BeautyBeauty

朝起きたら口がカラカラ…4人に1人が予備軍と言われるドライマウスについて

はじめに

最近現代病とも言われているドライマウスですが、実際にドライマウスにかかっている方が急増しています。

ドライマウスという名前から、ただお口の中が乾燥しているだけでと思われる方も多いようです。実際に初期段階では少しお口の中が乾いている程度ですので、軽くみられがちな病気なのです。

しかし、ドライマウスにという病気はさまざまな原因により起こるもので、放置しておくと重篤な病気に繋がる可能性もある恐ろしいものです。

ここでは、そんなドライマウスについて詳しくご紹介しますので、是非読んでみてくださいね。

ドライマウスの症状

ドライマウスになると、唾液の量が減ったように感じたり、口の中が乾いていると感じたり、のどが渇いたり、口臭を感じるようになります。

人間は一時的に緊張をすると、口の中が渇いたように感じることがありますが、水などを飲むことで戻る程度です。ただ、3ヶ月以上も口が渇いた状態が続いた場合、ドライマウスだと考えられます。

進行すると、口の中がただれたり、ひび割れたり、うずくように痛んだりすることもあり、出血する人もいるようですね。

唾液がどんな役割を果たしているかを意識することはほとんどないかも知れません。唾液には、食べたり、飲んだり、話すなどのお口の働きを助けてくれ、お口の中を常に細菌から守る役割を果たしてくれています。

さらに、歯周病や虫歯から守ってくれる役割もあります。

ドライマウスの原因とは

病気

シューグレン症候群唾液腺の病気の場合も口の中が乾くことがあります。また、腎臓病や糖尿病などの方もドライマウスになることがあるそうですね。

薬の副作用

ドライマウスの原因には薬の副作用が挙げられます。

風邪薬の一部や血圧降下剤、抗ヒスタミン剤などの中には口の中が乾いてしまうものもあり、花粉症の薬でも唾液の分泌が悪くなり、口が乾いてしまうことがあると言われています。

加齢

加齢によって唾液腺の機能が落ちたことによって口の中が乾くこともあります。加齢による唾液分泌機能の低下により口が乾く場合があります。

筋力の低下

唾液は咀嚼による刺激が脳に伝達されることで分泌されるので、噛む筋肉が衰えてしまうと、唾液が出づらくなります。

ストレス

通常、口の渇きを感じなくても、緊張した時に口が乾いてしまうことがあります。つまり、精神的ストレスもドライマウスの原因になるわけですね。

ドライマウスを放っておくと

歯周病や虫歯になりやすい

唾液には殺菌作用があるためお口の中に唾液があると歯周病菌や虫歯菌が増殖しづらいと言われています。ですが、ドライマウスになってしまうと唾液の分泌が少なくなるため、歯周病菌や虫歯菌侵されてしまうことがあります。

口内炎になりやすい

舌を守っているのは唾液で、ドライマウスになってしまうと舌も乾燥してしまいむき出しになるため傷つきやすくなります。同じ理由でお口の中の粘膜が守られず口内炎になってしまうため、お口の中のトラブルが多くなります。

食事をしにくくなる

水分がないパサパサした食事だと唾液が少ないと食べづらいものです。ドライマウスの患者さんの中には食事をすることで痛みがおきるという方もおり、食べるのが辛くなることもあります。

口臭が起きる

唾液には殺菌作用があるとお伝えしましたが、唾液の分泌が減ってしまうと殺菌されず、細菌が増えるため口臭が起きたりします。

ただ飲みものを飲んだくらいでは細菌が減るわけではないので、唾液でお口の中が湿っていない状態だと意味がありません。

誤嚥性肺炎

ドライマウスによってお口の中が乾燥したり、不快感があったり、生活の質が低下したりもしますが、特に注意する必要があるのはお口の細菌が増えやすい環境になっているということです。

お口の中には歯周病菌や虫歯菌、肺炎球菌などといったさまざまな細菌がいるので、さまざまな病気になる可能性があることを忘れてはいけません。

特に命の危険にさらされる病気と言われている誤嚥性肺炎になってしまう確率が高いと言われています。誤嚥性肺炎とは口の中の食べものや唾液は本来なら食道を通り胃へと運ばれますが、誤ってそれが肺や気管に入ってしまうことで肺が炎症を起こしてしまう病気のことです。

食べたり飲んだりする時の誤嚥ではなくても、寝ている間に口を開けたママで唾液が誤って肺や器官に入ってしまうこともあります。

ただ、誤嚥したからと言っても、必ずしも肺炎になってしまうということではありません。ドライマウスによりお口の中の肺炎球菌が増えてしまっていると、誤嚥することで肺炎球菌が肺へと入りやすくなり、誤嚥性肺炎になりやすくなります。

ドライマウスを防止するには

ストレスをうまく解消する

ストレスなど緊張状態に陥ると、お口の中は乾きやすくなると言われています。また、ストレスが長期間かかり続けると慢性的に口が乾いてしまうことがあるので、運動などを行なってストレス解消を行いましょう。

お酒は適量にする

アルコールが体の中に入ると、利尿作用によって水分が体外に排出されるため脱水症状が起きます。そうなると、唾液の分泌が少なくなってしまい口の中が乾きやすくなります。

健康を維持するためにもアルコールの過剰摂取は控え、お酒と一緒に水分も摂るように注意しましょう。

食べる時はよく噛む

唾液は咀嚼の刺激により脳に伝達されることで分泌されると言われていますので、日頃からよく噛み食べるようにしましょう。噛みごたえのあるものを選んで食べると咀嚼回数も自然と増えます。ガムを噛むのも効果があると言われています。

逆に、唾液の分泌を減らす生活を改めるようにしましょう。タバコを吸う方は禁煙するようにしていただき、お酒を飲む方は適量にしておきましょう。

そうすれば、健康を損なわずドライマウスを防止できるはずですよ!

まとめ

ドライマウスの症状や原因などについてまとめてみました。

もしかしてドライマウスかも?と思われた方はいませんか?ドライマウスを放っておくと、全身に悪い影響を及ぼすことがあります。

ぜひ、ドライマウスを予防し健康的な毎日を送ってくださいね!

関連記事

親知らずの知っておきたい基礎知識

快適な生活に口内の健康は必要不可欠です。 しかし、どれ程口内ケアに気を遣っていても親知らずが変な方向に生えてしまった、歪んで生えてしまったな

歯周病と喫煙は関係している!?その理由と改善方法

歯周病とは、歯垢(プラーク)の中の細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。 歯と歯肉の境目(歯周ポケット)の清掃が行き届かないでいる

銀歯のにおいが気になる!においの原因と対策法とは?

誰でも、自分の口臭が気になるときがありますよね。口臭は、周りの人を不快な気持ちにさせてしまうので、できるだけ早く改善したいものです。 そんな

自分で出来る口臭チェック法&口臭改善法とは?

口臭が気になる方は意外と多いものです。「歯磨きをしっかりしているのに…歯磨き粉を変えたのに…口臭が治らない!」という方は、口臭の原因を知る必

歯周病が口臭の原因になる?いやな口臭の原因を探ろう!

歯磨きをしても口臭が気になる…という経験をしたことはありませんか? 自分の口臭が気になると、周りの人にまで不快な思いをさせているのでは…と気