BeautyBeauty

銀歯のにおいが気になる!においの原因と対策法とは?

誰でも、自分の口臭が気になるときがありますよね。口臭は、周りの人を不快な気持ちにさせてしまうので、できるだけ早く改善したいものです。

そんな口臭は、口の中にある銀歯が原因の場合があります。

ここでは、銀歯が原因で口臭が発生する理由や改善法などをご紹介します。いつまでも健康的な口腔内を保ちたい方はぜひ参考にしてくださいね。

銀歯が原因で口臭が発生する理由

それでは早速、銀歯が原因で口臭が起こる理由を見ていきましょう。

銀歯と歯の境目に汚れが溜まっている

銀歯と歯の境目はどんなに密着していても、ミクロ単位での隙間が出来てしまいます。この段差部分に細菌が溜まってしまい、口臭を発生させているのです。

銀歯の傷に汚れが付く

銀歯の表面は傷がつきやすく、気付かないうちに無数の小さな傷がついていることが多いです。

そして、この傷の中に細菌が入り込むと、歯ブラシで少し磨いたくらいでは落とすことができなくなってしまいます。傷の中にこびりついた細菌が、銀歯のいやなにおいを発生させる原因になっているのです。

銀歯が錆びたり変質する

銀歯は当然金属で出来ているので、年数の経過によって、口の中の水分や酸で変質してしまいます。すると、銀歯の表面が変質して凸凹ができ、この部分に細菌や汚れが溜まり、いやなにおいを放つ原因を作ってしまうのです。

銀歯の接着剤が溶けだしている

銀歯は、セメントと呼ばれるもので歯と銀歯を接着しています。これは正確には、接着しているのではなく、歯と銀歯の隙間をセメントで埋めているだけなのです。

そして、歯や銀歯はセメントよりも硬いので、銀歯の下のセメントを壊してしまう可能性があります。また、セメントは温度の変化によっても壊れやすいという性質があります。さらに、セメントは唾液に溶けだしやすいという性質もあるのです。

そのため、このような理由で銀歯と歯の間に隙間ができ、細菌や汚れが入り込んで口臭が発生したり、虫歯ができやすくなります。

自分で出来る銀歯の口臭予防

では、銀歯が原因でいやな口臭が発生しているときはどうすれば良いのでしょうか。自分で出来る口臭対策には、以下のようなものがあります。

歯磨きを徹底する

銀歯がある部分は、もともとプラークコントロールがしっかりできておらず、汚れが溜まって虫歯になってしまった部分です。そこに銀歯をはめることで段差ができて、より一層歯垢や汚れがつきやすくなり、歯磨きでも磨き残しが多くなってしまいます。

そのため、銀歯がある部分は歯磨きをより一層徹底して、汚れをしっかり取り除くようにしましょう。

マウスウォッシュでうがいをする

時間がないけれどいやなにおいを何とかしたい!というときは、マウスウォッシュがおすすめです。マウスウォッシュで軽くうがいをしてみましょう。

銀歯の周りについた汚れや細菌をうがいで洗い流すことで、口臭の改善がみられます。しかし、この方法では銀歯にこびりついた頑固な汚れは取れず、一時的な効果しか見込めないので注意しましょう。

デンタルグッズを使用する

銀歯と歯の間は汚れが溜まりやすくなっています。しかし、毎日の歯磨きだけでは汚れを取りきることは難しく、その部分から口臭が発生することがあります。歯と銀歯の間の汚れを取り除くには、歯間ブラシやデンタルフロスの使用がおすすめです。

歯と銀歯の隙間の狭い部分はデンタルフロス、隙間が大きいところは歯間ブラシ、というように場所によって使い分けると良いでしょう。

デンタルフロスを使うと糸が切れてしまう、銀歯の部分が引っかかる、というときは、銀歯と歯の間に隙間ができている可能性が高いので、歯科医院に相談しましょう。

歯科医院でできる銀歯の口臭対策

銀歯による口臭を改善するには、歯科医院でしっかり治療してもらうことがおすすめです。自分でケアしてもにおいがなかなか取れない場合は、歯科医院で一度診てもらいましょう。

定期的に銀歯をチェックしてもらう

銀歯による口臭を防ぐには、歯と銀歯の隙間から再発する虫歯を作らないということが大切です。この部分は空洞ができやすく、汚れや細菌が溜まって口臭を発生させてしまいます。

虫歯ができると痛みを感じるというイメージがありますが、実際はなかなか痛みが出ない場合があり、気付かないうちに虫歯が進行してしまう可能性があります。そのため、定期的に歯科医院で歯と銀歯の間に虫歯がないかチェックしてもらいましょう。そして、虫歯があったら適切な治療をしてもらいましょう。

歯のクリーニングを受ける

歯科医院では、プロである歯科衛生士や歯科医師が、専用のマシンや器具を使用して歯の隅々まで磨き上げる歯のクリーニングを行っています。歯のクリーニングを行うと、歯垢除去率がグンと高まるのです。また、歯の表面がツルツルになるので、その後、汚れや細菌が付着しにくくなるのです。

特に、銀歯の周りは磨きにくいので、天然歯よりも汚れが溜まりやすくなっています。銀歯が入っている箇所は清掃率が落ちてしまうので、歯科医院でのクリーニングが大切です。

また、一度歯のクリーニングをしてキレイになっても、また汚れは溜まっていくので、3~6ヶ月に1回程度のペースで、定期的に歯のクリーニングを受けることがおすすめです。

歯科医院での定期健診でいやな口臭を予防しよう

いかがでしたか?

銀歯が原因で口臭が起きている場合は、自分でできる毎日のケアや歯科医院での本格的なケアで、銀歯をしっかりお手入れしていきましょう。

銀歯は汚れが溜まりやすい性質があるので、古くなっている銀歯ほど口臭につながる可能性があるのです。銀歯の中に広がっている虫歯は、ひどくなると神経の炎症を起こしてしまう場合もあります。こうなると、歯を失うことにもなりかねないので、早めの対策が必要です。

自分で行うケアも大切ですが、定期的に歯科医院を受診して、銀歯のチェックをしてもらったり歯のクリーニングを受けることがおすすめです。また、歯科医院では正しい歯磨きのアドバイスもしているので、気になる方は歯磨きの指導をしてもらうと良いでしょう。

銀歯をしっかりお手入れして、いやな口臭を改善していきましょう!

関連記事

親知らずの知っておきたい基礎知識

快適な生活に口内の健康は必要不可欠です。 しかし、どれ程口内ケアに気を遣っていても親知らずが変な方向に生えてしまった、歪んで生えてしまったな

歯周病と喫煙は関係している!?その理由と改善方法

歯周病とは、歯垢(プラーク)の中の細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。 歯と歯肉の境目(歯周ポケット)の清掃が行き届かないでいる

自分で出来る口臭チェック法&口臭改善法とは?

口臭が気になる方は意外と多いものです。「歯磨きをしっかりしているのに…歯磨き粉を変えたのに…口臭が治らない!」という方は、口臭の原因を知る必

歯周病が口臭の原因になる?いやな口臭の原因を探ろう!

歯磨きをしても口臭が気になる…という経験をしたことはありませんか? 自分の口臭が気になると、周りの人にまで不快な思いをさせているのでは…と気

気になる口臭の原因は?口臭を予防する方法まとめ

みなさんは自分の口臭が気になったときはありますか? とある調査によると、老若男女のなんと8割が自分の口臭を気にしているという結果が出ています