BeautyBeauty

大事な歯を失わないためにできること5選

 

 

歯は一度虫歯になってしまうと、食べ物を食べた時や飲み物を飲んだ時に強い痛みを感じたり、何をしていない時でも常に痛みを感じるようになる事もあります。

「夜も眠れないくらいに歯が痛み、食べ物もまともに食べる事も出来なくなってあわてて町の歯医者に駆け込んだ」、という経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

あわてて訪れた歯医者で虫歯を治療出来る内はまだ良いかもしれませんが、虫歯の症状が進んでいるケースでは最悪の場合、抜歯という選択肢を選ぶ時もあります。

このようなケースにおいては、多くの場合で「歯磨きをきちんと毎日行っていなかった」、「歯のケアをしていなかった」事が原因となっています。

そこで今回は、歯が虫歯にならないように自分自身で出来る「大事な歯を失わない為にできること」を5つ、ご紹介します。

 

1.「毎日の歯磨きをする」

歯が虫歯にならない為に自分自身で虫歯予防を行う事を、「ホームケア」と呼びます。

大切な歯を失わない為にはホームケアの基本である「毎日の歯磨き」を行う事が欠かせません。

歯磨きはブラッシングにより歯についた歯垢(プラーク)を清掃する作業でもあり、プラークコントロールと呼ばれています。

歯磨きを毎日、食後に行う事で食べ物のカスから作られるプラークが歯に付着した状態を綺麗に清掃する事が出来、虫歯の予防に役立ちます。

歯は虫歯菌であるミュータンス菌によって作られますが、ミュータンス菌は特にご飯や麺類、パンなどの炭水化物、そして砂糖を使った甘い食べ物や清涼飲料水に含まれている糖質をえさにして活動するという特徴があります。

この為、これらの糖質を含んだ食事をした際には、必ず食後の歯磨きをする事をおすすめします。

食事では炭水化物以外のたんぱく質や野菜などにも多少の炭水化物は含まれていますので、「何かを食べた後には必ず歯磨きする」という心構えを持っておくとよいでしょう。

 

2.「デンタルフロスや糸ようじを使って歯と歯の間を掃除する」

食べ物を食べた際に発生するプラークは歯と歯の間にも付着しています。

歯の間の部分に付いてしまったプラークは歯ブラシを使ったブラッシングでは落としにくく、どうしても歯ブラシだけではプラークを取り残してしまいます。

このような歯と歯の間の清掃は、デンタルフロスを利用して掃除を行う事で効果的に歯の隙間に付着したプラークを取り除く事が出来ます。

プラークを落とす為にデンタルフロスを使用する場合には、一日一回、寝る前にデンタルフロスを使って歯と歯の間を掃除する事で歯の隙間にで出来る虫歯を予防する事が出来ます。

また、歯と歯の隙間を清掃する時にはデンタルフロスと同様の糸ようじを使った掃除も虫歯予防には効果的です。

 

3.「歯間ブラシを使って歯と歯の隙間を掃除する」

歯と歯の隙間にある食べカスやプラークを取り除くにはデンタルフロスを使うのがおすすめですが、デンタルフロスは使い方に多少のコツが必要となる場合があります。

歯は根元から歯の表面に向かって歯の側面が緩やかなカーブを描いていますので、デンタルフロスを歯の根元からあてる事が出来ない場合には、歯間ブラシを使って歯の根元部分を清掃する事で効率的に食べカスやプラークを除去する事が出来ます。

デンタルフロスの使い方に慣れていなくても、歯間ブラシを使う事で一度に両側の歯の食べカスやプラークを掃除する事が出来ますので、効率的に歯の掃除を行えます。

また、歯間ブラシはブリッジを装着している為歯と歯の間にデンタルフロスをかける事が出来ないケースでも歯と歯の間を掃除する事が可能です。

ただし、歯と歯の隙間が狭まっていたり歯と歯が密着している箇所では歯間ブラシは使う事が出来ませんので、歯間ブラシはデンタルフロスと併用する事をおすすめします。

 

4.「食事やおやつの食べ方をコントロールする」

虫歯を引き起こす原因菌であるミュータンス菌、そしてミュータンス菌が作り出した虫歯の穴を広げて大きく深くしていってしまうラクトバチルス菌は、食べ物に含まれている糖質をえさにしてお口の中で活動しています。

この為、毎日の食事においては糖質を含んでいる炭水化物のご飯やパン、麺類、そして砂糖が含まれている甘い菓子類やジュースを過剰に摂取しないようにする事で虫歯になるリスクを下げる事が出来ます。

また、砂糖を使った甘い菓子類は歯につきやすく、ジュースも液体の為やはり歯に付着しやすいので、これらの砂糖が含まれた食べ物や飲み物の摂取はほどほど、少な目にしておきましょう。

 

5.「フッ素が含まれた歯磨き粉や洗口剤を使用する」

フッ素は虫歯予防に効果的な成分として、ほとんどの歯磨き粉に含まれています。

フッ素が含まれた歯磨き粉や洗口剤を使う事で、効果的に虫歯を予防する事が可能です。

歯は食事をする度、脱灰(だっかい)という現象によって少しずつ歯の表面物質であるエナメル質が溶かされてしまい虫歯の原因となるのですが、フッ素が含まれた歯磨き粉を使って歯磨きをしたり、フッ素入りの洗口剤で口をゆすぐ事で脱灰によって失われた歯の成分を取り戻す再石灰化を促進し、虫歯を防ぐ効果があります。

 

大切な歯を失わない為にも、毎日のホームケアを心がけましょう

天然の健康な歯は、一度でも虫歯治療の為に削ってしまうと二度とその機能を取り戻す事は出来ません。

また、歯が抜けてしまった場合には現在はインプラント治療などの優れた義歯治療によって失われた歯の機能や見た目を回復する事が出来ますが、それでも天然の自然な歯が持つ機能には及ばないのです。

天然の健康な歯がどれだけ残っているかという「残存歯の割合」は、生涯医療費にも大きく影響を与えます。

大切な歯を失わない為にも、自宅で自分自身で出来る歯磨きを中心とした毎日のホームケアを行う事を心がけましょう。

関連記事

親知らずの知っておきたい基礎知識

快適な生活に口内の健康は必要不可欠です。 しかし、どれ程口内ケアに気を遣っていても親知らずが変な方向に生えてしまった、歪んで生えてしまったな

歯周病と喫煙は関係している!?その理由と改善方法

歯周病とは、歯垢(プラーク)の中の細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。 歯と歯肉の境目(歯周ポケット)の清掃が行き届かないでいる

銀歯のにおいが気になる!においの原因と対策法とは?

誰でも、自分の口臭が気になるときがありますよね。口臭は、周りの人を不快な気持ちにさせてしまうので、できるだけ早く改善したいものです。 そんな

自分で出来る口臭チェック法&口臭改善法とは?

口臭が気になる方は意外と多いものです。「歯磨きをしっかりしているのに…歯磨き粉を変えたのに…口臭が治らない!」という方は、口臭の原因を知る必

歯周病が口臭の原因になる?いやな口臭の原因を探ろう!

歯磨きをしても口臭が気になる…という経験をしたことはありませんか? 自分の口臭が気になると、周りの人にまで不快な思いをさせているのでは…と気