BeautyBeauty

まずはできることから始めよう。汚れが付きにくい歯にするためにできること

歯が黄色くなってしまう歯の黄ばみ汚れ、嫌ですよね。

歯の表面に付着した頑固な黄ばみ汚れは、同じ食生活をしている人でも歯に汚れがつきやすい人やつきにくい人、それぞれに汚れのつきやすさに差がある事を皆様はご存知でしたでしょうか?

今回は、「歯にどうして汚れや黄ばみがつくのか?」、また「歯に汚れがつきにくくする為にはどうすれば良いの?」について詳しくお話をさせていただきます。

 

歯の表面につく汚れって、何の汚れ?

多くの人が悩んでいる歯の黄ばみ汚れですが、そもそも歯につく黄ばみ汚れはいったいどのような事が原因となって汚れが付着してしまうのでしょうか?

実は歯に付着する黄ばみ汚れは、多くの場合で日常生活で食べる食べ物やお茶などの飲み物にその原因があります。

具体的には、

 

  • 緑茶や紅茶などに含まれている茶渋
  • 赤ワインやブドウの果汁などに含まれているポリフェノール色素
  • コーヒーに含まれている色素
  • カレーに含まれている香辛料の色素
  • タバコに含まれているヤニ

 

これらの「色が強く、衣服などに付着した場合に落としにくい」という特徴を持つ食品や嗜好品が歯の黄ばみ汚れの元となっています。

衣服についても落としにくいのですから、当然歯についた場合にも黄ばみ汚れが落ちにくくなってしまう訳ですね。

この内、お茶や紅茶、ワインやブドウなどに含まれている色素であるポリフェノールは抗酸化作用がありお肌の美容に役立つとされている成分ですが、水に含まれているカルシウムなどの各種のミネラル分が色素であるポリフェノールと結びついてしまうと、歯の表面に黄ばみ汚れとなってこびりつきやすくなってしまいます。

茶渋やワインの汚れは市販の漂白剤を入れた水溶液の中に湯のみやワイングラスを入れる事で落とす事が出来ますが、完璧に茶渋汚れを落とす為にはかなり強い力でこすり洗いをする必要があり、いかにワインやお茶、紅茶から付着する茶渋汚れが頑固であるかがお分かりいただけるかと思います。

また、コーヒーやカレーに含まれる色素、タバコのヤニの元になるタールなども付着力が強く、日常的にこれらの食品や飲料、嗜好品を愛用している人は歯の汚れに注意が必要となります。

歯に汚れがつきやすい人、つきにくい人の違い

でも、同じように毎日緑茶や紅茶、ワインを飲んでいても茶渋の黄ばみ汚れがほとんど歯につかないという人も少なくありません。

いったいなぜ、同じ食べ物を食べたり飲み物を飲んでいるのに歯の汚れのつきやすさに差が出るのでしょうか?

それは、一言で言ってしまうと「歯の表面に傷があるかどうか」が一番の違いです。

歯の表面に傷がある人は傷の部分に茶渋やコーヒーの色素が入り込みやすい状態となっている為、自然と歯が黄ばんで汚れやすくなってしまうのです。

それに対して、歯の表面にあまり傷がない人の場合は同じ緑茶や紅茶、ワインを飲んでいても歯の表面には茶渋やポリフェノールなどの色素はつきにくいです。

歯に傷が多い人はブラッシングの時の力が強すぎる可能性があります

歯の表面に傷が多く黄ばみ汚れがつきやすい状態になっている人は、日常生活で行う歯磨きの際のブラッシングの力が強すぎるおそれがあります。

また、研磨剤が含まれた歯磨き粉をたくさん歯ブラシにつけて強い力で歯を磨いてしまう事は「歯を削っているのと同じ」であり、あまりおすすめ出来るブラッシング方法ではありません。

実際、「歯の表面に傷がある人の多くが歯磨きをする時に必要以上の力で強く歯の表面をこすり過ぎている」、という調査結果もアンケートによって明らかになっています。

 

じゃあ、いったいどうすれば汚れがつきにくい歯になるの?

ここまで聞いて「じゃあ、いったいどうすれば黄ばみ汚れがつきにくい歯にする事が出来るの?」と言う方もいらっしゃるかと思いますが、歯の表面に茶渋やワイン、カレーやコーヒーなどの色素による黄ばみ汚れをつきにくくする為には、「歯磨きを軽い力で行い歯の表面に傷がつくのを防ぐ」のがもっとも効果的です。

汚れがつきにくい歯にする為には、がっちりと歯ブラシを握らずにペンを持つようにして歯ブラシを握る事を意識しながら普段の歯磨きを出来るだけ軽い力で行います。

なおかつ研磨剤を含んでいる歯磨き粉は少量、歯ブラシの先端部分に少し乗せる程度にとどめるか、もしくは歯磨き粉を使わずになるべく歯に優しいブラッシングを心がける事で汚れがつきにくい綺麗な歯を長く保てるようになります。

汚れのつきにくい歯を長く保つために

歯の汚れの中でも特に目立つ黄ばみ汚れは、その人の持つ魅力を半減させてしまいます。

いつも歯磨きをしているのに歯が黄色い人や、茶渋で歯が黄色くなっている人は別に不潔ではないのに不潔に見えてしまうおそれもあります。

このように「他人から悪い印象を持たれてしまう汚れた歯」にならない為にも、毎日のブラッシングの際には出来るだけ「軽い力で歯磨きをする」事を意識し、歯の表面を傷つけないように心がけてくださいね。

関連記事

忘れがちな歯間ケア方法とは?

歯間(歯と歯の間)は歯ブラシが届きにくく、完全に汚れを取り除くことが難しいのでプラーク(歯垢)が残りやすいと言われています。 プラークが口内

自己流の歯磨きに注意!歯石を溜め込まない正しい歯磨きの仕方とは?

加齢とともに、どうしても唾液の量が減少してしまいます。唾液の量が減ると、口臭につながったり歯石が溜まりやすくなるので注意が必要です。 毎日の

歯石ができる原因とは?歯石を落とすことの重要性について知ろう!

皆さんも「歯石」という言葉を聞いたことがあるかと思います。 歯石は、歯垢(プラーク)が石灰化したものです。これは、普段自分で行っている歯磨き

歯が汚れる原因とは?歯が汚れやすい食べ物を知ろう!

どんな人だって黄ばんだり汚れた歯より白くて美しい歯が良いですよね。 しかし、現実は加齢や日々のケア忘れ、毎日の食生活などが原因で歯が徐々に黄

歯の汚れを防ぐためのセルフケア方法とは?毎日のセルフケアで汚れをキレイにしよう

歯の汚れを防いで、美しく健康的な歯を保つためには、毎日のセルフケアがとても重要です。毎日の歯磨きは、歯の汚れを保つために大切な役割をはたして