BeautyBeauty

歯周病がもたらす全身への悪影響とは

はじめに

歯周病は歯の周りの病気なので、治療や研究については歯科医療分野のものだという認識でした。
歯周病は口の中の病気なので当然と言えば当然ですね。

ですが、最近発表された研究によると、今までのような考え方のままだと歯周病を正確にとらえることができないということが分かってきたのです。

歯周病は口の中で起きる病気ではなく、全身の健康状態にさまざまな悪影響を及ぼすことが分かってきたのです。

ここではそんな歯周病がどんな悪影響を全身に及ぼすのか、またその予防法などについてまとめてみました。

歯周病とは

食べかすなどから発生すると言われているプラークですが、その中にある歯周病菌によって起きるのが歯周病という病気です。

この症状としては、まず歯ぐきが腫れ歯磨きなどの時に出血したり、進行すると膿が出たりするのが一般的です。
さらに進んでしまうとあごの骨が溶けてしまい、結果的に歯が抜け落ちてしまいます。

なお、この歯周病は初期段階では自覚症状がほとんどないことで有名ですが、歯の違和感や痛みなどに気づいた時にはすでに重症化しています。

お口の中にはさまざまな細菌が棲んでおり、その中には体内に入り込んでしまうと重篤な疾病につながるものもあるそうです。
その代表的なものが歯周病菌で、体内になんらかの理由で侵入することでさまざまな病気の原因になると言われています。

歯周病は慢性疾患なので、いったん進んでしまうと完全に元通りにはできないと言われています。

この病気は自覚症状がほとんどなく、長期間かけて進行していくものですが、痛みや腫れなどがあってもしばらくすると消えてしまい治ったと勘違いしてしまうことさえあります。
また、クリニックで治療を受けても腫れや痛みがなくなってしまうと治療を途中でやめてしまう方もいるようです。

なので、気づいた時には手遅れになっており、歯を抜く事態になる場合もあります。

 bt-beauty.com 
歯周病で歯を失う!?歯周病になる原因とは
https://bt-beauty.com/98

歯周病の全身への悪影響

糖尿病

糖尿病は血糖を下げるインスリンが不足したり、うまく機能しなくなることによって高血糖状態が続く病気です。
血糖値が高いままだとさまざまな合併症が起きると言われており、糖尿病患者さんはそうでない人と比べると歯周病になる危険性が高まります。

歯周病を治療してお口の中の状態がよくなるとインスリンが働きやすくなり、血糖値が改善することもあるそうです。

心疾患

これは運動や食生活、ストレスなどが積み重なることによってひき起こる生活習慣病です。

歯周病になっている方はそうでない方に比べると、心疾患にかかる危険性が高まります。
また、歯周病が進行していればしているほどその発症リスクが高いと言われていて、その理由は歯周病により歯ぐきで作られた炎症性物質が血液を通じて心臓の血管に届くためだそうです。

脳梗塞

脳にある血管が詰まってしまったり、頸動脈や心臓から血の塊などがきて脳血管が詰まってしまう病気を言います。
この脳梗塞にかかる確率は歯周病の方はそうでない人と比べると3倍近く高くなるそうです。

ですので、中性脂肪やコレステロール値、血圧などが高い方は動脈疾患を防止するためにも歯周病を予防することが大切です。

骨粗しょう症

骨粗しょう症という病気は生活習慣によって骨がもろくなる病気のことで、骨がもろくなると歯を支えている歯周組織にも悪影響があると言われています。
一方、歯周病は歯を支えている歯ぐきを侵す病気で、歯槽骨が弱まると歯周組織が破壊されやすくなるので、骨粗しょう症は歯周病を悪化させるものだと認識されています。

早産低体重児出産

妊婦さんで歯周病にかかっている方はそうでない人と比べると低体重児を出産したり、早産になる可能性が高いと言われています。
妊娠しているとつわりがあるためお口の中のケアがおっくうになり、歯周病になりやすいです。

歯周病による炎症性物質が妊婦さんのへその緒を通して赤ちゃんに届いてしまうため、早産や低体重児出産のリスクが高まるそうです。

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)

器官や肺は咳などで体が反応することにより守られていますが、体の機能が衰えてしまうと食べものや自分の唾液などが肺に入ってしまうため肺炎を起こすことがあります。
これを誤嚥性肺炎と呼び、原因の主なものは唾液中の細菌だと言われています。

歯周病菌には肺炎の原因になるものが多いと言われているため、認知症や脳血管障害、高齢者、手術後の方、飲み込みがうまくできない方などは注意するようにしましょう。

 bt-beauty.com 
歯の健康を守る「デンタルフロス」のやり方とは?
https://bt-beauty.com/253

歯周病の予防法

では、歯周病を予防するために自分でできるケアにはどういったものがあるのでしょうか?

ブラッシング

第一に、歯周病の最大の原因である歯周病菌が活動しないようにプラークを溜めないことが重要です。
つまり、日ごろのブラッシングが大切なのです。

食生活の見直し

プラークが付きやすい甘いものや柔らかいものばかり食べない、だらだらと不規則に食べないことが大切です。
特に注意すべきなのは夜寝る前に甘いものを食べることだと言われています。

口呼吸を止める

鼻炎などの疾患があり、口呼吸を行っている方は耳鼻咽喉科で診てもらい治療するようにしましょう。

禁煙する

喫煙は歯周病を急激に悪化させることで知られています。
できれば禁煙することが望ましいです。

食いしばりや噛みしめを止める

食いしばり噛みしめのくせがある方は意識してやめるようにしましょう。
寝ている間に歯ぎしりするくせがある方はクリニックで予防用のマウスピースを作成してもらうことをおすすめします。

クリニックで歯石除去を

歯石はいったんついてしまうと日ごろのブラッシングで取り除くことは不可能です。
なので、クリニックに定期的に通い歯周病が進行する前に歯石を取ってもらうといいでしょう。

まとめ

歯をなくしてしまう最大の原因が歯周病ですが、歯の残っている本数が多い方ほど長生きできたり、認知症の確率が低いことが解明されてきました。
ご自分の健康な歯で一生食事や会話ができるよう歯周病の早期発見が重要です。

また、歯周病にならないよう日頃のセルフケアをきちんと行って下さいね!

関連記事

親知らずの知っておきたい基礎知識

快適な生活に口内の健康は必要不可欠です。 しかし、どれ程口内ケアに気を遣っていても親知らずが変な方向に生えてしまった、歪んで生えてしまったな

歯周病と喫煙は関係している!?その理由と改善方法

歯周病とは、歯垢(プラーク)の中の細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。 歯と歯肉の境目(歯周ポケット)の清掃が行き届かないでいる

銀歯のにおいが気になる!においの原因と対策法とは?

誰でも、自分の口臭が気になるときがありますよね。口臭は、周りの人を不快な気持ちにさせてしまうので、できるだけ早く改善したいものです。 そんな

自分で出来る口臭チェック法&口臭改善法とは?

口臭が気になる方は意外と多いものです。「歯磨きをしっかりしているのに…歯磨き粉を変えたのに…口臭が治らない!」という方は、口臭の原因を知る必

歯周病が口臭の原因になる?いやな口臭の原因を探ろう!

歯磨きをしても口臭が気になる…という経験をしたことはありませんか? 自分の口臭が気になると、周りの人にまで不快な思いをさせているのでは…と気