BeautyBeauty

歯が汚れる原因とは?歯が汚れやすい食べ物を知ろう!

どんな人だって黄ばんだり汚れた歯より白くて美しい歯が良いですよね。

しかし、現実は加齢や日々のケア忘れ、毎日の食生活などが原因で歯が徐々に黄ばんでしまいます。汚れた歯をキレイにするにはホワイトニングが効果的ですが、毎日の食生活に気を付けるだけでも歯の黄ばみや汚れを防ぐことができます。

ここでは、歯が汚れてしまう食べ物や飲み物をご紹介します。歯の汚れが気になる方はぜひ参考にしてくださいね。

歯が汚れやすい食べ物や飲み物とは?

それでは早速歯が汚れてしまう食べ物や飲み物をご紹介していきます。このような食べ物や飲み物を摂取したら、なるべく早く歯を磨くようにしましょう。

カレーライス

カレーライスはたくさんのスパイスが含まれているので、健康にも良い食べ物です。しかし、ターメリックなどの色のついたスパイスは、歯の着色汚れの原因になってしまうのです。

美味しいカレーライスですが、食べた後はしっかり歯を磨くようにしましょう。

チョコレート

チョコレートの原料であるカカオは豊富なポリフェノールが含まれているので、美容にも健康にも良い食べ物ですが、このポリフェノールが歯の着色汚れにつながってしまうのです。

ポリフェノールは歯の黄ばみにつながるので注意しましょう。また、糖分を多く含むチョコレートは虫歯の原因にもつながります。

赤ワイン

赤ワインは健康に良い飲み物として知られています。

しかし、歯には良くない飲み物なのです。赤ワインには着色汚れの原因であるタンニンがたくさん含まれています。また、ワインに含まれているアルコールが歯のエナメル質を溶かしてしまい、より歯に色をつきやすくしてしまいます。

コーヒー

コーヒーの穏やかな香りや苦みのもととなるのがクロロゲン酸という成分です。クロロゲン酸はポリフェノールのひとつで、糖尿病や動脈硬化の予防になると注目されています。

しかし、歯に着色しやすいというデメリットがあるのです。そのため、コーヒーを飲むことが習慣になっている方は着色汚れに注意しましょう。

緑茶・紅茶・ウーロン茶

緑茶や紅茶、ウーロン茶などのリーフティーは、カップやポットに茶渋がついてしまいますよね。このことで分かるように、お茶を飲みすぎると歯にも色がついて汚れてしまいます。

この現象は、お茶に含まれているタンニンという渋み成分が原因なのです。タンニンが歯の表面に一度沈着すると、歯磨きをしただけでは簡単に落ちないので注意が必要です。

まだまだある!歯を汚してしまう食べ物・飲み物

ご紹介した食べ物や飲み物以外にも、ステインの原因となる食べ物や飲み物があります。次のような食べ物や飲み物は、着色汚れにつながるポリフェノールやビタミンB2の含有量が高いので注意しましょう。

  1. 飲み物:ココア
  2. 豆類:黒豆や大豆、納豆
  3. 果物:プルーンやぶどう、ブルーベリー、オレンジ、レモン、グレープフルーツ
  4. 野菜:モロヘイヤ、パセリ、香草、玉ねぎ、ネギ、白菜、ツルムラサキ
  5. キノコ類:まいたけやマッシュルーム
  6. 肉類や魚類:レバー(牛・豚・鶏)、魚肉ソーセージ、塩サバ、ブリ、うなぎのかば焼き
  7. 穀類:玄米、全粒粉、発芽精米
  8. その他:キムチやトマトソースなど色の濃い食べ物
  9. タバコ

食後のメンテナンスで着色汚れを防ごう

ご紹介したような食べ物や飲み物は着色汚れの原因となりますが、すべてを一切摂らないのは難しいですよね。重要なのは、歯に色がつきやすい食べ物や飲み物を摂取したら、正しいケアで着色汚れを防ぐことです。

