BeautyBeauty

ホワイトニングで白くできる歯とできない歯の違いについて

はじめに

ホワイトニングをしたものの、思ったほどの効果がない・・ということってありませんか?
せっかく高いお金を払ってホワイトニングしたのに、効果がないとがっかりしますよね?
では、ホワイトニングで白くできる歯とできない歯の違いとはなんなのでしょうか?
ホワイトニングの種類によっても効果に差がありますが、効果が得られない歯というのもあるため、そういった場合には方法を変える必要がありそうです。
ここではホワイトニングで白くできない歯とはどういった歯なのか、その対処法なども含めてご紹介しますので、今後ホワイトニングをしてみようという方もそうでない方もぜひ読んでみて下さいね!

ホワイトニングで白くできない歯

・加齢による着色
加齢によって歯に着色汚れが溜まりホワイトニングを数回行っても効果がない、加齢によって歯の色が濃くなってしまい黄ばんで見える・・などということは多いでしょう。
加齢によって象牙質の色が濃くなると言われています。
歯のエナメル質より下の部分はホワイトニングで効果を得ることが難しいと言われています。
ホワイトニングだけが歯を白くするものではないため、気になる方はクリニックで相談してみるといいでしょう。

・エナメル質が薄い
酸性の飲食物などによりエナメル質が溶けてしまうことを酸蝕と言います。
エナメル質が薄すぎると歯が透けて見えてしまい、象牙質の色が反映するため黄色く見える場合があります。
ホワイトニングはエナメル質の上にあるぺリクルと言われる層を白くするものなので、この状態だとホワイトニングの効果が得づらいです。
クリニックで薬剤を塗布してもらうなど、酸蝕歯の治療から始めるといいでしょう。

・金属による黒ずみ
被せものや差し歯に金属を使用していると、金属が溶け出し歯と歯ぐきの間が黒く変色する場合があります。
これは歯が変色しているのではなく、歯ぐきが黒ずんでしまっているのです。

・歯の神経が死んでいる
ぶつけたり転んだりなど、怪我などが原因で歯が突然灰色になってしまうことがあります。
このような場合には神経が死んでしまっていることがあるため、通常だとホワイトニングでは効果が得られません。

・着色が強い
着色の度合いが強いほどホワイトニングの効果が得られにくいです。
長時間かけて濃く色がついてしまった歯をたった数回の施術で白くするのは難しいのは当然と言えば当然ですよね。

・小さい頃服用した薬によるもの
小さい頃にテトラサイクリン系の抗生物質を服用していた場合には歯の色が変色してしまうことがあり、人によって違いますが黄色や灰色、茶色などに変色する場合や左右対称に縞模様が現れる場合もあります。
最近ではこういった抗生物質が使われることは減っていますが、以前は風邪薬のシロップなどに使われていたようですね。
このような歯は神経の死んでしまった歯と同じでエナメル質より下にある象牙質が変色しているため、表面をホワイトニングしたところで白くなりづらいです
ただ、高い濃度の薬剤を使えば白くなることもあるので、クリニックで相談してみましょう。

・初期虫歯による白や茶色のしみ
虫歯の初期段階では歯に白色や茶色のしみがあることがあります。
そこをホワイトニング剤を使って白くすることは不可能だと言われています。
なので、ホワイトニング前に虫歯があったら前もってクリニックで相談するといいでしょう。

ホワイトニングで白くならない場合の対処法

・回数を増やす
1回の施術だけでは効果がない場合も、回数や時間をかけると効果が現れることもあると言われています。
特に高齢者の方は白くするのに時間がかかると言われています。
なので、1回だけで白くならないからと言ってあきらめず、何度か施術を受け様子をみてみるといいでしょう。

・強いホワイトニング法に変える
ホワイトニングを何度か行っても効果がない・・と思ったら、その施術では効果が得られないのかもしれません。
そういう場合はクリニックで相談した上で、より強力なホワイトニング法に変えてみるのも手です。
また、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを併用したデュアルホワイトニングを行うことでさらに効果を上げることもできるので、一度相談してみるといいでしょう。

・他の施術を行う
ホワイトニングでどうしても白くきれいにできない場合には他の施術法を選ぶという考え方もあります。
たとえばラミネートべニアという施術をご存じでしょうか?
この施術は歯の表面を少し削って薄いセラミックを貼りつけるものです。
いわばネイルアートで使用する付け爪のようなもので、ひどい変色や狭い範囲の歯並びの改善、すき間の間歯を修復する場合にも行われます。
この施術はクリニックでカウンセリングを受けた後、歯の形状や白さの具合、どういった白さになりたいのか・・をしっかりと相談します。
カウンセリングを行ったら0.3~0.8ミリ程度歯を削って、チップやシェルと言われるラミネートべニアを歯に貼りつけ施術を行います。
通院回数は2、3回程度で済むところが多いようです。
オールセラミックの治療と同じくセラミックだけを使う施術なので、非常に審美性が高く、歯に負担が少なく簡単な施術で済むのがメリットです。
ただ、歯をけずる量が少ないので歯の色味を完全に遮断することができないため白くするのに限界がある、虫歯によって残っている歯の量が少ない場合は施術できない・・などのデメリットがあります。
なお、ラミネートべニアの施術にかかる費用は歯1本当たり5~10万円のところが多いようですが、施術を受ける歯の本数が増えると割引があるところもあるので、クリニックによってかなり差があります。

まとめ

ホワイトニングの効果は人によっても差があり、汚れの原因によっても白くできない歯とできる歯があります。
なので、前もってクリニックでカウンセリングを受けていただき、理想に近い効果を得られるようにしたいものですね。
それでも思ったように白くできない場合は他に何か原因があるのかもしれないので、効果がないからと言ってすぐにあきらめてしまわず医師に相談してみましょう。
他の施術法を提案してくれるかもしれませんよ。

関連記事

忘れがちな歯間ケア方法とは?

歯間(歯と歯の間)は歯ブラシが届きにくく、完全に汚れを取り除くことが難しいのでプラーク(歯垢)が残りやすいと言われています。 プラークが口内

自己流の歯磨きに注意!歯石を溜め込まない正しい歯磨きの仕方とは?

加齢とともに、どうしても唾液の量が減少してしまいます。唾液の量が減ると、口臭につながったり歯石が溜まりやすくなるので注意が必要です。 毎日の

歯石ができる原因とは?歯石を落とすことの重要性について知ろう!

皆さんも「歯石」という言葉を聞いたことがあるかと思います。 歯石は、歯垢(プラーク)が石灰化したものです。これは、普段自分で行っている歯磨き

歯が汚れる原因とは?歯が汚れやすい食べ物を知ろう!

どんな人だって黄ばんだり汚れた歯より白くて美しい歯が良いですよね。 しかし、現実は加齢や日々のケア忘れ、毎日の食生活などが原因で歯が徐々に黄

歯の汚れを防ぐためのセルフケア方法とは?毎日のセルフケアで汚れをキレイにしよう

歯の汚れを防いで、美しく健康的な歯を保つためには、毎日のセルフケアがとても重要です。毎日の歯磨きは、歯の汚れを保つために大切な役割をはたして