BeautyBeauty

歯の汚れは口臭を招く!歯の汚れを徹底除去する方法

はじめに

みなさんは、きちんと歯を磨いていても歯の汚れが落ちていないことってありませんか?歯の汚れは口臭の原因になると言われています。

実際に歯の汚れは種類はさまざまで、たとえば歯石は歯磨きだけでは取ることができませんので、クリニックで専門の機器を使って取り除く必要があります。

ここでは歯の汚れが口臭の原因になる理由や、歯の汚れを取り除く方法や予防法などについてまとめていますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

歯の汚れが口臭の原因になる理由

当然のことではありますが、どんなに口臭がひどくても歯ぐきや歯そのものが臭っているわけではありません。口臭の原因になっているのはお口の中にある細菌です。

口内細菌の数はすさまじいもので、きれいなお口であっても1,000億個もの細菌がいると言われています。もちろん、これらすべてが臭いを放つということではありませんが、全て含めて数百種類の菌がいるそうです。

この中の一部がお口の中の汚れを栄養分にしてどんどん繁殖してしまうことによって、口臭がしてしまうというわけですね。

歯の汚れの種類とは

歯の汚れにはどういうものがあるのでしょうか。

歯の汚れには種類があり、プラークや歯石、着色汚れなどさまざまです。汚れが付いてしまった歯は汚く見えるだけでなく、歯周病・虫歯・口臭などさまざまな口腔内のトラブルの原因にもなります。毎日きちんとケアすることが必要です。

プラーク

プラークは歯の表面に付く細菌の塊のことで、放っておくと細菌が作り出す毒素や酸により歯周病や虫歯の原因になることもあります

うがいだけでは除去しきれないため、適切な歯磨きを行って取除く必要があります。

歯石

歯にちうたプラークに唾液の中のリンやカルシウム分が沈着し、石灰化したものを歯石と呼びます。歯石は歯周病の原因にもなり、歯磨きだけでは除去しきれないためクリニックできれいにしてもらわねばなりません。

着色汚れ

コーヒーや赤ワイン、お茶などに含まれている色素や、たばこのヤニなどが歯に付くと、着色汚れになってくすみや黄ばみが起きたりします。

これらはこびりついてしまうと歯磨きだけでは落とせなくなるので、しっかりと歯磨きすることで予防しましょう。

歯の汚れを落とすには

汚れやすいところは注意して磨く

プラークが付きやすいところは歯と歯ぐきのさかい目や歯と歯の間、奥歯の噛み合わせの部分だと言われています。また、上の奥歯の外側や下の前歯の裏側などは唾液の分泌しづらい場所なので、歯石が付着しやすいそうですね。

こういった、汚れが付着しやすいところは歯間ブラシやデンタルフロスなども併用し注意して磨いていくことが大切です。

洗浄成分の高い歯磨き粉を使う

洗浄成分の高い歯磨き粉を使えば、プラークを効果的に除去することができます。プラークを分解したり、着色汚れを落とす成分が入っているものを使って磨くことは、歯の汚れを防止し、口臭だけでなく虫歯や歯周病の予防にも繋がるでしょう。

クリニックでのクリーニング

クリニックで行われている歯のクリーニングを受ければ、日ごろの歯磨きでは落としきれなかった汚れを落とせたり、着色汚れを落とすことができます。

プラークや歯石を落としてきれいになった歯の表面はザラッとしており、再度汚れが付着しやすくなっています。
クリニックでは汚れが再度付かないようにクリーニングした後歯の表面を研磨し滑らかにしてくれるため、虫歯予防にも効果があります。さらに、歯の表面の傷を修復し、保護する効果があるトリートメントを行ってくれるクリニックもあります。

プラークや歯石の除去については歯周病の治療のためなら保険が使えるため、3割負担の方で3,000円程度で施術が受けられます。ただ、着色汚れを落とすことが目的である場合には病気ではなく審美目的の治療なので自由診療となり、料金はクリニックによって差があります。

歯の汚れが気になるという方はぜひ定期的にクリニックでクリーニングを受けましょう。

クリニックで詰めものや被せものを治してもらう

歯の欠損や虫歯治療によって詰めものや被せものを付けている場合も、経年劣化により汚れが付いてしまうことがあります。特に保険を使った治療で使われている銀歯には汚れが付きやすいと言われています。金属の酸化によって歯や歯ぐきが黒ずむこともあります。

歯の汚れを落とすには定期的にクリニックで交換や研磨などの治療を行ってもらうといいでしょう。前歯に使われている材質は着色しやすいものが多いので特に注意しましょう。また、自由診療になるものの被せものや詰めものをセラミックでできた素材に替えるという方法もあります。

セラミックは天然のような自然な仕上がりで銀歯と比較しても審美性が高く、汚れが付きづらく劣化による黒ずみの心配もありません。

歯の汚れを予防する方法

色の付きやすい飲食物を控える

歯の汚れはわれわれが日ごろ口に入れる飲食物によって引き起こされますが、予防する最大の対策は着色性の高い飲食物を控えることです。

控えた方がいいと言われているのが色が濃くて着色性の高いコーヒーや紅茶、ウーロン茶やカレー、ミートソース、キムチなどです。

フッ素を塗布する

しっかりと歯磨きを行っているにもかかわらず歯に変色が起きることがあります。

歯の再石灰化を促進するフッ素を含んだ薬剤を使い保護したり、クリニックで専用の薬剤を使ってフッ素塗布してもらうと効果があるでしょう。

また、キシリトール入りの製品を摂ることで唾液の分泌を促進するのも効果があります。これなら今日からでもすぐにできることなので、ぜひやってみて下さいね。

まとめ

口臭の原因が歯の汚れであることや、歯の汚れを効果的に落とす方法についてもご理解いただけましたでしょうか?

歯の汚れにはさまざまなものがあり、日ごろの飲食やたばこだけでなく虫歯などがあります。
これを読んでいただき、ご自分の汚れと比べていただいて原因をしっかりと探ってもらえれば汚れが付くのを防止できるはずです。

きれいな歯を手に入れ、口臭と無縁な生活を送りましょう。

関連記事

忘れがちな歯間ケア方法とは?

歯間(歯と歯の間)は歯ブラシが届きにくく、完全に汚れを取り除くことが難しいのでプラーク(歯垢)が残りやすいと言われています。 プラークが口内

自己流の歯磨きに注意!歯石を溜め込まない正しい歯磨きの仕方とは?

加齢とともに、どうしても唾液の量が減少してしまいます。唾液の量が減ると、口臭につながったり歯石が溜まりやすくなるので注意が必要です。 毎日の

歯石ができる原因とは?歯石を落とすことの重要性について知ろう!

皆さんも「歯石」という言葉を聞いたことがあるかと思います。 歯石は、歯垢(プラーク)が石灰化したものです。これは、普段自分で行っている歯磨き

歯が汚れる原因とは?歯が汚れやすい食べ物を知ろう!

どんな人だって黄ばんだり汚れた歯より白くて美しい歯が良いですよね。 しかし、現実は加齢や日々のケア忘れ、毎日の食生活などが原因で歯が徐々に黄

歯の汚れを防ぐためのセルフケア方法とは?毎日のセルフケアで汚れをキレイにしよう

歯の汚れを防いで、美しく健康的な歯を保つためには、毎日のセルフケアがとても重要です。毎日の歯磨きは、歯の汚れを保つために大切な役割をはたして