BeautyBeauty

歯石はセルフケアで落とせないって本当?

はじめに

クリニックで歯石を取ってもらったことはあっても、その後定期的に通っている方はそう多くはないでしょう。
歯石が付いていても痛みはないですし、どうして歯石を取る必要があるのか分かりませんよね?
歯石とは歯の周囲に付いてしまった石のようなもので、これが長期間付いていると歯周病や虫歯、口臭の原因になります。
ただ、この歯石はご自分で取ることはできないと言われています。
ここでは歯石はセルフケアで落とせないのか、どうすれば落とせるのか・・などについてお教えします。

歯石とは

そもそも歯石とは歯の周囲に付着する石のようなもので、プラークと唾液中のリンやカルシウムなどと結合したものを言います。
この歯石をどうして取らなければならないのでしょうか?
歯石自体は石ですので悪いものではないですが、軽石のように小さな穴がたくさんあり、そこに細菌が繁殖してしまうと毒素を排出します。
それによって歯茎が腫れたり、歯の周囲の骨を溶かしてしまう歯周病という病気になることがあります。
ですが、歯石の中にある細菌はブラッシングでは取りきれないので、歯石を取るしかありません。
歯周病になると、心臓病や糖尿病、肺炎、骨粗しょう症、脳卒中、早産・・などの全身疾患につながることがあります。
つまり、歯周病を予防することは全身の健康を守ることにつながるのです。
歯は食事のたびに表面にあるリンやカルシウムが溶け脱灰を行いますが、唾液の中のミネラル分によって再石灰化が行われます。
唾液の中には虫歯を防ぐための大量のミネラル分が含まれているため、プラークが残ったままだと48時経つと歯石になってしまいます。では歯石とプラークとの違いはどういったものなのでしょう。
歯を爪で引っかいてみると白く粘着性のあるものが付くはずです。
これをプラークと呼んでおり、プラークの中には食べもののかすつまり細菌の塊があります。
1ミリグラムのプラークの中には数百種類、10億個もの細菌がいるというから驚きですよね?

唾液の成分によって通常歯には薄い膜が張られていますが、これは食事によって酸性に傾くのを守る役割があるそうです。
ここにさまざまな細菌が付き、糖分をえさにしてプラークになります。
プラーク内の細菌は食べものの糖分をえさにしてさらに増え続けていきます。
さらに、粘着性の物質を作り出して歯の表面にべったりと付きます。
このプラークの段階ではブラッシングで取り除くことが可能ですが、次第に歯石にまでなってしまうとブラッシングだけでは取り除けなくなります。
そうなると、歯周病になってしまうためプラークが付くのを防ぐには糖分を摂った後、お口のケアを行うことが大切です。

歯石はセルフケアでは落とせない

歯石は歯の周囲に付いた石のようなもので、これを除去するには専用の器具が必要になります。
ドラッグストアや通販サイトなどでクリニックで使われているような器具に似たものを見かけることがありますが、あまり効果はないと思っておきましょう。

クリニックで歯石を取り除く方法

では、クリニックで歯石を取り除く場合、どういった方法が行われるのでしょうか?
まず、ハンドスケーラーと言われる器具を使いプラークや歯石をかき出していきます。
さらに、超音波の振動でプラークや歯石を砕きながら取り除きます。
こういった施術をスケーリングと呼び、保険が使えるので3割負担の方だと1,000円程度で施術が受けられます。
ただ、初診料やレントゲン撮影代などがかかることがあるので、3,000~4,000円程度はみておきましょう。
このスケーリングは負担のかかる治療ではないので痛みが起きることはありませんが、歯石が大きかったり、歯ぐきの状態によってはスケーリングを行っている際にチクッとすることがあります。
中には痛みを感じる方もいらっしゃるようですね。
施術の際に痛みを感じないように定期的にクリニックへ行ってお口の中を診てもらい、早期発見早期治療に努めましょう。

歯石の付着を防止するには

  • 正しいブラッシング

    歯石が付きにくい習慣作りには日ごろのセルフケアが重要です。
    さまざまなケアグッズを揃えることは悪いことではないですが、正しく使わないと意味がありませんよね?
    ですので、いくつもケアグッズを買うより、ご自分がすでに持っている歯ブラシを正しく使うことが重要です。
    では正しいブラッシング法とはどういったものなのでしょうか?
    まず、ほとんどの方ができていないことは1本ずつ歯を磨く・・ということを意識していないことです。
    1本ずつ磨くなんてできるの?と思うかもしれませんが、コツは歯ブラシを小刻みに動かすことです。
    歯ブラシの毛先部分を歯の表面に当てますが、毛先がしなってしまうほど強く当てると逆効果です。
    軽い力で歯ブラシを動かす幅は5ミリ程度がベストだと言われています。
    これを1本ずる20回程度行い、上下の歯、裏表・・と磨いていきます。
    どんなにていねいにブラッシングしたとしても、実際に歯のすき間まで完全にきれいに磨くことは難しいでしょう。
    想像以上に歯と歯の間には汚れが溜まっているものです。
    この部分から歯周病菌や虫歯菌が繁殖することになるので、毎食後歯磨きするのが難しいのなら、夜寝る前だけでもていねいにブラッシングを行うようにしましょう。

  • 補助アイテムを使う

    さらに、歯間ブラシやデンタルフロスなどを補助的に使うと効果もアップします。
    慣れないうちはご自分が使いやすいと思うものを使っていただき、慣れてくればお口の中の状態に合わせたものを選ぶようにしましょう。
    このように、毎日お口の中をしっかりと行うことで歯石が付きづらくなるはずです。始めは面倒かもしれませんが、習慣づけていってみませんか?

まとめ

歯石が付いてしまっても痛みはないので、知らない間にどんどん溜まってしまうこともあるでしょう。
日ごろからご自分のお口の中をチェックすることによって、歯石がたまってきたかな?と気づくことができます。
面倒かもしれませんが、そういったことがお口の健康につながります。
歯石はご自分では取ることができないので、歯石がたまってきたな・・と思ったらクリニックで取ってもらい、一生ご自分の歯で過ごせるように努めましょう!

関連記事

忘れがちな歯間ケア方法とは?

歯間(歯と歯の間)は歯ブラシが届きにくく、完全に汚れを取り除くことが難しいのでプラーク(歯垢)が残りやすいと言われています。 プラークが口内

自己流の歯磨きに注意!歯石を溜め込まない正しい歯磨きの仕方とは?

加齢とともに、どうしても唾液の量が減少してしまいます。唾液の量が減ると、口臭につながったり歯石が溜まりやすくなるので注意が必要です。 毎日の

歯石ができる原因とは?歯石を落とすことの重要性について知ろう!

皆さんも「歯石」という言葉を聞いたことがあるかと思います。 歯石は、歯垢(プラーク)が石灰化したものです。これは、普段自分で行っている歯磨き

歯が汚れる原因とは?歯が汚れやすい食べ物を知ろう!

どんな人だって黄ばんだり汚れた歯より白くて美しい歯が良いですよね。 しかし、現実は加齢や日々のケア忘れ、毎日の食生活などが原因で歯が徐々に黄

歯の汚れを防ぐためのセルフケア方法とは?毎日のセルフケアで汚れをキレイにしよう

歯の汚れを防いで、美しく健康的な歯を保つためには、毎日のセルフケアがとても重要です。毎日の歯磨きは、歯の汚れを保つために大切な役割をはたして