BeautyBeauty

憎い歯石・歯垢・着色汚れには保険適応のクリーニングを

美しい歯、健康な歯にこだわりがある方なら、虫歯治療だけでなく歯のクリーニングを受けてみてはいかがでしょうか。

保険の範囲内でできるクリーニングであれば、費用を気にせずに受けることができます。どんなクリーニングがあるのかご紹介します。

歯石除去の必要性

歯にはプラーク(歯垢)と呼ばれる細菌のかたまりが付着します。

食べ物のカスなどをエサにして細菌が増殖したプラークは、唾液に含まれるミネラルと結合して徐々に石灰化し、石のようになって歯に固くついてしまいます。

歯石になると、もはや通常の歯磨きで取ることはできません。

歯石を放置すると、虫歯や歯周病を引き起こします。

歯石で虫歯菌や歯周病菌などが繁殖し、有害な毒素を放出します。虫歯以上に怖いのが歯周病です。

歯周病とは、プラークにいる細菌が繁殖して歯肉に炎症を起こし、歯を支える骨(歯骨)を溶かす病気です。歯骨が溶けてしまうと歯を支えることができなくなるため、歯が抜け落ちてしまいます。

また、糖尿病や心臓病、早産などのリスクを高めることが知られています。

歯周病は初期の頃には自覚症状がないのが特徴で、気がつかないうちに進行してしまいます。

早期発見・早期治療が大切ですが、そのためには定期的に歯のクリーニングをすることがよいとされています。

万一、歯石が歯周ポケットの奥まで深く入りこんでしまっている場合には、フラップ手術という外科手術が必要になるケースもあります。

着色汚れ除去の必要性

歯の表面にあるエナメル質はペリクルという膜で覆われています。

この膜が食べ物の色素と化学変化を起こすと歯の表面に色素沈着が起こります。

着色汚れ(ステイン)を放置すると、歯石と同じように通常の歯磨きでは除去できなくなっていきます。歯が着色・変色するため、見た目の美しさ(審美性)が損なわれることになります。

歯のクリーニングには2種類ある

スケーリング

従来から歯科医院で行われてきたクリーニングです。

手で行うスケーリングと機械を使って行うスケーリングがあります。超音波スケーラーを使う場合は、超音波の振動で歯石を粉砕します。

PMTC

近年増えているクリーニングです。専用の機械を使って歯石になる前のプラークを除去します。

着色汚れ(ステイン)は、炭酸カルシウムの粉末と水をジェット噴流で吹き付けるエアフローという施術で落とします。

歯石はPMTCの施術では除去できないので、歯石を取る場合はPMTCの前にスケーリングを行います。

保険で受けられるクリーニングとは

スケーリングには保険適用がある

スケーリングは保険が適用されます。PTMCやジェットクリーニングは原則として自由診療で保険の適用外です。

しかし、スケーリングと同じように、虫歯や歯周病の治療を目的として行われる場合には、保険適用になることもあります。

スケーリングの内容

・歯茎の上の歯石を取る(一般的なスケーリング)

特に歯茎の上の柔らかい歯石は比較的簡単に取れます。

歯石はどんなに歯を磨いていても徐々に形成されていき、誰にでもできてしまうものなので、特に問題がなくても定期的に歯科医院を受診して除去してもらう必要があります。

・歯茎の中の歯石を取る(ディープスケーリング)

歯石でやっかいなのが、歯と歯茎の間の歯周ポケットにある歯石です。

歯周病ポケットの深さが4mmまでであれば、スケーリングで除去できますが、それ以上に深い場合には外科手術(フラップ手術)が必要になります。

保険適応のクリーニングのメリット

費用が安くすむ

スケーリングにかかる費用は、保険適用があるので1回あたり約3,000〜3,500円程度です。

歯石対策を行うには、2〜3ヶ月に1度のペースで定期的にスケーリングを行うのがよいとされていますから、1回あたりの治療費が安いのは大きなメリットです。

ちなみに、自由診療であるPMTCにかかる費用は、1回あたり約1万〜2万円程度です(クリニックによって異なります)。

スケーリングは場所によって回数も違います。歯茎の上の歯石であれば1回ですべて除去することも可能ですが、歯茎の中の歯石は数回の治療が必要になり、費用も回数分かかります。

軽度であれば2〜3回、中度であれば4〜5回の施術が必要です。

回数分費用がかかりますから、保険適用があるのは大きなメリットといえます。

ほとんどの歯科医院で受けられる

スケーリングはほとんどの歯科医院で受けることができます。

一方、新しい治療であるPMTCは、専用の機械を使うため、すべての歯科医院で対応しているわけではありません。

治療実績が多いので安心

スケーリングは従来から行われてきた治療であり、確立された方法ですから、どの歯科医院でも一定程度の治療実績があります。

初めて受ける場合でも、歯科医と相談しながら安心して受けることができます。

まとめ

歯科治療は近年自由診療も増えていますが、保険適用で行える質の高い治療もあります。

歯石を除去するには、スケーリングが最適な方法です。

保険適用でリーズナブルに歯石を除去することができます。

上手に活用して健康な歯を維持しましょう。

関連記事

忘れがちな歯間ケア方法とは?

歯間(歯と歯の間)は歯ブラシが届きにくく、完全に汚れを取り除くことが難しいのでプラーク(歯垢)が残りやすいと言われています。 プラークが口内

自己流の歯磨きに注意!歯石を溜め込まない正しい歯磨きの仕方とは?

加齢とともに、どうしても唾液の量が減少してしまいます。唾液の量が減ると、口臭につながったり歯石が溜まりやすくなるので注意が必要です。 毎日の

歯石ができる原因とは?歯石を落とすことの重要性について知ろう!

皆さんも「歯石」という言葉を聞いたことがあるかと思います。 歯石は、歯垢(プラーク)が石灰化したものです。これは、普段自分で行っている歯磨き

歯が汚れる原因とは?歯が汚れやすい食べ物を知ろう!

どんな人だって黄ばんだり汚れた歯より白くて美しい歯が良いですよね。 しかし、現実は加齢や日々のケア忘れ、毎日の食生活などが原因で歯が徐々に黄

歯の汚れを防ぐためのセルフケア方法とは?毎日のセルフケアで汚れをキレイにしよう

歯の汚れを防いで、美しく健康的な歯を保つためには、毎日のセルフケアがとても重要です。毎日の歯磨きは、歯の汚れを保つために大切な役割をはたして