BeautyBeauty

沢山あって迷う・・・歯ブラシの正しい選び方

歯ブラシがすぐにだめになってしまう、歯ブラシの交換する時期っていつ頃なのかな、どんな歯ブラシを使ったらいいのか分からない…

歯ブラシ選びは、正しい歯磨きをするのに不可欠です。

自分に適した歯ブラシを使うと、歯磨きをする意味を実感し、ますます歯磨きが楽しくなるでしょう。

反対に歯ブラシがお口に合っていないと、効果も減ったり、歯茎を傷めてしまったりします。

選び方のポイントや目的別に合った歯ブラシの紹介などをしていきたいと思います。

歯ブラシ選びのポイント1

まずは自分の歯並びや歯茎の状態など、口腔内の状態に適切なものを選ぶのが大切です。

硬さ

一般的には、ふつうの硬さを使うことがよいでしょう。

歯肉炎や歯周病治療中で歯茎が弱っている人は、やわらかめを使いましょう。

磨く力が弱い人は硬めを使用してもよいですが、磨いた感じがするという理由で硬めを選んでいる人は歯の表面や歯茎を傷つけてしまうこともあるので、注意しましょう。

また、製品によって、硬さに違いがあることにも留意しましょう。

ヘッドの大きさ

ヘッドは小さめの方がおすすめです。

大きいと細かい部分で動きにくかったり、奥まで届かなかったりします。

歯並びがあまりよくない人や、丁寧に磨きたい、という人は、小さめが特におすすめです。

歯周ポケットを意識して歯茎の境を磨きたい人は幅が細目のものがよいでしょう。

毛の材質・長さ

ナイロン製のものがほとんどですが、動物の毛のものもあります。

動物の毛のものは、乾きにくかったり、たんぱく質でできているため細菌が繁殖しやすく、不潔になりがちです。

ナイロン製の場合も色などがついていないシンプルなものの方が、弾力があってよいでしょう。

歯ブラシの形

歯に沿わせたり、奥歯まで届いたり、手におさまり使いやすい大きさを選びましょう。

持ち手も毛先もシンプルなものの方が磨きやすいでしょう。

上下の奥歯なども磨きやすいように、カーブなどがついていないものの方がよいです。

毛先も、揃っているものは小回りがきいて、どの面も均等に磨けます。

歯ブラシ選びのポイント2

期待している効果や目的に合わせて選ぶのもよいでしょう。

歯並びがあまり整っていない、親知らずを丁寧に磨きたい、歯と歯茎の境を重点的に磨きたい、など人や状態によっても違うでしょう。

虫歯予防が目的

虫歯予防のためには、プラークを溜めないことが大切です。

毛先の硬さやサイズは「ふつう」を選びましょう。

歯垢を効率的に除去するにはふつうのシンプルなものが適しています。

歯周病予防が目的

歯周病になりやすい人や、歯肉炎の人は歯茎が弱っている状態です。

歯茎を傷つけないように、歯垢はしっかり落とせるように「やわらかめ」を選びましょう。

歯と歯茎の間を重点的に磨きたいので、毛先は「ほそめ」の方がよいでしょう。

ただ、あまりに細すぎるものだと、歯茎をさらに傷つけてしまうこともあるので、ほそめ、がよいです。

奥歯の磨き方

親知らずなどの奥歯は特に歯磨きがしにくい場所です。

普通の歯ブラシですとしっかり磨けないことが多いので、タフトブラシを使用して磨きましょう。

奥の歯茎に入れるような感じで、裏側の面も磨くとよいでしょう。

交換するのはいつ頃

一番わかりやすい目安は毛先が広がってきたときです。

歯ブラシの毛先は使用するにつれて、弾力を失い、毛先が開いてきてしまいます。

そうすると、歯の表面に毛先がしっかりとあたらなくなり、歯と歯の隙間の歯垢をかき出すことも難しくなってしまいます。

無駄に大きな動きになり、歯茎も傷つけてしまうこともあるでしょう。

交換目安時期は、使用期間でいうと大体1か月ほどになります。

歯ブラシのケア方法

歯ブラシは口の中にいれて、毎日歯垢をかきだしているものなので、放っておくと菌が繁殖してしまいます。

口の中にいれるものなので、清潔に保ちたいですね。

水洗いをしっかり

歯ブラシについた汚れを洗い流すように、流水でしっかり流しましょう。

根本には歯垢がついたままになりやすいので、手でしごきながら洗うと良いでしょう。

しっかり乾かす

濡れたままですと、菌が繁殖しやすくなるので、風通しのよいところで毛先を乾かします。

お風呂に入っているときに歯磨きをする人もいるかもしれませんが、その場合も湿気の多い浴室に放置せずに、乾きやすい場所に保管しましょう。

歯ブラシ除菌器

しっかり洗って乾かせば、1か月で交換するものなので、十分ですが、気になる人は歯ブラシ除菌器なども販売されています。

気になるから、といって熱湯や漂白剤では除菌しないようにしましょう。

変形やすすぎ残しによる薬液の影響などが懸念されます。

まとめ

より効果的に歯磨きをするなら、歯ブラシ選びも重要ですね。

その人の歯磨きの癖や力具合、口腔内の状態によっても、適している歯ブラシも異なってきます。

自分にぴったりな歯ブラシを見つけると、磨き残しも少なくなり、より効果的に歯をきれいに保つことができるでしょう。

定期検診で通っている歯医者さんがあれば、そこでぴったりな歯ブラシを選んでもらうのも良いですね。

 

関連記事

親知らずの知っておきたい基礎知識

快適な生活に口内の健康は必要不可欠です。 しかし、どれ程口内ケアに気を遣っていても親知らずが変な方向に生えてしまった、歪んで生えてしまったな

歯周病と喫煙は関係している!?その理由と改善方法

歯周病とは、歯垢(プラーク)の中の細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。 歯と歯肉の境目(歯周ポケット)の清掃が行き届かないでいる

銀歯のにおいが気になる!においの原因と対策法とは?

誰でも、自分の口臭が気になるときがありますよね。口臭は、周りの人を不快な気持ちにさせてしまうので、できるだけ早く改善したいものです。 そんな

自分で出来る口臭チェック法&口臭改善法とは?

口臭が気になる方は意外と多いものです。「歯磨きをしっかりしているのに…歯磨き粉を変えたのに…口臭が治らない!」という方は、口臭の原因を知る必

歯周病が口臭の原因になる?いやな口臭の原因を探ろう!

歯磨きをしても口臭が気になる…という経験をしたことはありませんか? 自分の口臭が気になると、周りの人にまで不快な思いをさせているのでは…と気