BeautyBeauty

気を付けているのになぜ?口が匂う原因について

 

「あれ?私って、口が臭い?」

 

毎日歯磨きをして気をつけているのに、なんだか口が臭ってしまう事ってありますよね。

口が臭ってしまう口臭の症状は人それぞれであり、一口に口臭と言ってもその原因はさまざまです。

今回は、口が臭う原因、そして口臭の対処法について詳しくお話をさせていただきます。

あなたの口臭は○○○が原因かもしれません・・・

 

口臭の原因の第一位は「歯周病」と「虫歯」

 

人の口臭の原因でもっとも多いのは、歯ぐきやあごの骨の疾患である「歯周病」、そして歯の病気である「虫歯」です。

歯周病は歯の周りの歯ぐきから膿が出たり歯ぐきから出血する病気であり、歯の周りの歯ぐきやあごの骨、そして歯と歯ぐきの間にある歯根膜などの組織を破壊していくのが特徴です。

また、虫歯も人の口臭の原因としてはもっとも多く、歯に出来た虫歯が原因でひどい口臭に悩まされるケースも少なくありません。

 

歯周病による口臭

虫歯と並んで口臭の原因の第一位である歯周病ですが、歯周病は大きく分けて「歯肉炎」と「歯周炎」の2種類の症状に分類されます。

 

1-1.歯肉炎が原因の口臭

歯肉炎は、歯周病の中でも特に歯周ポケットと呼ばれる歯と歯ぐきの境目にあるポケット状の溝の部分が歯ぐきが炎症を起こして膨張する事でどんどん深くなってしまう病気です。

歯肉炎は歯周病の代表的な症状であり、若い人からお年寄りの人まですべての世代で歯肉炎の症状が認められている事が明らかになっています。

歯肉炎になってしまうと、歯と歯ぐきの境目の歯周ポケットが深くなる事で歯周ポケットの溝の部分に食べ物のカスや歯垢であるプラークが溜まりやすくなり、その結果として口臭を引き起こしてしまいます。

 

1-2.歯周炎が原因の口臭

歯周炎は歯肉炎の状態が長く続いてしまい改善されないでいるとかかってしまう歯周病の症状です。

歯肉炎の症状が歯と歯ぐきの境目の歯周ポケットの部分が深くなってしまうのが主なのに対して、歯周炎では歯を支えているあごの骨である歯槽骨が破壊されるのが特徴です。

歯周炎では歯を支える歯槽骨のほかにも歯と歯ぐきの間にある膜状の物質である歯根膜も同時に破壊される事が多く、歯周炎になると歯がぐらぐらとして最悪の場合は歯そのものが抜け落ちてしまう事もあります。

歯周炎になった時の口臭は歯肉炎よりも臭いが強くなる場合が多く、歯周炎まで症状が進んでしまうと歯周病治療を専門的に行っている歯科医院での治療でしか歯周炎を治せない状態になってしまいます。

 

虫歯による口臭

口臭の代表的な原因の一つである虫歯による口臭は、「通常の虫歯」「親知らずの虫歯」そして「虫歯を治療した後に出来る二次カリエス」の3種類に分類されます。

 

2-1.通常の虫歯が原因の口臭

虫歯になってしまうと虫歯菌が出すガスにより臭いがお口の中で発生し、口臭の原因となります。

また、虫歯が進行して歯の根っこの部分に入り込んでしまう事で歯の神経が死に、歯の根っこの先端部分に膿が溜まりガスが発生して口臭を引き起こすケースもあります。

 

2-2.親知らずの虫歯が原因の口臭

親知らずは上下左右の一番奥に生えてくる歯の為、磨きにくく虫歯になりやすいのが特徴です。

ぱっと見はどこも虫歯になっていない場合でも、歯科医院で検査をしたら親知らずが虫歯となっており親知らずの虫歯が原因で口臭が発生していた、というケースも少なくありません。

 

2-3.虫歯を治療した後に出来る二次カリエスが原因の口臭

二次カリエスとは、虫歯の治療を行った後に詰め物であるインレーやかぶせ物であるクラウンの下に虫歯菌が入り込んで引き起こされる二次的な虫歯の事を指します。

二次カリエスは詰め物やかぶせ物の下に出来るのが特徴であり発見しづらく、一見するとどこも虫歯になっていないのに詰め物の下やかぶせ物の下ではひどい症状の虫歯が進行していた、という場合もあります。

このような二次カリエスでは歯の根っこの部分まで虫歯菌が侵食しているケースが多く、歯の根がダメージを受けて根っこの先に膿が溜まりガスが発生して強い口臭を引き起こしてしまいます。

 

心理的な口臭(口臭症)や胃腸の悪さが原因の口臭もあります

虫歯や歯周病のほかにも、本当は臭くないのに「自分は口が臭いんじゃないか」と思い込んでしまう「口臭症」や、消化器系の臓器である胃腸の悪さが原因となって口臭が発生しているケースもあります。

また、にんにくやアルコール、その他の臭いが強い食品を摂取した時にも一時的に口臭がする事があります。

 

口臭のお悩みはまず歯科医院へ相談を

口臭の原因についてお話をさせていただきました。

今回ご紹介したように、口臭の原因の第一位は歯周病と虫歯の為、多くのケースで「歯周病を治したら口臭もなくなった」「虫歯を治療したら口臭が改善された」という人も少なくありません。

「なんだか口が臭い」「歯や歯ぐきが痛くて口臭がする」といった口臭の症状は、ほとんどの場合において「歯周病や虫歯を治療する必要がある身体のサイン」でもあります。

もし、上記のような歯ぐきや歯の異常を感じてなおかつ口臭の症状がある時には、ぜひ歯周病治療を専門的に行っている歯科医院を訪れ、歯科医師に口臭治療の相談をしてみる事をおすすめします。

関連記事

親知らずの知っておきたい基礎知識

快適な生活に口内の健康は必要不可欠です。 しかし、どれ程口内ケアに気を遣っていても親知らずが変な方向に生えてしまった、歪んで生えてしまったな

歯周病と喫煙は関係している!?その理由と改善方法

歯周病とは、歯垢(プラーク)の中の細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。 歯と歯肉の境目(歯周ポケット)の清掃が行き届かないでいる

銀歯のにおいが気になる!においの原因と対策法とは?

誰でも、自分の口臭が気になるときがありますよね。口臭は、周りの人を不快な気持ちにさせてしまうので、できるだけ早く改善したいものです。 そんな

自分で出来る口臭チェック法&口臭改善法とは?

口臭が気になる方は意外と多いものです。「歯磨きをしっかりしているのに…歯磨き粉を変えたのに…口臭が治らない!」という方は、口臭の原因を知る必

歯周病が口臭の原因になる?いやな口臭の原因を探ろう!

歯磨きをしても口臭が気になる…という経験をしたことはありませんか? 自分の口臭が気になると、周りの人にまで不快な思いをさせているのでは…と気