BeautyBeauty

定期検診で歯の汚れをスッキリ落とすことの重要性について

歯を健康で美しく保ちたい方は、どのくらいの頻度で歯のクリーニングに通えばよいのか気になると思います。

適切な頻度はその人の歯の状態や歯茎によって異なります。毎月歯科医院でクリーニングをしたほうが良い方から、半年に一度でも大丈夫な方まで様々なのです。

ここでは、定期検診で歯のクリーニングを行うことの重要性についてご紹介します。歯の汚れをしっかり取り除いて、健康的な歯を維持したい方はぜひ参考にしてくださいね。

歯科医院でのクリーニングが必要な理由

毎日歯磨きしているのに、歯科医院でクリーニングをする必要はあるのかと考える方も少なくないでしょう。実は、歯科医院でクリーニングしたほうが良い理由がちゃんとあるのです。

歯科医院でクリーニングをしたほうが良い一番の理由は、自分では落としきれない歯石や歯垢を落すためなのです。歯石や歯垢をそのまま放っておくと、虫歯や歯周病の原因となってしまいます。

口の中の細菌は時間とともに繁殖し、集まって歯垢になります。また、唾液のカルシウムやリンが沈着したものが歯石なのです。歯石はまるで石のように固く、しっかりとくっついているので歯ブラシではなかなか取れません

歯科医院でのクリーニングでは、歯石もしっかりと除去してもらえます。しかし、歯石になってしまう前に取り除いてもらうことが大切なのです。だいたい3か月に1回のペースでクリーニングすると、ほとんどの人は口の中を無理なくキレイに保てるでしょう。

歯科医院でのクリーニングの頻度

歯科医院でのクリーニングの頻度は人によって異なります。ここからは、クリーニングの頻度について見ていきましょう。

3ヶ月に1回のクリーニングで大丈夫な人

3ヶ月に1回のクリーニングで大丈夫な人は次の通りです。

  • 普段から正しい歯磨きが出来ている人
  • 歯周ポケットが3㎜以下の人

普段から歯ブラシやフロスでのセルフケアが上手にできている人は、3ヶ月に1回のクリーニングでも大丈夫でしょう。

また、歯周ポケットの深さが3㎜以下の人は、セルフケアがしやすいので歯垢が落としやすいです。しかし、歯周ポケットが4㎜以上の人はその部分に歯垢が溜まりやすいので注意が必要です。

3ヶ月に1回のクリーニングを受けていると、自分では落としきれない歯垢も取り除くことができ、虫歯や歯周病を防ぐことができます。万が一歯石ができてしまっていても、3ヶ月に1回なら軽い段階で除去できます。

1~2ヶ月に1回のクリーニングが必要な人

セルフケアが上手くできていない人や、歯周病がすでに進んでしまっている人はプロによるケアが必要です。このような人は、1~2ヶ月に1回の頻度で歯科医院でクリーニングしてもらいましょう。

次のような人は、1~2ヶ月に1回のクリーニングがおすすめです。

【歯磨きが苦手な人】

正しい歯磨きができていないと、たくさんの歯垢が口の中に残ってしまい、歯石や虫歯、歯周病、口臭の原因となってしまいます。

【歯石ができやすい人・虫歯ができやすい人】

歯の性質や唾液によっては、虫歯になりやすかったり歯石が付きやすい人がいます。この場合は、正しい歯磨きをしていても、どうしても口内のトラブルが起きやすくなってしまうのです。そのため、歯科医院でプロによるクリーニングを受けることがおすすめです。

【歯並びが良くない人】

歯並びが良くない人は、歯と歯の隙間に歯ブラシが届きにくいので、歯垢が残りやすくなってしまいます。自分でうまく磨けない部分が多い人は、歯科医院でのクリーニングで歯を清潔に保ちましょう。

