BeautyBeauty

やってはいけない!?歯の汚れを落とすのにNGな方法とは

毎日、しっかり歯磨きをしているのに、虫歯になってしまったり、歯が黄ばんできたり…。

虫歯を予防するためには、毎日の歯磨きでしっかりと、虫歯の原因になる歯垢を取り除くことが大切です。

もしかしたら、歯磨きの方法が間違っているのかもしれません。

正しい歯磨きの方法は誰にも教わらないまま、自己流の歯磨き方法が身についてしまっていたら、これから紹介する方法に直して、正しい歯磨きを身につけましょう!

正しい歯磨きの方法

持ち方

ペンを持つように軽く持ちます。

軽く、がポイントです。

力を入れて磨くと泡がたくさんたって、スッキリとした気分になり磨いたような気持ちになりますが、歯ブラシの毛先がつぶれてしまって、ちゃんと磨く事ができません。

汚れが溜まりやすい場所を重点的に

磨き残しがでやすい箇所=虫歯になりやすい箇所、です。

汚れが溜まりやすい箇所は、

「歯と歯の間」

「奥歯の溝のくぼみ」

「歯と歯茎の境」

です。

歯と歯の間はデンタルフロスなどを使用して、しっかり磨きましょう。

歯ブラシの角度

歯ブラシの角度は歯や歯茎に対して45度が、ちょうど歯の隙間に入り、食べかすなどが落ちやすくなります。

前歯に関しては歯ブラシを縦にして磨きましょう。

横のままだと、動きが大きくなってしまって、ちゃんと前歯を磨くことができないこともあります。縦方向に動かす方が歯と歯の間も磨きやすいです。

間違った歯磨きの方法

歯磨き粉をたくさんつけて磨く

歯磨き粉の成分の中には、清涼感を増すような効果があるものが配合されており、磨けてなくてもスッキリと磨けたような感じになってしまいます。

研磨剤入り歯磨き粉は力強く磨かない

歯磨き粉の中には、歯を白くするために研磨剤が多く配合されたものがあります。

研磨剤が入っているものは、着色がとれて歯がきれいになった気がしますが、歯の表面も削れてしまっている可能性があります。

軽く磨くというポイントを忘れないようにしましょう。

硬い歯ブラシを使う

毛先が硬い歯ブラシを使うと、歯の表面のエナメル質や歯茎を傷つけてしまう可能性があります。

硬い歯ブラシで傷がついて表面がザラザラになると、着色などの汚れや歯垢がつきやすい状態になってしまうので、要注意です。

磨く順番がいつも同じ

歯磨きは毎日の習慣なので、癖がついてしまうと磨き残しも同じ箇所になってしまいます。

それを防ぐために歯磨きの順番を変えてみましょう。

定期検診で頬側に磨き残しが多かったら頬側から磨く…など、磨き残ししやすい箇所から磨いたり、左右の順番を逆にするのも効果的です。

食後にすぐ磨く

食後は口の中が酸性に傾き、歯が少し溶けた状態になっています。

この状態で、食後すぐに歯磨きをするとエナメル質を傷つけてしまうこともあります。

歯を磨くのは、唾液で口の中が中和された、食後30分を目安にするとよいでしょう。

ウワサで広まるNGな歯磨き方法

インターネットでみかけたり、口コミなどで、汚れをとって歯を白くする方法をみることがあります。しかし、その中には歯をダメにしてしまうような方法もあります。

重曹で歯磨き

重曹はスーパーなどで簡単に安く手に入れることができます。

この重曹を歯磨き粉に混ぜたり、振りかけたりして使用すると、歯がよく磨ける、という方法を聞いたことがありませんか。

これはNGです。

重曹には掃除に使われていることでも分かるように、強い研磨作用があります。

しかし、歯に直接使うには研磨作用が強すぎて、歯が削れてしまいかねません。

表面のエナメル質を傷つけて、歯が薄くなったり、知覚過敏の原因になってしまいます。

重曹は虫歯や口臭予防に効果があるとされていますが、歯に直接つけて使用することはやめましょう。

塩とレモンで歯磨き

塩で歯磨きすると歯茎が引き締まったような気がしますね。

これにレモンを混ぜて、歯磨き粉のようにして使用する、という方法がありますが、これもNGです。

レモンは酸っぱさからも分かるように酸性の食物で、口を酸性にします。

強い酸性によって、歯の表面のエナメル質が柔らかくなっている状態に、粒子の粗い塩で歯を磨くと、表面はザラザラに傷ついてしまいます。

メラミンスポンジで歯磨き

これも掃除で使われているもので、強い研磨作用があります。

表面は白くなって汚れが落ちたように見えますが、汚れや着色と同時に健康な歯も削っています。

歯が薄くなってしまい、虫歯になりやすい状態になっているのです。

歯磨き、という点では、汚れが溜まりやすい歯と歯の間や、歯茎の中は磨くことができないですし、歯にはいいことはないので、やめましょう。

まとめ

虫歯や歯周病の原因となる歯石や、歯が黄ばんでみえてしまう着色汚れなどは、力いっぱい磨いても逆効果なことも。

1日3回、食後に、と言われている歯磨きですが、1回でも時間をかけて丁寧に磨いて、しっかり汚れを除去することが大切です。

歯は生涯使い続けたい、大切なものです。

手入れも含めて、歯医者さんにしっかりと定期検診に通うようにしましょう。

関連記事

忘れがちな歯間ケア方法とは?

歯間(歯と歯の間)は歯ブラシが届きにくく、完全に汚れを取り除くことが難しいのでプラーク(歯垢)が残りやすいと言われています。 プラークが口内

自己流の歯磨きに注意!歯石を溜め込まない正しい歯磨きの仕方とは?

加齢とともに、どうしても唾液の量が減少してしまいます。唾液の量が減ると、口臭につながったり歯石が溜まりやすくなるので注意が必要です。 毎日の

歯石ができる原因とは?歯石を落とすことの重要性について知ろう!

皆さんも「歯石」という言葉を聞いたことがあるかと思います。 歯石は、歯垢(プラーク)が石灰化したものです。これは、普段自分で行っている歯磨き

歯が汚れる原因とは?歯が汚れやすい食べ物を知ろう!

どんな人だって黄ばんだり汚れた歯より白くて美しい歯が良いですよね。 しかし、現実は加齢や日々のケア忘れ、毎日の食生活などが原因で歯が徐々に黄

歯の汚れを防ぐためのセルフケア方法とは?毎日のセルフケアで汚れをキレイにしよう

歯の汚れを防いで、美しく健康的な歯を保つためには、毎日のセルフケアがとても重要です。毎日の歯磨きは、歯の汚れを保つために大切な役割をはたして