BeautyBeauty

気になる着色汚れ!効果的に着色汚れを改善する方法

 

綺麗な口元とは?と聞かれた場合、ほとんどの人が「白く輝く歯」と答えるのではないでしょうか。

美しい口元を作り出すために「白い歯」は欠かせません。

しかし、鏡で自分の歯を見たとき、なんとなく黄ばんでいたり、くすんでいたりすると、笑顔に自信が持てなくなりますよね。

この汚れはほとんどが着色汚れによるものなのです。

この着色汚れを効果的に改善する方法とはどんな方法でしょうか。

 

着色の原因とは?

ステイン(着色)

歯の汚れの原因に多いものは、日常の飲食によるステイン(着色)です。

毎日きちんと歯みがきを行っても、色素が濃い飲み物を毎日好んで飲むことにより、歯に色素が沈着してしまいます。

ステインが付着しやすい飲み物としてコーヒー、紅茶、ウーロン茶、赤ワイン、ココアなどが挙げられます。

食べ物では、カレーやブルーベリー、チョコレートなどが、主なステインの原因となります。

その他の着色として、タバコのヤニがあります。

ヤニは歯にべっとりと付着するため、見た目がかなり茶色くなります。

またヤニは見た目の美しさを損なうだけでなく、タバコに含まれる有害物質がビタミンCを破壊するため、歯茎の黒ずみの原因になります。

また歯周病になる確率が非喫煙者と比べてかなり高くなるなど、着色だけでなく、口腔内や健康に様々な悪影響を与えます。

 

 

加齢

加齢のために歯が黄ばんでくることもあります。

これは新陳代謝が衰えることや、歯の表面を覆うエナメル質が少しずつ傷ついてしまうことで、ステインなど日常の汚れが沈着してしまうことで起こります。

歯が黄色いと、実際の年齢よりも老けて見られてしまいます。

 

プラスチックの被せ物の変色

保険を使った前歯の被せ物はプラスチック製です。

プラスチックの被せ物は傷がつきやすく、歯磨きなどによる小さな傷からだんだん色素沈着が進み、黄色く変色してきます。

このため、被せた当初は白く綺麗な見た目でも、年数が経つにつれ次第に変色が進み、周りの健康な歯と比べると、黄色さや汚れが目立ってしまいます。

 

 

改善法

家庭で出来る基本的な改善法としては、食後の歯磨きは勿論ですが、その前に水を飲むこと、または水で口をゆすぐことです。

特にコーヒーや紅茶などを飲んだあと、カレーなどを食べたあとは、水を飲み、最後に口にしたものをできるだけ洗い流すようにします。

歯磨きは、ゴシゴシと力強く磨かないようにして下さい。

歯の表面に細かな傷がつくことで、ステインが付きやすくなります。力を入れず、丁寧にブラッシングするようにして下さい。

その他歯磨きのあとにキシリトールガムを噛んで唾液分泌を促すことも効果的です。唾液が口の中を綺麗にしてくれます。

タバコを吸う人は、まずタバコを止めるようにして下さい。

 

定期的なクリーニング、PMTC

毎日の歯磨きだけでは、どうしてもステインを落としきれません。

ステイン除去効果やホワイトニング効果がある歯磨き粉を使うことも効果はありますが、やはり根本的に白くするためには、歯科医院での定期的なクリーニングを行うことがいちばん効果的です。

PMTCという、歯科衛生士が専用の薬剤や器具を使って行うクリーニングは、ステインやヤニを綺麗に除去し、清潔感のある歯に仕上げてくれます。

また定期的なクリーニングを受け、気になる着色を除去するとともに、虫歯や歯周病などの早期発見にも繋がります。

着色汚れを除去する他に、お口の中に異常はないかチェックしてもらうためにも、3~6ヶ月に一度の定期検診、クリーニングを受けるようにしましょう。

 

ホワイトニング

着色汚れはもちろん、より白い歯を求める場合は、ホワイトニングがお勧めです。

ホワイトニングには歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、自宅で行うホームホワイトニングがあります。

どちらも歯をより白く仕上げてくれます。

PMTCよりも白さを実感しやすいため、着色汚れだけを取ることに満足できない方などは、ホワイトニングが効果的です。

加齢による歯の黄ばみやくすみにも、ホワイトニングがお勧めです。

細かな汚れだけでなく、白さを取り戻すことで若々しい口元を作り出すことができます。

 

セラミック治療

PMTCやホワイトニングでは汚れを取ること、白くすることが難しい場合があります。

テトラサイクリン系の抗生物質による歯の変色や、神経を抜いた歯の変色などは、ホワイトニングではあまり効果が見られません。

神経を抜いた歯は、歯の変色の程度にもよりますが、白く戻すことはなかなか難しく、金属土台の影響もあり、歯ぐきが黒ずんでくることもあります。

このようなケースには、セラミック治療が適しています。

虫歯治療でプラスチックを使った部分の着色汚れは、PMTCである程度取り除くことができます。

しかしプラスチックの場合、素材的にどうしても周りの天然の歯と同じように汚れが付いてきます。

また治療済みの歯が再び虫歯になる二次カリエスになる可能性が高いため、予防も兼ねてセラミックに変えることもひとつの改善法です。

セラミックは汚れが付きにくい素材のため、ステインなどの影響をほとんど受けません。

土台も金属を使わないため、歯ぐきの黒ずみの心配もありません。

治療済みの前歯をラミネートベニアという薄いセラミックを貼り付ける方法も、審美的に美しいことと着色汚れを防ぐことから、効果的な改善法のひとつです。

治療済みの前歯でくすみや変色に悩む方は、セラミック治療を視野に入れることで、選択肢の幅が広がります。

 

まとめ

着色汚れは、日常の飲食が根本的な原因のため、ステインが付きやすい飲み物を飲まず、水だけを飲んでいれば汚れは付かないでしょう。

とは言っても、好きな飲み物や食べ物を制限することは楽しみもなく、ストレスも溜まってしまいますよね。

家庭でのちょっとした改善法と、歯科医院で定期的にクリーニングを受けることで汚れのない、白くて美しい歯で毎日を笑顔で過ごしましょう。

関連記事

忘れがちな歯間ケア方法とは?

歯間(歯と歯の間)は歯ブラシが届きにくく、完全に汚れを取り除くことが難しいのでプラーク(歯垢)が残りやすいと言われています。 プラークが口内

自己流の歯磨きに注意!歯石を溜め込まない正しい歯磨きの仕方とは?

加齢とともに、どうしても唾液の量が減少してしまいます。唾液の量が減ると、口臭につながったり歯石が溜まりやすくなるので注意が必要です。 毎日の

歯石ができる原因とは?歯石を落とすことの重要性について知ろう!

皆さんも「歯石」という言葉を聞いたことがあるかと思います。 歯石は、歯垢(プラーク)が石灰化したものです。これは、普段自分で行っている歯磨き

歯が汚れる原因とは?歯が汚れやすい食べ物を知ろう!

どんな人だって黄ばんだり汚れた歯より白くて美しい歯が良いですよね。 しかし、現実は加齢や日々のケア忘れ、毎日の食生活などが原因で歯が徐々に黄

歯の汚れを防ぐためのセルフケア方法とは?毎日のセルフケアで汚れをキレイにしよう

歯の汚れを防いで、美しく健康的な歯を保つためには、毎日のセルフケアがとても重要です。毎日の歯磨きは、歯の汚れを保つために大切な役割をはたして