BeautyBeauty

あなたは大丈夫?口臭の原因と今からでもできる改善方法について

はじめに

自分の口臭は自分では気づきにくいものです。
でも、他人の口臭についてはかなり敏感に感じてしまいますよね?
もし、ご自分の口臭が気になるなら、その原因を探って対策を行うことが大切です。
口臭の原因にはさまざまなものがあるため、その原因を把握した上で日ごろのケアを行いましょう。
そうすれば、きっと口臭を防止できるはずです。
ここでは口臭が起こる原因や対策などについてご紹介しますので、ぜひ読んでみて下さいね!

口臭の原因とは

ニオイの強い食べ物

私たちが食事をする際、ニオイの強いものを摂ることは多いですよね?
ニオイの強いものを食べる言うとたとえば玉ねぎやニンニク、コーヒーやニラ・・などがありますが、中でもニンニクはとてもニオイがきついです。
ですが、ニンニク自体は大変おいしいですし活力の元にもなり、風邪などを防止できるありがたい食品です。
ニンニクの中にはアリシンと言われる臭いの元となる成分が含まれており、食べると口臭の原因となります。
ですので、会社の大切な打ち合わせや接待、デートの前などには控えておきたいですね。
また、お酒を飲んで家に帰るとお酒臭い・・と家族に言われたりしませんか?
日本酒やビールなどのアルコール類もあまり摂りすぎると口臭の原因になり、消すにはかなり時間が必要になります。

歯周病

歯周病とは、プラークと呼ばれる細菌が歯肉に炎症を起こさせ、やがては歯を支える骨を溶かしてしまう病気です。この状態を放置していると、最終的には歯を失う原因となる怖い病気です。
この歯周病の原因でもある、膿や歯に付着したプラークが強烈な臭いを発し、キツイ口臭を引き起こします。
歯周病は早めの治療が一番大切です。ご自身で判断するのではなく、歯科医院を受診してください。

 

虫歯揮

虫歯も歯周病と同様プラークが原因ですが、歯周病と違うところは虫歯が進んで穴があいたところにプラークが溜まってしまい、それが進むと口臭の原因になる点です。

舌の汚れ

ご自分の下をチェックしていただき、白い苔があるような状態だとそれは舌苔という細菌の塊です。
これができる原因は食べもののかすが舌に残って苔のように変わっていくからだそうです。
さらに、口呼吸を行うことでお口の中が乾燥してしまい、汚れが洗い流されずに残ってしまうこともあります。

口臭を防ぐには

ニオイの強いものを避ける

口臭を防止するにはまず、ニオイの強い食事の摂り過ぎを避けることでしょう。
たとえば、ニラやニンニクなどに含まれている悪臭成分は胃で消化された後、血液に乗って体中をめぐると言われています。
さらに、汗となって排出されるため体臭が強くなり、肺を通じて息として排出されるので口臭になります。
ただ、ほとんどが16時間程度でニオイが弱くなると言われていますので、大切な日の前の夜は避けておいた方が無難でしょう。

マウスウォッシュを使う

マウスウォッシュを使うことも効果があります。
洗浄成分が汚れを浮かして洗い流してくれ、におい吸着成分によっていやなにおいの原因を吸着し取り除いてくれます。人と会う前に使うといいでしょう。
最近ではさまざまな種類のマウスウォッシュが市販されているので、ドラッグストアなどで購入し日ごろからかばんに入れておきましょう。

舌の掃除をする

口臭の元になる揮発性硫黄化合物は舌の上で主に作られるそうです。
その理由は舌の上には食べかすや古くなった細胞などが付いた舌苔を細菌が分解し、いやなニオイを放っているからですね。
なので、1日に1度は舌ブラシを使って舌のお掃除をするようにしましょう。
歯で舌を磨く方も多いでしょうが、舌の表面にある舌乳頭の突起部分がちぎれてしまい出血することもあります。
口臭の原因となっている原因菌は血液の中のたんぱく質がとても好きなので、ちょっとした出血であっても口臭の原因になることがあります。

デンタルフロスや歯間ブラシを使う

歯と歯の間には口臭の原因になる細菌がすんでいますが、残念なことにその部分は歯ブラシだけでは取り除けません。
歯磨きを行った後必ずデンタルフロスや歯間ブラシを使うようにしましょう。

唾液の分泌を促進する食事をする

日ごろから柔らかいものばかり摂っているとよく噛まなくなるため、口の周りの筋肉が衰えてしまい唾液の分泌量が減っていきます。
噛みごたえのあるものは1回当たり30回以上噛んで食べると効果があります。

クリニックで口臭を防止する方法

歯周病治療

歯周病菌のほとんどは歯周ポケットというところにあり、唾液や血液、食べもののかすなどに含まれているたんぱく質を分解し口臭を発生させます。
また、歯周病は知らない間にどんどん進行してしまうので歯を磨いた時に血が出たり、歯ぐきが腫れたり歯がぐらぐらしている場合には気づかないうちに口臭が起きているかもしれません。
歯周病になると初期段階でも口臭が起きるので、早期治療が望ましいです。

虫歯治療

虫歯が進んで歯に大きな穴が開いている、詰めものが取れてそのまま放ってあると歯磨きしようとしてもうまく磨けず細菌が発酵してしまい口臭の原因になります。
なので、虫歯治療を行って細菌のすみかをなくせば口臭を防止できるはずです。

親知らずの抜歯

親しらずが横向きや斜めに生えている場合、そこに食べもののカスが詰まりやすくなります。
また、親知らずは一番奥にあるため歯磨きしづらく口臭や虫歯が知らない間に進んでしまっていたりします。
つまり、トラブルの原因となる親知らずを早めに抜いておくことで口臭だけでなく歯周病や虫歯まで防ぐことができるのです。

まとめ

いかがだったでしょうか?
現代社会では口臭を防ぐことはもはやエチケットだと言ってもいいでしょう。
ですが、口臭は自分ではなかなか気づかないものなので、日ごろから予防しておきたいものです。
日ごろのお口のケアだけでなくかかりつけのクリニックに定期的に行っていただき、お口の中の状態をチェックしてもらいましょう。
歯科医師や歯科衛生士さんはご自分で見逃してしまうようなところを専用の器具を使って診てくれます。
虫歯や歯周病ではなくても口臭が気になるということでも予約を取ることができますので、ぜひ一度チェックしてもらって下さいね!
口臭を防止できれば人間関係にもきっといい影響があるはずです!

関連記事

親知らずの知っておきたい基礎知識

快適な生活に口内の健康は必要不可欠です。 しかし、どれ程口内ケアに気を遣っていても親知らずが変な方向に生えてしまった、歪んで生えてしまったな

歯周病と喫煙は関係している!?その理由と改善方法

歯周病とは、歯垢(プラーク)の中の細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。 歯と歯肉の境目(歯周ポケット)の清掃が行き届かないでいる

銀歯のにおいが気になる!においの原因と対策法とは?

誰でも、自分の口臭が気になるときがありますよね。口臭は、周りの人を不快な気持ちにさせてしまうので、できるだけ早く改善したいものです。 そんな

自分で出来る口臭チェック法&口臭改善法とは?

口臭が気になる方は意外と多いものです。「歯磨きをしっかりしているのに…歯磨き粉を変えたのに…口臭が治らない!」という方は、口臭の原因を知る必

歯周病が口臭の原因になる?いやな口臭の原因を探ろう!

歯磨きをしても口臭が気になる…という経験をしたことはありませんか? 自分の口臭が気になると、周りの人にまで不快な思いをさせているのでは…と気