【煙草を吸う人】

煙草は歯周病を悪化させる原因につながります。

また、煙草のヤニで歯が変色しやすいので要注意です。歯周病の予防、審美性のどちらの面においても、高い頻度のクリーニングが必要です。

【歯周病が進行し、歯周ポケットが4㎜以上の人】

歯周病を防ぐには、プラークコントロールが大切です。しかし、歯周ポケットが4㎜以上の深さの人は、自分では取り切れない歯垢が増加し、歯石が歯茎の深い位置にこびりついてしまうのです。

歯垢は取り除いてもまたすぐに増えてしまうので、歯周病を悪化させないためにも、高い頻度でのクリーニングが必要です。

半年に1回のクリーニングで大丈夫な人

正しいセルフケアができていると、虫歯や歯周病の心配があまりないので、歯科医院でのクリーニングは半年に1回でも大丈夫でしょう。

以下の人は半年に1回のクリーニングでも大丈夫です。

  • 正しいセルフケアができている人
  • 虫歯がない人
  • 歯並びが良い人
  • 歯茎の状態が良い人

しかし、セルフケアが上手だからと言って定期検診やクリーニングがまったく必要ないわけではないのです。どんなに正しい歯磨きをしていても、自分で落としきれる歯垢は全体の約9割で、残りの1割は自分の力だけでは落としきれないと言われています。

半年に1回は定期検診などの際にクリーニングを受け、歯の汚れの付き方に問題がないかどうかを確認しましょう。

歯科医院でのクリーニングの種類

それでは、歯科医院でのクリーニングにはどんなものがあるのでしょうか。一緒に見ていきましょう。

  • 歯石取り:スケーラーと言う器具で歯についた歯石を取り除きます。
  • PMTC:衛生士が様々な専用器具を使って口の中の汚れをすみずみまで落としてくれます。
  • ディープスケーリング:歯茎の中の深い部分についてしまった歯石を落していきます。一度に処置できる歯は4~6本のため、何回か通院する必要があります。

まとめ

いかがでしたか?

歯科医院でクリーニングや定期検診を行うことの重要性についてしっかりと理解できましたか?

ここでは、クリーニングの頻度についてもご紹介しましたが、やりすぎはダメということはありません。気になったらその都度歯科医院で診てもらうことが大切なのです。

歯科医院でのクリーニングは、自分のケアだけでは落としきれない汚れをすっきり落とすだけではなく、セルフケアのスキルを高めるきっかけにもなるでしょう。歯科医院では自宅で出来るケア方法などについてもアドバイスしてくれますよ。

ぜひ、適切な頻度で歯科医院でのクリーニングを利用して、健康的で美しい歯を手に入れてくださいね。

関連記事

忘れがちな歯間ケア方法とは?

歯間(歯と歯の間)は歯ブラシが届きにくく、完全に汚れを取り除くことが難しいのでプラーク(歯垢)が残りやすいと言われています。 プラークが口内

自己流の歯磨きに注意!歯石を溜め込まない正しい歯磨きの仕方とは?

加齢とともに、どうしても唾液の量が減少してしまいます。唾液の量が減ると、口臭につながったり歯石が溜まりやすくなるので注意が必要です。 毎日の

歯石ができる原因とは?歯石を落とすことの重要性について知ろう!

皆さんも「歯石」という言葉を聞いたことがあるかと思います。 歯石は、歯垢(プラーク)が石灰化したものです。これは、普段自分で行っている歯磨き

歯が汚れる原因とは?歯が汚れやすい食べ物を知ろう!

どんな人だって黄ばんだり汚れた歯より白くて美しい歯が良いですよね。 しかし、現実は加齢や日々のケア忘れ、毎日の食生活などが原因で歯が徐々に黄

歯の汚れを防ぐためのセルフケア方法とは?毎日のセルフケアで汚れをキレイにしよう

歯の汚れを防いで、美しく健康的な歯を保つためには、毎日のセルフケアがとても重要です。毎日の歯磨きは、歯の汚れを保つために大切な役割をはたして