ここからは、歯に色が付きやすい食べ物や飲み物を摂取した後のメンテナンス方法をご紹介していきます。こちらのメンテナンス法で、ぜひ白くて美しい歯を手に入れてくださいね。

歯磨きする

着色汚れを防ぐのに最も大切なのは歯磨きです。着色汚れの原因となる食べ物や飲み物が口内に長時間残っていると、歯の着色が進行し、やがて歯磨きでは取り除くことができない頑固な汚れに変わってしまいます。

食べたり飲んだりした後は、なるべく早く歯磨きをして汚れをしっかり取り除きましょう。

水でうがいする

1日のうちにお茶やコーヒーをたくさん飲んでいる方は非常に多いと思います。そのため、お茶やコーヒーを飲むごとに歯磨きをするのは難しいですよね。また、外出先でなかなか歯磨きできないという場合もあるでしょう。

そういった場合は、水でうがいをすることがおすすめです。うがいをするだけでも歯の着色汚れを予防することができるのです。

歯の黄ばみを落とす方法

それでは、今ある歯の汚れや黄ばみを落すにはどうしたら良いのでしょうか。ここからは、自分で出来る汚れケアや歯科医院で出来るケア法をご紹介していきます。

ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使う

毎日のケアで歯の黄ばみを改善したい場合は、ホワイトニング効果のある歯磨き粉がおすすめです。ホワイトニング効果のある歯磨き粉は、歯の表面をなめらかにしながら着色汚れを付きにくくしてくれる効果が期待できます。

また、歯の表面のエナメル質を修復する歯磨き粉なら、歯の白さを徐々に取り戻してくれるでしょう。

歯科医院でホワイトニングする

確実に効果を得るには、歯科医院でホワイトニングしてもらいましょう。歯科医院のホワイトニングでは、歯の表面に高濃度の薬剤を塗って、その部分に特殊なレーザーをあて、歯を白くさせていきます。

自宅で行うホームホワイトニングや歯磨き粉より、即効性があり効果も高いのでおすすめです。

歯の汚れを防いで笑顔に自信を持とう!

いかがでしたか?

歯の着色汚れの原因となる食べ物や飲み物はしっかり理解できましたか?ご紹介したような食べ物や飲み物は、どれも毎日の食生活によくあるものばかりですよね。これらを全く摂取しないというのは難しいので、食後のメンテナンスに注意することが大切です!

また、今ある歯の汚れを改善したい場合は、ホームホワイトニングや歯科医院で出来るホワイトニングがおすすめです。

歯が白くキレイになると、前向きになれたり自分に自信が持てるようになりますよ!歯が白くなると、口を開けて笑うのにも抵抗がなくなるでしょう。ぜひ、毎日の習慣やケア、歯科医院でのメンテナンスで生き生きとした笑顔と自信を手に入れてくださいね。

関連記事

忘れがちな歯間ケア方法とは?

歯間(歯と歯の間)は歯ブラシが届きにくく、完全に汚れを取り除くことが難しいのでプラーク(歯垢)が残りやすいと言われています。 プラークが口内

自己流の歯磨きに注意!歯石を溜め込まない正しい歯磨きの仕方とは?

加齢とともに、どうしても唾液の量が減少してしまいます。唾液の量が減ると、口臭につながったり歯石が溜まりやすくなるので注意が必要です。 毎日の

歯石ができる原因とは?歯石を落とすことの重要性について知ろう!

皆さんも「歯石」という言葉を聞いたことがあるかと思います。 歯石は、歯垢(プラーク)が石灰化したものです。これは、普段自分で行っている歯磨き

歯の汚れを防ぐためのセルフケア方法とは?毎日のセルフケアで汚れをキレイにしよう

歯の汚れを防いで、美しく健康的な歯を保つためには、毎日のセルフケアがとても重要です。毎日の歯磨きは、歯の汚れを保つために大切な役割をはたして

定期検診で歯の汚れをスッキリ落とすことの重要性について

歯を健康で美しく保ちたい方は、どのくらいの頻度で歯のクリーニングに通えばよいのか気になると思います。 適切な頻度はその人の歯の状態や歯茎によ