BeautyBeauty

汚れ知らずの歯を手に入れる!簡単ケア方法

初対面の場合には、歯が相手のイメージを左右する場合もあります。

当然ですが、いいイメージを白い歯の方が持ってくれやすいでしょうが、ホワイトニングを頻繁に何度も行えば費用が大変でしょう。

また、白い歯をホワイトイングで手に入れた場合には、できるだけ長い期間保つことも大事です。

では、白い歯をホームケアを工夫するのみで手に入れることができるのでしょうか?

ここでは、汚れ知らずの歯を手に入れる!簡単なホームケアについてご紹介しましょう。

 

歯が汚れる仕組み

基本的にどうして歯は汚れるのでしょうか?

まず、歯が汚れる仕組みについてご紹介しましょう。

歯の汚れは、ステインと一般的に言われています。

このステインは、タバコのヤニやコーヒー・お茶の色素やなどが要因になりますが、「ペリクル」という歯のエナメル質の表面にある薄い膜にステインが付くことによって、汚れたように見えます。

歯磨きなどをするによってペリクルはすぐに無くなってしまいますが、数分経つとすぐにまた形成されるというような性質があります。

このペリクルはタンパク質の特定のものをレセプターとして構成されていますが、菌がこのレセプターに集まって、「菌のコロニー」が作られます。

しかし、クリーニングを初期の段階でしっかりとしていると歯の健康は維持されますが、一般的には、このペリクルがエナメル質表面を「プラーク」と言われているバイオフィルムというスタイルで覆ってしまって、汚れがこの中にまで入り込むと面倒です。

エナメル質というのは、チューブの小さなようなものが集ったものです。

汚れがこのチューブの中に入り込まないようにすることが大事です。

個人によって、エナメル質の構造は違っています。

一般的に、年をとってくるにつれて、チューブのところが細くなるそうです。

汚れがエナメル質の奥の方には入り込みにくくなりますが、一旦汚れが入り込んでしまえば沈着しやすくなります。

このチューブがオフィスホワイトニングなどをした後は空になり、唾液がここに入ることによって白い歯に見えますが、何らかの有機物がこのところに入り込むと前の状態に戻ります。

そのため、個人によって、ホワイトニングが持続する時間と効果は違ってきます。

ホワイトニングをする人は多くなってきていますが、ホワイトニングは永久的ということではありません。

色調の変化は、嗜好習慣、食生活、メンテナンスなどによって違いますが、必ず起きてきます。

一回の施術で白い歯を永遠に維持することはできないため、普段の生活におけるケアが必要になります。

 

簡単なホームケア

では、簡単なホームケアで、しかも歯の白さを保つために効果が期待できるお手軽なものとしてはどのようなものがあるのでしょうか?

ここでは、簡単な3つのホームケアについてご紹介しましょう。

 

濃い色の飲食物は摂らない

ステインの要因になる飲食物を摂らないことは、白く歯を見せる場合には大切です。

ステインがよく付くのは「濃い色の食物」です。

具体的な例についてご紹介しましょう。

多くポリフェノールが含まれている食品としては赤ワイン、ぶどう、大豆、チョコレート、ココアなど、炭酸飲料、お茶としてはコーラ、コーヒー、ウーロン茶、紅茶など、調味料関係としてはカレー、ケチャップ、しょうゆ、ソースなど、が挙げられます。

このような飲食物とは違って、食物繊維の場合は汚れが歯に付くのを防止してくれるので、積極的に野菜は摂る方がいいでしょう。

 

食事をした後はうがいをすぐにする

しかし、このような飲食物を摂らないで普段の食生活を送ることは、非常に難しいでしょう。

中でも、嗜好品のワインやコーヒーなどは、特に多くの人が好んで摂りますが、このような人におすすめのホームケアについてご紹介しましょう。

濃い色の飲食物を摂った後は、汚れが歯の表面に付いて沈着する前に、十分に洗い流すことが大事です。

歯を磨くのが困難であれば、うがいのみでも問題ありません。

また、水を飲むのみでも相当効果が期待できるでしょう。

 

気がかりな場合にはガムをかむ

そして、もっと歯の汚れを手軽に予防するためには、ガムがおすすめです。

唾液には、「自浄作用」という歯の汚れが落ちる働きがあるそうです。

移動している時や仕事をしている時に、緑茶やコーヒーなどのよくステインが付くものを飲んだ場合は、ガムをかむのがおすすめです。

「ガムを食後にかむと血糖値が下がるデータもあり、唾液がガムをかむと出るため、自浄作用のサポートをガムをかむことによってするのも方法の一つでしょう。

 

まとめ

このような対策は、いずれも誰でも手軽にできるものです。

しかし、最も大切なのは、やはり歯磨きが白く歯をする方法としてはおすすめでしょう。

特に、歯磨きを朝と夜にすることは、虫歯を予防するためにも大切です。

夜間に歯槽膿漏や虫歯は作られる、と言われており、口の中が寝ている時は乾くので、寝ている時が唾液が最も少なくなります。

そのため、朝起きた時は歯を十分に磨くようにしましょう。

関連記事

忘れがちな歯間ケア方法とは?

歯間(歯と歯の間)は歯ブラシが届きにくく、完全に汚れを取り除くことが難しいのでプラーク(歯垢)が残りやすいと言われています。 プラークが口内

自己流の歯磨きに注意!歯石を溜め込まない正しい歯磨きの仕方とは?

加齢とともに、どうしても唾液の量が減少してしまいます。唾液の量が減ると、口臭につながったり歯石が溜まりやすくなるので注意が必要です。 毎日の

歯石ができる原因とは?歯石を落とすことの重要性について知ろう!

皆さんも「歯石」という言葉を聞いたことがあるかと思います。 歯石は、歯垢(プラーク)が石灰化したものです。これは、普段自分で行っている歯磨き

歯が汚れる原因とは?歯が汚れやすい食べ物を知ろう!

どんな人だって黄ばんだり汚れた歯より白くて美しい歯が良いですよね。 しかし、現実は加齢や日々のケア忘れ、毎日の食生活などが原因で歯が徐々に黄

歯の汚れを防ぐためのセルフケア方法とは?毎日のセルフケアで汚れをキレイにしよう

歯の汚れを防いで、美しく健康的な歯を保つためには、毎日のセルフケアがとても重要です。毎日の歯磨きは、歯の汚れを保つために大切な役割をはたして