまうので、できるだけ早く改善したいものです。 そんな

自分で出来る口臭チェック法&口臭改善法とは?

口臭が気になる方は意外と多いものです。「歯磨きをしっかりしているのに…歯磨き粉を変えたのに…口臭が治らない!」という方は、口臭の原因を知る必

歯周病が口臭の原因になる?いやな口臭の原因を探ろう!

歯磨きをしても口臭が気になる…という経験をしたことはありませんか? 自分の口臭が気になると、周りの人にまで不快な思いをさせているのでは…と気