BeautyBeauty

自覚しにくい歯周病。小さな異変も逃さないプロの目”精密治療”とは

 

「何だか歯ぐきが腫れてきた・・・」

 

「歯ぐきから出血する時がある・・・」

 

「最近、口が臭うようになってきた・・・」

 

それ、もしかしたら歯周病の症状かもしれません。

 

歯磨き粉などのコマーシャルでも耳にする事が多い歯周病ですが、現在、歯周病にかかっている人は成人の約8割以上にものぼり、日本人の「歯を失う原因の第一位」となっています。

歯を失ってしまう原因のトップになっている歯周病は「自分自身で症状を自覚しにくい」という特徴があり、気がついた時にはすでに歯が抜け落ちる寸前、グラグラの状態になっていた、というケースも。

そんな怖い歯周病ですが、現在は歯周病の小さな異変を見逃さない精密治療が発達し、「治療を受けた人が歯周病で歯を失う確率」は少しづつですが改善されつつあります。

今回は、ひょっとするとあなたもかかっている可能性がある歯周病の各種症状についてのお話と、歯科医院で行われている最新の「歯周病の精密治療」についてご紹介いたします。

 

歯周病の各種の症状について

歯周病は、歯周組織である歯ぐきや歯と歯の間にある膜状の物質である歯根膜、そして歯を支えているあごの骨である歯槽骨などを徐々に破壊してゆく病気です。

歯周病は症状を自覚しにくい病気であり、ちょっとした異変を一般の方が気づきにくいという特徴があります。

 

進行段階その1「歯肉炎」

歯肉炎は歯周病の第一段階であり、歯ぐきが赤く腫れたりブラッシングをした時に歯ぐきから出血するなどの症状が出ます。

 

進行段階その2「軽度歯周炎」

軽度歯周炎では歯ぐきの腫れがひどくなり、口臭がキツくなり始めます。

 

進行段階その3「中程度歯周炎」

中程度歯周炎になると歯ぐきの腫れはさらに悪化して赤紫色に歯ぐきの色が変色します。

また、歯ぐきから膿が出るようになるほか、歯を支えている歯槽骨が溶け始め、歯がぐらつき始めます。

 

進行段階その4「重度歯周炎」 

重度の歯周炎では歯と歯ぐきの間にある溝の歯周ポケットが大きく開いた状態となって歯のぐらつきも大きくなり、歯が自然に抜け落ちてしまいます。

 

歯周病は全身に影響を及ぼします

症状に気づきにくい歯周病ですが、歯周病を放置しておくと歯や歯ぐきだけではなく全身の病気を引き起こす事があります。

現在の研究では、歯周病は症状が進んでしまうとお口の中の毛細血管を通して血液に歯周病菌が浸入した結果、全身を歯周病菌が駆け巡ってしまい心筋梗塞などの「心臓疾患」や「糖尿病」になる確率を上げてしまうほか、妊婦さんが出産をする際の「低体重児の出産確率の上昇」や「早産」などの原因になってしまう事が指摘されています。

 

歯周病専門の歯科医院で行っている「歯周病精密治療」について

歯周病治療は一般の歯科医院でも行っている所は多いです。

しかし、歯周病を根本から治療する「歯周病精密治療」は歯周病治療を専門的に行っている歯科医院でしか受ける事は出来ません。

 

1-1.溶けてしまった歯槽骨の状態を3次元の角度から確認する「CTレントゲン」 

歯周病の精密治療においては、歯周病により溶けてしまった歯槽骨の状態を3次元の角度で立体的に確認する事が出来る「CTレントゲン」を採用しています。

一般的な歯科医院での歯周病治療では通常の歯科用レントゲンでのみ歯周病の状態を確認する事は出来ません。

しかし、歯周病の精密治療で用いられているCTレントゲンであれば、歯周病によってどの部分の歯槽骨が溶かされてしまっているのか、骨の吸収状態である骨吸収はどの程度発生しているのかを確認する事が可能です。

 

