BeautyBeauty

歯がしみる・・・知覚過敏の基礎知識

はじめに

知覚過敏とは冷たい飲み物や食べ物、甘いものを摂ったり、歯ブラシが歯に当たったりした時に感じる痛みのことで、虫歯や歯髄の炎症が伴わないものを言います。
エナメル質がはがれ、象牙質が露出した時に起こると言われています。
この知覚過敏についてさまざまな基礎知識をここでご紹介してみますので、今後のご参考にしてみて下さい。

歯がしみるメカニズムとは

歯の内部は人間の体の中で最も硬いエナメル質に保護されていますが、エナメル質がなんらかの理由で削られてしまうと神経がある象牙質が露出してしまい、歯髄と言われる歯の神経に繋がっている象牙細管の穴も露出すると言われています。
この部分から冷たいものや熱いものの刺激が伝わり歯がしみる・・と感じるのが知覚過敏のメカニズムです。
中には冷たい風に当たっただけでもしみることがあります。

知覚過敏の原因

・ブラッシングの仕方がよくない
力をむだに入れすぎると歯ぐきが傷つき象牙質が露出しやすくなるそうです。
特に、歯を磨くたびに血が出る・・という方は注意が必要です。
さらに、歯肉炎などになっていると歯ぐきが傷つきやすくなっています。
また、歯ブラシが固すぎるものや、劣化した歯ブラシをずっと使っていると、歯ぐきを傷めてしまうので要注意です。

・酸性のものの食べ過ぎ
酸は歯を溶かす作用があると言われていますが、意外と酸性の食品は多く食品添加物としても使用されています
もちろん、日ごろ酸性のものを食べているだけではエナメル質に悪影響はありません。
ですが、食べた後歯磨きできていなかったりすると、お口の中にある細菌が酸を作り出してしまうのです。
つまり、プラークの多い方は知覚過敏になりやすいというわけですね。

・歯ぎしり
寝ている間に歯ぎしりする方は多いです。
また、ストレスがあると無意識に歯ぎしりしてしまうことがあるようですね。
歯ぎしりをすることで奥歯には想像以上の力がかかってしまいます。
食事の際にものを噛む際には食べ物があり、それがクッションの役割をしていますが、歯ぎしりはものがないので直接歯同士が噛み合わさります。
固いもの同士がぶつかり合うと欠けやすくなりますよね?
歯もこれと同様でエナメル質がはがれやすくなってしまうのです。

知覚過敏の症状とは

知覚過敏は冷たいものや熱いもの、酸性の強いものを食べたり、歯磨きの際に歯に痛みを感じます。
虫歯の初期段階でもこういった症状がおきますが、虫歯とは違って
痛む時間が短くすぐに収まるのが特徴です。
さらに、虫歯による痛みはどんどんひどくなっていきますが、知覚過敏は痛みが一定ですぐに収まるのも特徴でしょう。
また、何もしていない時は痛みが起きません
ただ、知覚過敏の中にも症状が進行するものがあると言われています。

自分でできる知覚過敏の対策法

・知覚過敏用の歯磨き粉を使用する
硝酸カリウムが成分が含まれている歯磨き粉を使うと効果があります。
硝酸カリウムは歯髄の周りにイオンバリアを張り巡らせてくれるからです。
これによって、知覚過敏の症状を抑えてくれることができる・・という仕組みです。
知覚過敏に効果的な硝酸カリウムが入った歯磨き粉にも歯周病や虫歯を防止できるものがあり、さらに口臭を防いだ理、歯を白くできるものもあるのでこういったものを使うのがおススメです。

・唾液の分泌を増やす
知覚過敏の中でも象牙細管が開いてしまっている場合には唾液の分泌を増やすことで再石灰化でき、しみるのを防げる場合があります。
この再石灰化とは酸や虫歯が原因で溶けてしまった歯を唾液の作用でカルシウムやリンによって穴をふせぐ・・というものです。
再石灰化の作用を使うためには食事の際によく噛んだり、ガムを噛むなどすることが大切です。

クリニックで行う知覚過敏の対策法

仕事や家事など忙しくてクリニックに行きづらい・・という方が多いでしょうが、やはり知覚過敏もひどい場合はクリニックできちんと治療することがおススメです。
知覚過敏の治療にはさまざまなものがありますが、ここではその中でもマウスピースを使用したものや、コーティング剤を使用するものなどについて書いてみたいと思います。

・コーティング剤を使う
知覚過敏が進行してしまっている場合には神経を取ったり、レーザーを当てるなどの治療法がありますが、一般的にはコーティング剤を塗布することで十分だと言われています。
ただ、コーティング剤が剥がれてしまうと症状がまた出てしまうため、何度かクリニックに通院しなければなりません。
また、妊娠している場合には治療するのが難しいので、クリニックで相談してみましょう。

・薬剤を塗布する
歯の神経の外側の象牙質がむき出しになってしまうとしみるのが知覚過敏ですが、その部分に同様の成分を塗ると知覚過敏を抑えることができると言われています。
この薬剤にはクリニックで塗布してもらうものと、歯磨き粉タイプがありますが、クリニックで塗ってもらうものの方が効果が高く即効性があるそうです。

・原因の歯周病を治療する
歯周病になると歯ぐきが下がってしまい、知覚過敏になることがあります。
この場合、歯周病の治療をすると知覚過敏が収まることがあります。
具体的に言うと、歯石の除去やお口の中の衛生状態の改善・・などがあり、多少時間がかかるものの根気よく続けていくといいでしょう。

・マウスピースでエナメル質を保護する
食いしばりや歯ぎしりなどによって歯のエナメル質が剥がれてしまうことにより、知覚過敏になることがあります。
この場合にはマウスピースを作り治療すると効果的です。
常にお口の中に入れておく必要もなく、寝ている間だけでいいので患者さんの負担も少ないです。
マウスピースなら仕事や子育て、家事などで忙しく通院できない方でも行えますね。

まとめ

知覚過敏は病気ではないものの、やっかいな症状なのでできればなりたくないですよね?
ですが、現在のところ、知覚過敏を完全に予防する方法は存在していません。
ですので、食べ物や歯磨き法など日ごろできることから始めてみるしかありませんね。
ここでご紹介したことを実践していただき、知覚過敏に悩まされないよう心掛けてみてくださいね!

関連記事

親知らずの知っておきたい基礎知識

快適な生活に口内の健康は必要不可欠です。 しかし、どれ程口内ケアに気を遣っていても親知らずが変な方向に生えてしまった、歪んで生えてしまったな

歯周病と喫煙は関係している!?その理由と改善方法

歯周病とは、歯垢(プラーク)の中の細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。 歯と歯肉の境目(歯周ポケット)の清掃が行き届かないでいる

銀歯のにおいが気になる!においの原因と対策法とは?

誰でも、自分の口臭が気になるときがありますよね。口臭は、周りの人を不快な気持ちにさせてしまうので、できるだけ早く改善したいものです。 そんな

自分で出来る口臭チェック法&口臭改善法とは?

口臭が気になる方は意外と多いものです。「歯磨きをしっかりしているのに…歯磨き粉を変えたのに…口臭が治らない!」という方は、口臭の原因を知る必

歯周病が口臭の原因になる?いやな口臭の原因を探ろう!

歯磨きをしても口臭が気になる…という経験をしたことはありませんか? 自分の口臭が気になると、周りの人にまで不快な思いをさせているのでは…と気