BeautyBeauty

歯のクリーニングにかかる費用の相場はいくら?

はじめに

歯をキレイにしたいと思っている方はクリニックで行われているクリーニングの費用の相場が気になるりますよね?
また、その内容やメリット、効果などについても興味があるでしょう。
プラークや歯石は自分では取りきれませんし、歯周病や虫歯の原因になるのでクリーニングが必要不可欠です。
ここでは、クリーニングの費用の相場や効果などについて詳しくご紹介してみましょう。
一言で歯のクリーニングと言っても、その人のお口の中の状態にようって費用も変わってくるようです。
思った以上に安く済む場合もなるため、ぜひご参考になさってみてください。

クリーニングの効果とは

歯の表面についている着色汚れを落とすだけでも歯がもともと持つ輝きや白さを取り戻せます。
歯がキレイになると、心も爽やかな気分になれます。
また、プラークや歯石を取り除くことで歯周病の進行を食い止めたり、口臭を予防できると言われています。
特に、歯周病は20代の頃から進行すると言われているため、定期的にクリーニングを行って健康な歯を維持するようにしてください。

着色汚れやたばこのヤニは取れるのか

歯についてしまった着色汚れを取ることができます。
コーヒーや紅茶が好きな人はどうしてもこの着色汚れが付きやすくなりますが、
クリニックでクリーニングを行えばキレイに取ることができます。
特に歯の表面に細かい傷がある方は着色汚れが付きやすいので、クリーニングした後表面の傷を修復してもらうと、着色汚れが付きにくくなり、いつまでもキレイな歯をたもつことができます。
ただ、たばこのヤニについては全て取りきるのは困難で、
その理由はたばこのヤニは他の着色汚れより強固にこびりついているためで、取ってもたばこを吸い続ければすぐにまたついてしまいます。

歯石は除去できるのか

歯石は自分で完璧に除去することはできません。
歯石とは歯についた石にように固まってしまった汚れのことで、歯周病の原因となる成分です。
歯石は歯ぐきの根っこから歯ぐきの中に侵入していきます。
これをブラッシングだけでは落としきることはできないため、クリニックで専用の機器を使って除去してもらうしかありません。
定期的にクリニックに通うことをおすすめします。

クリーニングの回数

さて、歯のクリーニングの回数についてですが、1回で終了する場合もあります。
ですが、1回だけでは軽い表面の汚れしか取ることができないため、定期的に通院している方や着色汚れや歯石の少ない方ならそ済みますが、それよりもひどい場合はさらに通院の必要があります。
なお、目安としましては1年以内にクリニックでクリーニングを行っている方であれば1回程度で、それ以上のブランクがある方なら20代の方で3回程度、3年以上のブランクがある方は4回程度とみておきましょう。
あまり回数が少なすぎると表面の軽い汚れしか取ってもらうことができないので注意しましょう。

歯のクリーニング費用の相場

クリニックで行われている歯のクリーニングは保険内診療と自費診療の2種類があり、それぞれ料金の相場は違っています。
いったいいくらくらいかかるのでしょうか。

保険内診療の場合

保険内でクリーニングを受ける場合には3割負担の場合で3000円程度です。
なお、健康保険とは病気を治療する場合だけに適用されるため、保険内診療のクリーニングだと
歯周病治療のため歯石を取り除いていく・・とういう名目になります。
治療を目的としているので処置前の検査を行う必要があり、料金の中には検査料や初診料が含まれているのが一般的です。

自費診療の場合

次に、自費診療の場合の歯のクリーニングの相場は5000~20000円程度となっています。
料金に幅があるのは自費診療だとクリニックでそれぞれ料金を決められることや、
患者さんのお口の状態や希望によって施術内容が違ってくるためです。
治療目的ではなく審美や予防目的なので、歯をもっとキレイにしたいとか、虫歯予防のため、着色汚れを取りたい・・などといった方が多いですね。

クリーニングを受けるクリニックの選び方

実績&経験が豊富

クリニックのホームページの他にそのクリニックで治療経験がある方の口コミ、施術例や歯科医師の経歴などといったところまで調べておくと安心ですね。
また、料金がはっきりしていておおよその目安が分かれば治療前の不安も少なくなるはずです。
いざ治療した時に前もって聞いた料金とかなり違っている場合には注意が必要です。
さらに、必要ない治療やプランが含まれていないかどうかもチェックしておきましょう。

丁寧な対応

クリニックのスタッフの対応は患者さんの満足感を左右する大きな要因の一つだと言えます。
なので、患者さんの立場に立って丁寧に対応してくれるかどうかを確認しておきましょう。
忙しいからと言って患者さんをいい加減に扱うクリニックは避けた方がよさそうですね。

希望を聞いてくれる

クリーニングした時の満足感は自分が理想としている美しさを実感できるかどうかでしょう。
なので、丁寧に事前のカウンセリングをしてくれるクリニックなら高い満足感を得られるはずですよ。

アフターケアがきっちりしている

治療中は当然ですが、クリーニング後のアフターケアも治療の一つと言ってもいいでしょう。
クリーニングが終わってからも、自宅でのケアの仕方やメンテナンスなどについて丁寧に指導してくれるクリニックはおススメです。
歯を継続してキレイに保つことができるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?
歯のクリーニングの効果や費用の相場などについてご紹介してみました。
お口の健康や美しさをいつまでも保つためには自宅でのセルフケアも必要ですが、定期的にクリニックでプロによるクリーニングも大変重要です。
ぜひ、ご参考になさっていただき、クリニックで歯をクリーニングしてみてはいかがでしょうか!

関連記事

忘れがちな歯間ケア方法とは?

歯間(歯と歯の間)は歯ブラシが届きにくく、完全に汚れを取り除くことが難しいのでプラーク(歯垢)が残りやすいと言われています。 プラークが口内

自己流の歯磨きに注意!歯石を溜め込まない正しい歯磨きの仕方とは?

加齢とともに、どうしても唾液の量が減少してしまいます。唾液の量が減ると、口臭につながったり歯石が溜まりやすくなるので注意が必要です。 毎日の

歯石ができる原因とは?歯石を落とすことの重要性について知ろう!

皆さんも「歯石」という言葉を聞いたことがあるかと思います。 歯石は、歯垢(プラーク)が石灰化したものです。これは、普段自分で行っている歯磨き

歯が汚れる原因とは?歯が汚れやすい食べ物を知ろう!

どんな人だって黄ばんだり汚れた歯より白くて美しい歯が良いですよね。 しかし、現実は加齢や日々のケア忘れ、毎日の食生活などが原因で歯が徐々に黄

歯の汚れを防ぐためのセルフケア方法とは?毎日のセルフケアで汚れをキレイにしよう

歯の汚れを防いで、美しく健康的な歯を保つためには、毎日のセルフケアがとても重要です。毎日の歯磨きは、歯の汚れを保つために大切な役割をはたして