1-2.小さな異変も見逃さない「マイクロスコープ」

精密な歯周病治療を行う為には、歯についた歯石や汚れを徹底的に取り除く事が欠かせません。

一般的な歯科医院の歯周病治療ではルーペなどの拡大鏡を用いる事はあるものの、マイクロスコープを使った歯周病治療はほとんど行われておらず、治療の失敗につながるおそれがあります。

それに対して、歯周病治療専門の歯科医院で使われているマイクロスコープを使った精密治療では、ミクロ単位の病変も確認する事が出来、効果的な治療に役立ちます。

 

1-3.歯周病により溶けてしまった歯槽骨を再生させる「エムドゲイン」治療

歯周病の精密治療で使われている「エムドゲイン」とは、歯周病によって溶けてしまった歯槽骨を再生させる薬です。

歯周病精密治療では、歯周病の症状が進行してしまった歯ぐきを切開して中の汚れを取り除いた後にエムドゲインを注入し、骨を再生させる治療を行います。

エムドゲインによる歯槽骨再生治療は一般的な歯科医院の歯周病治療では行われておらず、一般の歯科で行う歯周病治療と「歯周病専門の歯科医院が行う歯周病治療」の「一番の違い」でもあります。

 

1-4.下がってしまった歯ぐきを再生させる「歯肉移植」治療

一般的な歯科医院で行う歯周病治療では歯ぐきが下がっていても様子を見る経過観察だけで済ませる事が多いのに対して、歯周病治療専門の歯科医院で行う精密治療では歯周病が原因で歯周ポケットの溝が深くなりさらに歯ぐきそのものが後退して下がってしまった場合には、ほかの健康な歯ぐきの部分を移植する「歯肉移植」治療により歯ぐきを再生させる事が可能です。

歯周病治療の歯科医院で行われる歯肉治療は歯周病が原因で露出していた歯の根っこの部分を覆う事が出来る為、歯ぐきの見た目も綺麗になるというメリットがあります。

 

歯周病治療は専門の歯科医院にご相談する事をおすすめします

「歯周病の原因と精密治療」についてお話をさせていただきました。

歯周病治療においては、一般的な歯科医院で行っている歯周病治療では対処出来ない重度の歯周病のケースでも、精密治療であれば「歯を残せるかどうかギリギリのラインの症状を治療により治す事が出来る」というメリットがあります。

もちろん、精密治療ですべての歯周病が治せる訳ではありませんが、歯周病専門の歯科医院で精密治療を受ける事で「歯周病になって歯が抜けてしまう確率」を下げる事が出来ます。

 

歯周病は放置していても治す事は出来ず、最悪の場合歯が抜け落ちてしまう事もあります。

「歯ぐきに不安がある」「歯周病の治療が上手く進んでいない」というお悩みがある方は、ぜひ、歯周病治療を専門的に行っている歯科医院で精密治療を受ける事をおすすめします。

関連記事

親知らずの知っておきたい基礎知識

快適な生活に口内の健康は必要不可欠です。 しかし、どれ程口内ケアに気を遣っていても親知らずが変な方向に生えてしまった、歪んで生えてしまったな

歯周病と喫煙は関係している!?その理由と改善方法

歯周病とは、歯垢(プラーク)の中の細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。 歯と歯肉の境目(歯周ポケット)の清掃が行き届かないでいる

銀歯のにおいが気になる!においの原因と対策法とは?

誰でも、自分の口臭が気になるときがありますよね。口臭は、周りの人を不快な気持ちにさせてしまうので、できるだけ早く改善したいものです。 そんな

自分で出来る口臭チェック法&口臭改善法とは?

口臭が気になる方は意外と多いものです。「歯磨きをしっかりしているのに…歯磨き粉を変えたのに…口臭が治らない!」という方は、口臭の原因を知る必

歯周病が口臭の原因になる?いやな口臭の原因を探ろう!

歯磨きをしても口臭が気になる…という経験をしたことはありませんか? 自分の口臭が気になると、周りの人にまで不快な思いをさせているのでは…と気